キッチュのバーチャル・プレイ・ゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
キッチュのバーチャル・プレイ・ゾーン
ジャンル バラエティ番組ラジオドラマSFファンタジー
放送方式 録音
放送期間 1992年10月4日 - 1994年3月27日
放送時間 55分
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 松尾貴史
テンプレートを表示

キッチュのバーチャル・プレイ・ゾーンは、TOKYO FM制作で、JFN各局で放送されていたラジオ番組SF調のラジオドラマを中心に制作されていた。

概要[編集]

放送時間は毎週土曜日深夜(日曜日未明)0:00 - 0:55。「26世紀のFM番組を想定した未来疑似体験型プログラム」、「夢あふれるファンタジーワールド」、「FM版バーチャル・ゲーム」というコンセプトのもとで制作された。

タイムマシンに乗って26世紀から20世紀タイムスリップして来た、松尾演じる科学者のDr.キッチュが、その20世紀で出会った少年と二人で26世紀の番組『KACO(カコ)』を聴いてトークをし、またキッチュが20世紀の世界でラジオDJを務めるという設定でスタートしたのがこの番組である。

26世紀のFM番組『KACO』では、1950年代から、本番組が放送されていた当時の1990年代までのポップス洋楽などの音楽を26世紀という観点からクラシック音楽として紹介、「26世紀のニュース」では、毎月一つのテーマに沿い、26世紀の社会、流行、風俗、人々の生活が紹介され、「20世紀の遺品が発見された」などといった26世紀のニュースの時は、26世紀の人の観点からの見解によるコメントなども紹介された。番組中に流れる効果音は未来感覚を表現するため、コンピューターによって製作されたものが使われた。

松下電器産業(現:パナソニック)の一社提供で、TOKYO FMのタイムテーブルには『キッチュのPanasonicバーチャル・プレイ・ゾーン』と表記されたこともあった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

スタッフ陣は「フューチャー・プロジェクト」という名前のグループを組み[1]、番組制作に当たっていた。

  • 未来考証:豊田有恒(SF作家)
  • 構成:黒瀬守泰
  • 星敬(SF研究家)、金子隆一(サイエンスライター)

ネット局[編集]

放送時間は各局とも全て、毎週土曜日深夜(日曜日未明)0:00 - 0:55。

脚注[編集]

  1. ^ ラジオ新番組速報版」(三才ブックス)1992年秋号 208ページ より
TOKYO FMJFN 土曜日24:00 - 24:55(日曜日0:00 - 0:55、パナソニック枠)(1992年10月 - 1994年3月)
前番組 番組名 次番組
えのきどいちろうの深夜放送主義
キッチュのバーチャル・プレイ・ゾーン
局によって異なる
局名 後番組
TOKYO FM 98マルチメディア・ステーション 〜双方向ネットワーク〜
(これよりNEC枠)
AIR-G Pati Pati Radio 綿内克幸のクロックワーク・ラヴァーズ(0:00 - 0:30)
佐伯進 おきて破りの××宣言(0:30 - 1:00)
FM山形 真梨邑ケイ I LOVE NY
FM仙台 Sweet Love Radio
FM静岡 別冊 ZOO FACTORY(0:00 - 2:00)
FM愛知 サタデースペシャル
FM大阪 サンプラザ中野のパッパラーナイト
広島FM KAMONSAIKO爆裂スーパーファンタジー
FM愛媛 ELLIS LOVE COLLECTION ルビーな毎日
FM福岡 生熊朗(E-ZEE BAND) More Music
FM長崎 FM COLLEGE CHART STATION WHOOPS!
FM沖縄 坂本洋 J.P.Index