キテレツ大百科の発明道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キテレツ大百科の発明道具(キテレツだいひゃっかのはつめいどうぐ)では、藤子不二雄藤子・F・不二雄[注 1]による日本漫画作品『キテレツ大百科』と、その派生作品で同作の主人公キテレツが作成した発明道具を扱う。

『キテレツ大百科』は主人公のキテレツが、先祖の残した『奇天烈大百科』(きてれつだいひゃっか)を参考として発明道具を作り、その発明道具によって騒動が起きるというのが基本プロットとなっている。『奇天烈大百科』は目には見えない光を出すインクで書かれており、この光を感知できる眼鏡・神通鏡(じんつうきょう)を通さなければ読むことができない。また、アニメでは神通鏡は通常よりも丈夫なガラスで作られていると語られている(アニメ第171回「キリンにメガネ!? ハシゴローものがたり」)。

原作では毎話新しい発明道具が必ず登場し、一度出た道具の再登場はほとんどない。例外は第25話「物置でアフリカへ」に登場した熱気球が第38話「仙鏡水」にも再登場しているのみ。

アニメでは、何度も登場する道具がある。また「手作り」「江戸時代に設計」ゆえの不便さや壊れやすさが欠点としてしばしば描かれ、乗り物の発明道具はキテレツの他にもみよ子(潜地球)やブタゴリラ(超鈍速ジェット機、航時機、熱気球)が簡単に操縦できるほど、操縦しやすいことが多い。 基本は『奇天烈大百科』の設計図通りに制作するが、中にはキテレツが独自にデザインや効果をアレンジしたり、現代の部品で応用して制作する発明品もある。

凡例[編集]

  • 第一段落に登場話(回)を記載。話(回)数と副題を《第○話(回)「副題」》の形で記載する。
  • 原作登場分は網羅されているため、原作話数が記載されていない発明道具は原作未登場となる。原作登場分のみの一覧についてはキテレツ大百科#発明道具を参照。原作以外の作品登場分については網羅されていないため、記載されていないことが作品未登場を意味するとは限らない。

あ行[編集]

上がり目人形(あがりめにんぎょう)
アニメ第324回「人生一度の晴れ舞台? 熊田薫送辞を読む」
見つめた人物の反応が照れているか否かで、上がり症かどうかを判別できる人形。
あした草紙(あしたそうし)
アニメ第57回「大予言!コロ助のあした草子」
セットした日の翌日に起こる出来事を記述する。江戸時代の古い言葉が使われている他、誰の事を書くのかさえも分からない。
作中では、「みよ子が階段から落ちて足を怪我をする」と書かれていたが、怪我をしたのは野々花みよ子ではなく、みよ子の母の友人のみよ子であった。
『奇天烈大百科』での表記は「明日草紙」。
あっぱれ扇子(あっぱれせんす)
アニメ第90回「あっぱれ扇子で豆コロ旋風!」
怒っている人物に反応して自動で開く扇。開いた状態のこの扇から発生した風を浴びたものは気分が良くなり、投げやりな気分になる。
雨の呼び笛(あめのよびぶえ)
アニメ第19回Bパート「台風と夏まつり」
特殊なイオン波を雲に送り、水分を集めて雨雲を生み出す装置。キテレツはこれを作らず、参考にして「雨よけコントローラと発信器」を作った。
雨よけコントローラと発信器(あめよけコントローラとはっしんき)
アニメ第19回Bパート「台風と夏まつり」
『奇天烈大百科』が掲載している「雨の呼び笛」を参考にキテレツが創作したもの。イオン波の位相を逆転させることで雨を避けさせる効果を持つ。
あべこべ糖(あべこべとう)
アニメ第20回「コロ助!パワーアップ大作戦」
食べると見た物が実物と反対に見えるようになる。
甘辛琴(あまからごと)
アニメ第239回「怒り爆発! ブタゴリラ酸っぱい戦争」
手の平サイズの琴の形状をしており、ミカンの成分を刺激して甘くさせる波長を発する。
合わせ鏡(あわせかがみ)
アニメ第323回「トンガリ失踪! 恋に破れてサメのエサ?」
手鏡の道具で、探す対象の人物の持ち物を差し込むと鏡部分が光り、その人物の方向に光を放つ。
案内ちょうちん(あんないちょうちん)
新第4巻収録「案内ちょうちんで安心ナリ」
どのような道を行くか、どうした行動をすれば良いか迷った際に迷いごとを解決する道具。使用者が安全である方角へ向く。
安楽椅子(あんらくいす)
新第5巻収録「安楽いすで自由自在ナリ」
受信機を装着した対象を操ることができる大型の椅子。操っている対象の視界は付属の木製ゴーグルをつけて見ることができる。
家人小判(いえびとこばん)
アニメ第231回「SOS! 秋の大江戸セップクツアー!?」
小判の形状をしており、知らない人でもこの道具を見せると家族同様に扱ってくれる。
怒りつづら(いかりつづら)
新第4巻収録「仲が悪くって最高!!」
人の怒りを吸い取る箱。吸い取ったエネルギーは熱エネルギーとして利用できる。吸い取りすぎると爆発してしまう。
異次元刀
一夜漬け枕(いちやづけまくら)
アニメ第70回「テストもばっちり!!一夜漬けマクラ」
徹夜をする際に一瞬横になることによって頭をスッキリさせることができる。ただし一時的に眠気を忘れさせるだけなので、翌朝には眠気が襲ってくることになる。
韋駄天ワラジ(いだてんワラジ)
アニメ第52回「大人気!5年3組白鳥先生」他
足のつぼを刺激させて足を速くする。靴の上から履いても効果を発揮できる。
一寸法師(いっすんぼうし)
第12話・アニメ第15回Aパート「一寸ガードマン」
超小型のガードマンロボット。打ち出のマイクの命令に忠実に従う。ちょんまげは超音波を感知し敵の動きを察知するレーダーで、目は暗い場所でも見える赤外線になっており、持っている刀は弱い電気ショックで相手を倒すことができる。
アニメでの名称は助太刀人形。
一時足袋(いっときたび)
アニメ第188回「ナイターも真っ青! 一時だけの大人体験」他
靴下の形状をしており、履くと約2時間ほど身長が伸びる。
犬型神隠し発見器(いぬがたかみかくしはっけんき)
アニメ第94回「どすこい!犬型神隠し発見器で力士捜し」
装置に付いている犬型のパーツに探したい人物の臭いを嗅がせると、犬部分がその人物のいる方向を向く。
居留守貝(いるすかい)
アニメ第187回「語るも涙! ブタゴリラ一家の悲惨な休暇」
の形状をしており、建物の中にいる人の体温を感知する。
写し絵筆(うつしえふで)
アニメ第224回「夏休み先取り!! 家出トリオの城下町」
この筆で字の描かれた紙を撫でると前のページの筆跡が現れる。
うなされ枕(うなされまくら)
アニメ第297回「㊙ブタゴリラのアロエビックリ大作戦!」
枕と特殊な装置のセット。悪夢にうなされている人物がこの枕を装置に繋げて寝ると、装置から悪夢の内容を映した写真が出てくる。
裏表逆さ鏡(うらおもてさかさきょう)
アニメ第101回「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ!」
この道具から放たれる光を浴びた相手に指示をすると、それが思ったことと反対でも行動に移してしまう。
うらみ糖(うらみとう)
第18話・アニメ第4回Bパート「うらみキャンデー」
恨んでいる相手に仕返しをする道具。見た目は普通のアメだが、口に入れると、その人の恨みの感情が電気信号としてキャッチされ、雲状のオバケが出てくる。恨みの度合いによってオバケの大きさが異なり、子供を片手で持ち上げるほどの強さを持つ。オバケは合体して巨大化する特性を持ち、10分で消滅する。
打ち出のマイク(うちでのマイク)
雲散霧消液(うんさんむしょうえき)
アニメ第253回「女子プロ真っ青! 八百八のお手伝いさん」
散布された場所の空気や雰囲気を強力に再生する液体。
追い出しホウキ(おいだしホウキ)
アニメ第163回「一家ランラン!? ブタゴリラファミリー」
履くことによって各地の家にある臭いを掻き立てることができるで、他所から来た人物は脳神経を刺激されて居たたまれなくなる。
大江戸箱庭(おおえどはこにわ)
新第5巻収録「江戸にいってチャンバラナリ」
江戸時代の町を再現した箱庭ゲーム場。ミニチュアのからくり人形が住んでいる。縮小機を使って中に入ることができる。
おせっ貝(おせっかい)
新第4巻収録「おせっ貝で大さわぎナリ!!」
二枚貝の形をした道具。服に貼り付けると、貼り付けた相手を周囲の人間が一生懸命に世話を焼いてくれるようになる。調整次第で特定の人物のみ効果を無くせる。ただし、些細な出来事でも大袈裟に反応してしまう欠点がある。
思い出ハウス(おもいでハウス)
お尋ね紙風船(おたずねかみふうせん)
アニメ第279回「ゲージツ祭参加? 愛の星降るすずらん峠」
人情を断ち切りたい人に吸い寄せられる気体が入った紙風船。効果範囲は4km以内。
おちゃっぴい
アニメ第247回「コロ助の妹登場? 八百八のおちゃっぴい」他
お天気小僧(おてんきこぞう)
アニメ第285回「ご近所捜査網! 怪盗はトンガリのママ?」
天気を占う機能を持つ人形。後にキテレツによって、触れている物の真贋を判断できる嘘発見器の機能を持った「お天気小僧改(おてんきこぞうかい)」に改造された。
御目立札(おめだちふだ)
アニメ第257回「熊田グー!! 八百八一家の夢の別荘!?」
札と送信機が仕込まれたペンのセット。ペンから緊急信号を受け取った札が内蔵された花火を撒き散らしながら羽根を展開し、空高く飛んで爆発することで持ち主の居場所を把握できる。
お役者仮面(おやくしゃかめん)
アニメ第234回「オデンション? お役者仮面で大スター!」
能面の形状をしており、被ると顔の筋肉を刺激して顔の形を十分ほど変える。

か行[編集]

回古鏡(かいこきょう)
第33話「おもい出カメラ」・アニメ第9回Aパート「思い出カメラ」他
過去を写し出すカメラ
アニメでは『奇天烈大百科』に載っていたのは昔のカメラだったため、現代の市販フィルムを使えるようにキテレツがアレンジして製造。新回古鏡・回古鏡ビデオカメラ・回古鏡改というものも登場した。
回古鏡改(かいこきょうかい)
アニメ第331回「愛のフィナーレ! さよならコロ助大百科」
回古鏡をキテレツが改造したもの。映す過去の映像の時間を細かく調節したり、映っている物の動きを分析する機能を持つ。
回古鏡ビデオカメラ(かいこきょうビデオカメラ)
アニメ第69回「秋深しみんなそろって結婚式フルコース」
回古鏡をキテレツが改造したもの。過去の映像を映せる。
新回古鏡(しんかいこきょう)
アニメ第85回「コロ助の消えたバースデープレゼント」
使い捨てカメラをキテレツが改造したもの。人や物を写すと、その人や物の過去の出来事が写真となって出てくる。ビデオカメラ型も登場しており、コンピューターに接続することで撮影した過去を映像として再生できる。
未来鏡(みらいきょう)
アニメ第34回「みよちゃんの花ムコ占い・10年後は成人式」
キテレツが回古鏡を改造し、未来を写せるようにしようと作ったものだが、結果的に過去しか写すことができなかった。
かくれみの
アニメ第17回「哀しみのトンガリ かくれみので一人ぼっち」
着ると透明になれる蓑。着た状態では蓑自体も透明になるので、結び目が見えず脱ぎづらくなる。『奇天烈大百科』での表記は「隠れ蓑」。
影法師鏡(かげぼうしきょう)
アニメ第212回「八百八の名馬! クマハチダイオーナリ」
この道具で足跡を照らすとその足跡の主の背格好が分かる。
かげろう
新第5巻収録「かげろうで人助けナリ」
蝋燭の形をした道具で、絵や写真に塗ると写っているものが数時間だけ本物となって出てくる。人間などが出てきた場合、記憶は写真に写っている時のものが反映される。蝋で出来ているのでお湯などの熱で溶けてしまう。
過去透視鏡(かことうしきょう)
アニメ第92回「コロ助ピンチ! 武士はウソをつかぬナリ」他
トランクの形状をしており、中にはモニターやアンテナ、ダイヤルといった装置が備わっている。発信機を付けた対象となった人物の行動を過去二日間を遡って見ることができる。また、複数の道具を入れて持ち運ぶ際にも使用される。後に発信機無しで数百年単位の過去が見られるようになっている他、接続したヘッドセットに付属しているカメラやマイクから映像や音を拾うことができたりと改良されている。
過去板消し(かこばんけし)
アニメ第100回「過去板消しで判明!? 八百八は魚屋だった」
黒板消しの形状をしており、壁などに使うと以前に書かれた文字や落書きなどが浮かび上がる。
火事場風呂敷(かじばふろしき)
アニメ第193回「八百八の家宝! オンボロ自転車百年号」他
火事場の馬鹿力を応用した風呂敷で、包めばどんなに重い物でも簡単に運べる。『新キテレツ大百科』における大百科での表記は「軽ふろしき」(新第4巻収録「江戸時代の怪力男の正体は!?」)
風の便り(かぜのたより)
アニメ第265回「ブタゴリラ絶叫! 夏休み地獄の大脱走!」
法螺貝のような形状をしており、耳に当てるとその人物の親しい人の心の声が聞こえる。風が吹いている時でなければ効果は無い。
風邪見鳥(かぜみどり)
アニメ第63回「走れ!トンガリ号 夢の四駆グランプリ」
風見鶏の形状をしており、風邪をひいた人がこれに息を吹きかけると回転して反応する。息の臭いが強い場合、センサーが壊れてしまう。
花鳥風鈴(かちょうふうりん)
アニメ第198回「おーっと! コロ助がタマゴをうんだナリ」
風鈴の形状をしており、音色を聞いた人に花や動物を愛おしく感じさせる効果がある。ただし、効果が発揮されるのは風鈴の音色が聞こえる範囲(少なくとも半径数百mほど)までであり、範囲を超えると効果が切れる。
金縛丸(かなしばりだま)
アニメ第313回「ブタゴリラ病欠? 修学旅行のバスを追え」
地面に投げて使うと吸った相手の動きを止める煙幕を噴出する道具。
壁耳目(かべじもく)
アニメ第317回「謎のアルバイト! むさ苦しい人大歓迎?」
ブローチ式の小型カメラとモニターのセット。カメラに映した映像をモニターに映せる。
かべぬけ服(かべぬけふく)
第7話「モグラ・マンション」・アニメ第4回Aパート「くらやみでドキドキ」
原子と原子の結びつきを切り、あらゆるものを通り抜けられるようになる。同じ原理の乗り物に潜地球がある。
からくり署名人(からくりしょめいにん)
声 - 土門仁
アニメ第321回「春いちばん! 先生が飛ばされそうナリ」
墨の付いた筆を持ったからくり人形。この道具に声をかけられた人物は、自動的に出された用紙に署名する。同じ名前を2回書くと怒って攻撃してくる。
加楽利生物台(からくりせいぶつだい)
第15話「サイボーグキンちゃん」
生物をサイボーグ化する手術台。ボタンを押すだけで自動的に手術を行う。
からくり獏(からくりばく)
アニメ第261回「コロ助の逆襲! 八百八侍を成敗するナリ」
の形状をしている。寝ている人の夢を探知でき、夢変更鏡にその内容を映せる。
唐倶利武者(からくりむしゃ)
声 - 肝付兼太屋良有作(第322回のみ)
第39話「唐倶利武者」・アニメ第6回Aパート「帰ってきたからくり武者」他
鎧と兜をつけたコントローラーによって操作される人形ロボットで、足部の一輪車で動く。クイックアクション機能で相手が戦うほど自動で反撃を行うためケンカはとても強いが、相手が倒れるまで攻撃し続ける。コロ助らとは対照的に心を持たない。
アニメでは後にキテレツによって回古鏡ビデオカメラ(アニメ第96回「お金のなる本! キュリー夫人とにんじん」)やカメラ(アニメ第154回「ゲロゲロ! 小便小僧になったブタゴリラ」)、残像記録装置(アニメ第256回「コロ助降参!! オネショのつくり方!?」)がそれぞれ内蔵された。
アニメ第101回「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ!」では、「奇天烈大百科外伝」にも掲載されており、悪人達が巨大な唐倶利武者を作っていた。
からくり料理人(からくりりょうりにん)
新第4巻収録「グルメの道はきびしい!!」、アニメ第149回「ママはいらない!? からくり料理人ナリ」他
声 - キートン山田(第149回)→沼田祐介(第236回)
その名の通り、料理を作ることができるからくり人形。奇天烈斎がオランダ人向けに作ったため、命令はオランダ語でしなければならない。唐倶利武者を改造して作られており、その影響からか料理を残そうとしたり、自身またはその料理を侮辱したものに対しては激怒し、すりこぎ棒やお玉、包丁で攻撃を仕掛ける。後に登場した時は大学の学園祭で女子大生に囲まれて興奮し、壊れてしまう。コロ助同様にしゃべることができる。
嫌闘士(けんとうし)
アニメ第214回「ブタゴリラも真っ青! 五月は花の転校生」
対象の闘志を鈍らせる機能を持つ道具。からくり武者を改造して作られた。
瓦版小僧(かわらばんこぞう)
アニメ第9回「対決! コロ助対かわら版小僧」他
腹部にスクリーンを持ち、マイクや潜望鏡が内蔵されたロボット。チョンマゲがスイッチになっている。こっそりニュースを記憶してスクリーンに表示し、記事を制作する。作ったビラを自ら配る機能もある(第303回)。プライバシーの問題になる為、大百科には「取扱い注意」との特記がある。
厠漏水丸(かわやろうすいがん)
アニメ第1回「ワガハイはコロ助ナリ」
寝小便用の特効薬。
感激鐘(かんげきしょう)
アニメ第54回「感激鐘で武士の目にも涙ナリ」
この鐘を鳴らすと聴いた者の心に響き、感激させる効果を持つ音色を発する。壊れた状態で鳴らすと、聴いた者は不機嫌な気持ちになる。個人の音感によっては効果がない事もある(例として音楽家は不快な音を受け付けない等)。『ドラえもん』のジーンマイクに似た効果を持つ。
観覧板(かんらんばん)
アニメ第158回「珍発明!? だまってはさめば宿題スラスラ」
回覧板の形状をしており、紙止めを動かすと内蔵されたカメラのシャッターが下りる仕組みになっている。後にキテレツによって、回古鏡ビデオカメラに接続するとカメラに写した過去の映像を見られる「観覧板パート2(かんらんばんパートツー)」が作られた。
記憶消滅灯(きおくしょうきょとう)
アニメ第97回「21世紀からブタゴリラ親子がやって来た」
使うと対象者の記憶を一時間分消せる行灯型の道具。
記憶目覚まし(きおくめざまし)
アニメ第228回「夏のスクープ! 勉三さんに赤ちゃんが?」
砂時計の形状をしており、脳のα波を刺激して記憶を呼び戻す特殊な音を発する。
聞き耳ずきん(ききみみずきん)
第5話「聞き耳ずきん」・第23回Bパート「聞き耳ずきん」
動物と会話できる道具。
アニメでは同じ効果の道具として犬話機が何度か登場する。
帰巣線香(きそうせんこう)
アニメ第330回「男のメロン? 父ちゃん一番乗り病!」
蚊取り線香の形状をしており、鳥のエキスを染み込ませて製造する道具。この道具に点火することで放出される煙を吸った人物は自宅や家族のことで頭がいっぱいになり、帰宅してしまう。
亀甲船(きっこうせん)
第4話「キッコー船の冒険」・アニメ第10回「コロ助と赤ちゃん恐竜! 南の海の大冒険!!」他
木製の潜水艦酸素製造薬を動力として、「時速330ノット(約611キロメートル)」で航行可能。
アニメでは、時速180ノット(約333キロメートル)」と説明され(90分スペシャル番組)、また東京-百丈島間を1時間で移動する(第42回)など、原子力潜水艦どころかホバークラフト水中翼船パワーボートといった既存の高速船をはるかに越える快速である。
長さ約7メートル、重量220キログラム。船内は広く、居住性が高い。船底の4角形のパネルは、物体をすり抜けることが可能で釣りもできる。普段は近所の川に沈められている。遠くは北海道まで行ったこともある。
材料費や開発の時間がかかる発明品であり、最低一ヶ月はかかる。
奇天烈スキー(キテレツスキー)[注 2]
第34話「空き地の銀世界」
履くと周りを広く感じ、短い坂でも長く滑降できるようになるスキー。体感距離を調節可能。
鬼面丸(きめんがん)
アニメ第246回「節分グッズ! だまって飲めば鬼になる!」
危険な女性の一人旅をサポートする目的で奇天烈斎が作った。風船ガムのように噛んで膨らませると顔が恐ろしいのように変化する薬。飲み込むと副作用で頭に角と紫の毛が生え、目の下にクマのような模様が浮き出て口に牙が生えた姿となり、時間経過で顔が紫色に変色して凶暴化するが、全身が水に浸かれば成分が水に溶けて元に戻る。
起毛玉(きもうたま)
アニメ第204回「モデルはどっち!? コロ助対ブタゴリラ」
猫の顔をした玉。心臓の辺りにこの道具を押しつけると特殊なエネルギーが流れ込み、たちどころに勇気が湧く。
気休め忘れん帽(きやすめわすれんぼう)
逆境松明(ぎゃっきょうたいまつ)
アニメ第238回「忘れ競走! ミョウガVS逆境タイマツ」他
落ち込んでいる人にこの松明の炎を見せると、元気を出させる効果がある。目盛りを最大にすると効果が上がるが、炎が大きくなる上、燃料が切れやすい。その後、目盛りを上げると炎の色が変わるように改造された。
逆境霧(ぎゃっきょうむ)
アニメ第169回「うそみたい! テレビにドアがついていた」
鏡やブラウン管などの光を反射するものに吹きかけると、一番長く映っていた人物を映し出す薬。
脚光灯(きゃっこうとう)
アニメ第49回「当選確実! クラス委員は脚光灯で」
この道具から発せられる光を浴び続けている間、その人物は周りからとても素敵な人物に見える。
吸音杯(きゅうおんはい)
アニメ第53回「恐怖の九官鳥・コロ助が危ない!」
対象物に使用すると、1メートル以上離れた状態ではその発した音が聞こえなくなる。
驚天地図(きょうてんちず)
新第4巻収録「みよちゃんがアメリカへ引っ越すナリ!?」
小さな箱庭形の地図。地図上に置いた建物の場所を動かすと、現実でも同様に建物が移動する。
霧吹き灯(きりふきとう)
アニメ第58回「ついに発明! 夏休みを3倍にする夢遊境」
霧に向けて照射すると、照射された部分の霧が晴れる光を発する。
金団雲(きんとんうん)
第58回「ついに発明! 夏休みを3倍にする夢遊境」他
仙鏡水昇月紗を組み合わせてキテレツが作ったもの。操縦レバーが取り付けられている昇月紗に仙鏡水の雲でカバーが施されており、空を飛び回れる。雲のカバーは新たに仙鏡水の雲を追加することで広げることができるが、水に長時間触れていると雲が溶けてしまう。アニメ第60回「真夏のある日 迷子クジラが空飛んだ」では、キテレツたちが海水浴に行った先で出会った打ち上げられたクジラを金団雲で沖に逃がしてあげた。その後も何度か登場している。アニメ第101回「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ!」では、改良の余地がある失敗作を掲載した「奇天烈大百科外伝」にも載っている。外伝の方は黒い雲であり、キテレツの金団雲よりも速いが、煙を出して飛んでおり、数十キロもの距離を飛んだだけで壊れてしまった。
近未来水晶玉(きんみらいすいしょうだま)
アニメ第115回「花の命は短いぞ! ブタゴリラ最後の日」
一週間ほど先の未来まで見ることができる水晶玉。
空中浮輪(くうちゅうふりん)
新第1巻収録「大空を散歩! 空中浮輪」、アニメ第225回「海水浴の㊙ポイント! 江戸時代の百丈島」他
小さな浮き輪のような形状をしている。物体の上に乗せるとその上で天使の輪のように浮かび上がり、対象を無重力に近い状態にする。
『新キテレツ大百科』においてはタケコプターのように反重力を発生させて空を飛ぶようになっており、完成時は筒状だが包丁で人数分に切ることで量産が可能となっている。
空中遊歩台(くうちゅうゆうほだい、超鈍速ジェット機)
第37話「超鈍速ジェット機」・アニメSP「空のご用はキテレツ航空」他
空を自在に飛びまわれるVTOLジェット機。特殊なガスを燃料にしている。スピードは人が歩く速さぐらいしか出ない。
アニメでは一度時速100キロ以上出るように改良したことがある(第83回)。航時機でその機能を補えるせいか、中盤以降出番はほとんど無い。高さ2メートル、幅2メートル、長さ2.5メートル。
口直舌(くちなおした)
アニメ第209回「デザートは胃薬? みよちゃんクッキング」
料理好きだが料理が下手な大名の家来の依頼で奇天烈斎が作った。舌の形状をしており、舌に乗せて食事を取ると食品の味を吸い取り、使用者に味を十分の一ほどしか感じさせない。
雲シャベル(くもシャベル)
蜘蛛手(くもて)
新第5巻収録「くもの糸はとっても役に立つナリ」
手袋の形をした道具。人差し指部分から特殊な糸を発射し、物を掴んだり蜘蛛の巣を張ることで自在に操れる。蜘蛛手を装着しないで糸に触れるとくっ付いてしまう。使いすぎた場合は糸がなくなり、発射できなくなる。
蜘蛛の巣ネット(くものすネット)
アニメ第284回「はやまるな! コロ助駆け落ち成人式!?」
家が火事になった時に二階から避難できるようにキテレツが作った。蜘蛛の巣状のネットを仕込んだ棒の形状で、ボタンを押すとネットが射出される。
蛍雪布(けいせっぷ)
アニメ第203回「雪のプレゼント! 透明人間でログハウス」
ホタルイカから抽出した特殊な発光体が塗られた布。一番明るい物に絞りが合うようになっている人間の目の錯覚を利用しており、真っ白な背景でそれより少し暗いこの布に包まれたものはあたかも透明になったように見える。ただし、洗濯すると塗料が落ちてしまう。
警報人形(けいほうにんぎょう)
アニメ第101回「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ!」
大百科には未掲載で、改良の余地がある失敗作を掲載した「奇天烈大百科外伝」にのみ掲載された道具。小さなからくり人形で、侵入者を発見すると持っている鐘を鳴らして知らせる。未完成品であるため、一度動いて機能するとすぐに壊れる。
決戦たいまつ(けっせんたいまつ)
新第5巻収録「決戦たいまつで万能スポーツ選手ナリ」
火を点けることで運動能力が上がる松明。近くに対戦相手や競争相手がいない場合は効果がない。
血統乾板(けっとうかんばん)
アニメ第221回「野菜か相撲か!? ブタゴリラの血統書」
モニターが付属したレントゲンカメラのような道具。上半身裸になった対象の人物を撮影すると、その人物が血統と才能を引き継いだ先祖がモニターに映る。その先祖は江戸時代は勿論、原始時代も含まれる。作中ではキテレツが奇天烈斎(発明の才能がある)、みよ子が良妻賢母風の女性(詳しい時代は不明)、ブタゴリラが江戸時代の女性(女相撲では強くなかった模様)、トンガリが原始時代の金持ち(石のお金を大量に持っている)と判明した。
仮病枕(けびょうまくら)
アニメ第133回「究極のずる休みグッズ! 仮病マクラ」
知人の女性の望まないお見合いを中止させるために奇天烈斎が作った。木製であり、枕に入れて使う。使用すると特殊な発熱伝導体により熱が出てしまう。
獣の涙(けもののなみだ)
新第5巻収録「動物の声を聞くナリ」
人間を動物に、動物を人間に変える液体。元に戻す液体をかけることで効果がなくなる。
嫌悪鏡(けんおきょう)
アニメ第250回「レンズ騒動! 秘密のコロッケは涙入り?」
この鏡を自分で持って覗いた人は自分の顔が嫌いになる。代わりに誰かに持って貰って覗くと反対に自分の顔が好きになる。自分の顔が嫌になるとこれを落とす人が多いということから鏡の後ろに小さな布団状のクッションが付いている。
幻覚筒(げんかくとう)
新第1巻収録「恐怖満点の幻覚筒」
普通の出来事を恐ろしく感じさせてしまう道具。神経細胞を刺激する幻覚弾を頭に取り付けることで使用する。幻覚弾は発射筒を使用して取り付ける。
瞼写絵(けんしゃえ)
アニメ第199回「ハワイが消えた! 犯人はブタゴリラ!?」
サングラスのような形状をしている。コンピューターに接続してかけた状態で頭に特定の人物の顔を思い浮かべると、コンピューターに情報が伝達されてその似顔絵が描かれる。
嫌信丸(けんしんがん)
アニメ第124回「嫌信丸でズバリ! いい人悪い人」
食べるとそれぞれ10分間、性格の良い人物は疑り深くなり、性格の悪い人物は性格が良くなる。薬は微量(手についてただけ)でも効果がある。『ドラえもん』のジキルハイドに似た効果を持つ。
元服真綿(げんぷくまわた)
アニメ第205回「ネコの集会! 夜中に消えたパパとママ」
着用した服の中に入れると膨らみ、大人の体形になる。
犬話機(けんわき)
アニメ第170回「世紀の名犬! のら犬ベンからの贈り物」他
ある犬好きの将軍のために奇天烈斎が作った。電話機の受話器部分のような形状をしており、小さい部分を口に当てて喋ると人間には雑音にしか聞こえないが犬には通じ、逆に大きい部分を耳に当てると犬の鳴き声が理解できる。二回目の登場からより感度の高い「新犬話機(しんけんわき)」に改良されている。
獣話機(じゅうわき)
アニメ第255回「みよちゃんのBF!? ライオンがノック」
犬話機をキテレツが改造したもの。動物全般と会話できる道具。
恋念写(こいねんしゃ)
アニメ第274回「とんだアップル? みよちゃんの初恋物語」
先端を額に当てた人物を目をつむった状態で撮影し、印画紙を現像液に付けるとその人物の大事な人や物が浮かび上がるカメラ。
航時機(こうじき)
第6話「片道タイムマシン」・アニメ第18回「エジソンに会っただれにも言えない夏休み」他
外装が木製のタイムマシン。原作では一度しか登場していない。
アニメでは普段、木手家の物置に格納されている。長さ2.2メートル、幅1メートル、重量180キログラム。昨日・一昨日など近い過去にいくのが得意ではなく、また時間の最小単位は1日より細かく設定できないため昼から夜へ移動することもある(第315回)。『ドラえもん』でいう航時法のような規制はないが、キテレツの信念として「私欲のために過去へ行かない」「過去を変えるような危険はしない」と決めている(第315回)。しかし、航時機で過去へ行って過去をいじっても現在を変えることはできないと判断した(第167回)。奇天烈斎の書には使用者の時代より未来へは行くことはできないとされるが、奇天烈斎自ら発明した航時機では現代へ来ている。一度だけ如意光の拡大光線(このときは赤光線)を併用し現代より25年後の未来世界へタイムスリップしたことがある。話によっては「○○年前のアメリカへ出発」と指定するなど、タイムスリップ後に出発地とは異なる目的地へ移動することも可能であり、空間的な瞬間移動機能も備えているようである。また使用するためには何らかのエネルギー源が必要とされる(アニメ第168回「ゾー!!江戸時代から来た大きな迷子」)。タイタニック号沈没時へ行った際には濃霧対策として大型ライトを装備した。後にキテレツによって、一定時間経過で航時機を時間移動先から元の時代に転送する自動帰還装置が搭載された(アニメ第293回「未来で目撃! コロ助お嫁さんとチュー?」)。
奇天烈斎も作っているが、使用した材料が古かった。奇天烈斎の作った航時機にはいつの時代からタイムスリップしてきたか記録されている箱物があり、キテレツはそれを解析するのに2・3日かかった。その開発史は「鶏が先か卵が先か」的なパラドックスが存在している。この発明道具の登場により、『ドラえもん』に似た時間旅行ドラマを描くことが可能となった。
航時機の定員は3席分が確保されているが後部に座ることで4人以上乗ることも可能で、キテレツ・コロ助・みよ子・ブタゴリラ・トンガリの5人で乗ることが多い。ただし、アニメ第179回「コロ助の時代!コロッケ5円でバス10円」において、キテレツは5人では定員オーバーと証言しており、走行時にバランスが崩れた一面もあった。
木製であるため壊れやすく、行った先の過去で壊れて帰れなくなりかける事態に幾度も陥った。また大事なときに限って「オーバーホール中」であることが多い。精密機器であるにも拘わらず、前部の配線はむき出しである。
材料費や開発の時間がかかる発明品であり、最低三ヶ月はかかる。
空中を飛び回るための道具としても使用したこともある。アニメ版最終回でも重要な発明道具として活躍。
洪水警棒(こうずいけいぼう)
アニメ第233回「ブタゴリラ探偵団! 餌はトラック一台分」
警棒の形状をしており、塩分のある水に反応する。
黄門印籠(こうもんいんろう)
アニメ第26回「ひかえい! 黄門サマは大悪人?」
水戸黄門に出てくるような印籠。この印籠を持って「この印籠が目に入らぬか!!」と言うとたとえどんな人でも「ははーっ」と頭が上がらなくなる。
御機嫌水(ごきげんすい)
アニメ第302回「夏休み目前! まだまにあう通信簿対策」
香水のように使ったり墨などに混ぜて字を書くことで、吸った者の心を安らかにする効果がある液体。
こころみの家(こころみのいえ)
第35話「ままごとハウス」・アニメ第7回Aパート「みよちゃんとままごとハウス」他
中に入ると、特殊な放射線の効果によって本当の夫婦のつもりになる。『ドラえもん』の即席スイートホームの効果を持つ。
アニメでは後にキテレツによって、中の様子を映し出すカメラが設置された(アニメ第139回「のぞかないで!! トンガリの夢の新婚生活」)。
思い出ハウス(おもいでハウス)
アニメ第48回「思い出ハウスで仲直り」
こころみの家をキテレツが改造したもの。夫婦が中に入ると昔の新婚時代を思い出す。
御赦免印籠(ごしゃめんいんろう)
アニメ第101回「真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ!」
大百科には未掲載で、改良の余地がある失敗作を掲載した「奇天烈大百科外伝」にのみ掲載された道具。相手に向けるとその動きを止め、何をしても許されるようになる。未完成であるため、使いすぎると壊れる。
こども町正門(こどもまちせいもん)[注 2]
第31話「ボール紙の町」・アニメ第8回Bパート「ミニタウンで遊ぼう」
通ると、体が小さくなる門。『ドラえもん』のガリバートンネルの効果を持つ[1]
アニメでの名称は「縮小門(しゅくしょうもん)」。
コタツムリ
アニメ第77回「ポッカポッカ! コタツムリで春がきた」
携帯用暖房機。スイッチを入れると、半径数メートル内が温かくなる。当初は制御装置をつけ忘れていた為、コタツムリに取り付けた自転車に積んであった野菜と果物が焼けたり、煮詰まった状態になった。
木霊カボチャ(こだまカボチャ)
アニメ第282回「謎の物体! ノックを返す八百八カボチャ」
百丈島のとある村でカボチャ泥棒に悩まされていた村人のために奇天烈斎が作った。一見普通のカボチャだが、中に長い空洞が二つあり、叩いたり近くで大声を出すと音が反響する。
古文書香(こもんじょこう)
アニメ第138回「子どもなら見たい!! パパとママの通信簿」
特殊な煙の素を中に入れ、ローラーで古い紙を中に通すことで特殊な煙を充填する装置。充填された煙は放出されると対象の紙と同じ紙やインクを嗅ぎ分け、その場所を指し示す。
コロ助(ころすけ)
第1話「ワガハイはコロ助ナリ」以降、全話
カラクリロボット。キテレツが『奇天烈大百科』の「からくり人間製法」を参考として、最初に作った発明道具。

さ行[編集]

逆あがりこぼし(さかあがりこぼし)
アニメ第27回「やればできる! 逆あがり必勝法」
体の重心を調節する道具。『奇天烈大百科』での表記は「逆上りこぼし」。
捜しっぽ(さがしっぽ)
新第4巻収録「なくしものをさがせ!!」、アニメ第161回「春の珍事! 時刻表を書いたブタゴリラ」他
動物の尻尾のような形状をしている。この道具で落とし物のあった所などを掃くと落とし物が記録され、尻に付けると落とし物を感知する。使用者が四つん這いになると感度が増すが、一度付けると捜す対象を見つけるまで取れない。
『新キテレツ大百科』における大百科での表記は「捜しっぽ」。
下がり目人形(さがりめにんぎょう)
アニメ第324回「人生一度の晴れ舞台? 熊田薫送辞を読む」
上がり症の人を見ることで、気持ちを落ち着かせる効果を持つ人形。
錯覚糖(さっかくとう)
アニメ第178回「トンガリドッキリ! ブランデーと錯覚糖」
粉末状の薬。容器に入った少量の液体に入れたり、食べ物の残り滓にふりかけると錯覚で量が多く見えたり、食べる前の状態であるように見える。低温状態で早く効果が現れる。錯覚なので食べようとしたりすると消えてしまう。
錯覚水(さっかくすい)
アニメ第178回「トンガリドッキリ! ブランデーと錯覚糖」
スプレー状の液体を満杯の液体が入った容器などにかけると錯覚で少量に見えるようになる。
参勤包帯(さんきんほうたい)
アニメ第177回「転校御免! みよちゃんサンキンホータイ」
参勤交代に行きたくない地方大名の家来が江戸に行かなくて済むように奇天烈斎が作った。腕に巻くとそこだけが紫色に変色し、病気に見える。当事者の男性が使用するためのものであり、女性には効きが遅い。
酸素製造薬(さんそせいぞうやく)[注 2]
第4話「キッコー船の冒険」
水から酸素を作り出す薬。亀甲船の動力として使用。鼻の穴に塗ることで水中で呼吸することもできるようになる。
三半鏡(さんはんきょう)
アニメ第61回「こわいの飛んでけ! 三半鏡でバッチリ」
船酔いしやすい人のために奇天烈斎が作った。両耳に付けると揺れを感じなくなる。ただし片耳だけ付けた場合は三半規管がメチャクチャになってしまい、気絶してしまう。
時間逆転機(じかんぎゃくてんき)
アニメ第71回「あと5分! そんなときこそ時間逆転機」
脱時機をキテレツが改良したもの。付属の光線銃からの光線を当てた対象を五分前の行動に戻す。
地獄(じごく)
第28話「地獄へいらっしゃい」
地獄を模したテーマパーク
地震発生機(じしんはっせいき)
第14話「地震の作り方」・アニメ第48回Aパート「地震のつくり方」
音叉がついた装置と銃がセットになった道具。奇天烈斎が生きた安政年間は江戸に何度も大地震があったため、日頃から地震に対応できるように製作された発明道具。共振現象を利用して揺れを起こすニセ地震発生機である。
自信満々鏡(じしんまんまんきょう)
アニメ第235回「トンガリ改造! ママ~なんて言わない!」
奥方に甘やかされて育った若様に自信を持たせようと殿様の依頼で作った眼鏡。かけると自分より強い者が弱く見えたり、攻撃してくる相手がゆっくりに見える効果がある。
作中ではトンガリが使用したところ、トンガリから見た人達(6年生の虐めっ子達、佐々木先生、ブタゴリラ)は口調や仕草が女性っぽくなっており、顔立ちもつぶらな瞳になっていた。この道具によってトンガリは男らしくなったが、ベッドのマットでスパーリングをやったり、炊飯器の中の御飯をしゃもじですくって食べる等、性格や行動が荒々しくなっており、キテレツからは「危ないくらい上手くいきすぎた」、トンガリのママからは「あれなら前の性格の方がマシ」と評された。
自然環境檻(しぜんかんきょうおり)
アニメ第30回「コロ助とチビゴリラの友情物語」
物置のような形状をしている。中に入ると一種の催眠効果が働き、ジャングルのように見える。
自動掘削機(仮称)
第28話「地獄へいらっしゃい」
くず鉄置き場に放置してあった機械をキテレツが回収し、コンピュータを組み込んで改造したもの。小型のブルドーザーのような外見でリモコンで動き、地中を掘り進む。設計図などの指示に従って自動で工事を行える。
指名扇(しめいせん)
アニメ第151話「教室で指名されたくない人へ! 指名扇ナリ」
小さなでんでん太鼓のようなものをぶら下げた紐がいくつも付いている扇。扇ぐと太鼓部分から特殊な音波が発生し、それを浴びた人物を錯乱させる。
写楽版(しゃらくばん)
アニメ第167回「アットホーム!? 一家そろって記念写真」
レンズやフィルムの質が悪かった江戸時代のカメラで肖像写真を撮影する際、長い露光時間の間に被写体となった人物の表情が崩れるのを解消するため、奇天烈斎が作った。不自然な笑顔の映った写真を一晩挟むと、その笑顔を自然なものに修正する。
臭覚天狗(しゅうかくてんぐ)
アニメ第108回「ワーオ! はずかしがり屋の石焼~きイモ」他
匂いを覚えさせ、覚えた匂いに会うと鼻が光り出す天狗の人形。強い匂いのそばだと鼻がきかなくなるという欠点がある。
臭覚マスク(しゅうかくマスク)
アニメ第28回「コロ助がお見合い」
付けると犬並みの嗅覚を発揮できるマスク。
獣類操り機(じゅうるいあやつりき)
第27話「動物芝居を作るナリ」・アニメ第2回Bパート「動物しばいを作るナリ」他
受信機を獣類の体の各所につけるとその動物をコントローラーで操ることができる。また、使用者の声を操っている動物の口から流すことも可能。
アニメでの名称は動物あやつり機。これでコロ助は動物劇を作ろうとするが、ベンを助けるためにいじめっ子を獣類操り機で懲らしめようと試みる。初期は動物あやつり機と言っていたが、次期に獣類操り機となっている。また、受信機に含まれた受信液を動物の体に吹きかけることで同様の効果を発揮する(第218回「八百八のCM! アドバルーンで大売出し」)。
獣人化器(じゅうじんかき)
新第4巻収録「キテレツが強くなった!?」
進化の過程で枝分かれしたあらゆる動物の能力を引き出すことができる道具。ただし、長時間使いすぎると体も変化してしまう。
獣話機(じゅうわき)
縮小門(しゅくしょうもん)
熟睡頭巾(じゅくすいずきん)
アニメ第283回「新春冒険! みかん長者の書き初め!?」
被った者を眠らせる効果がある頭巾。
瞬間解氷剤(しゅんかんかいひょうざい)
アニメ第36回「ブタゴリラのスケート特訓」
氷を溶かして水に変える薬品。
瞬間成長丸(しゅんかんせいちょうがん)
アニメ第43回「ブタゴリラのあこがれは年上の女の子?」
飲むと一時的に七年から十年成長する薬品。
瞬間氷結剤(しゅんかんひょうけつざい)
アニメ第36回「ブタゴリラのスケート特訓」
水を凍らせて氷に変える薬品。
昇月紗(しょうげっしゃ)
第8話「江戸時代の月面図」・アニメ第3回「手作りロケットで月までアドベンチャー」
二枚の昇月紗をずらすことにより重力を0から1Gまで調節することができる。キテレツは昇月紗を利用して土管で月へ向かうロケットを作った。
アニメでは月の引力を利用し無重力を0~無限大にすることができ、金団雲などを作る際にも使われた。
小昇月紗(しょうしょうげっしゃ)
アニメ第114回「大そうじ募金 勉三さんに愛の手を!!」
小さな昇月紗を仕込んである。
勝毒丸(しょうどくがん)
アニメ第134回「アウトドアライフ! ブタゴリラ修業の旅」
アニメ中で詳しい説明はなかったが、飲むことにより食中毒を治すことができる。
商売半鐘(しょうばいはんしょう)
アニメ第303回「どーして? ボクたち臨時の八百八屋さん」
叩くと半径1Km以内の人を引き付ける効果を持つ音色を鳴らす鐘。
招福招き猫(しょうふくまねきねこ)
アニメ第202回「日本一の福袋 遂に出ました100万円」
招き猫の形状をしている。古銭を口に入れて願い事を言うと、対象となった人物や対象物に近い所にいる人物を引き寄せる。古銭を入れれば入れるほど力を増す。ちなみに古銭は数万円以上の価値がある。
食物変換ふりかけ(しょくもつへんかんふりかけ)
アニメ第23回Aパート「ふりかけはコロッケの味」他
どんな食べ物でも味や食感を変えてしまうふりかけ。当初はコロッケ味だけだったが、後に納豆味・たくあん味も登場しており、納豆の粘りやたくあんの匂いも出てくる。
新回古鏡(しんかいこきょう)
蜃気楼鏡(しんきろうきょう)
第3話「しん気ろうでやっつけろ」・アニメ第141回「クーラー不要! 怪談・百丈島スイカ御殿」他
人工的に蜃気楼を発生させる装置。位置を調整すれば遠方の景色を映し出せる他、キテレツは奇天烈斎のアドバイスによりビデオを接続することで映像を直接映し出せるように改造した。
アニメでは蜃気楼で映った景色を少しずつ動かすリターン装置という機能もあり、それを用いるとまっすぐ歩いているつもりでも同じ場所を回っているだけになる。蜃気楼の有効範囲は約20メートル。新・蜃気楼鏡というものも登場した。
新・蜃気楼鏡(しん・しんきろうきょう)
アニメ第325回「ブタゴリラ学説! 蜃気楼は貝から出る?」
キテレツが蜃気楼鏡の中身を法螺貝の貝殻の内側に組み込んだもの。動力は電池。蜃気楼鏡同様蜃気楼を発生させることができるが、貝殻の構造の影響で残像が通常よりも強くなってしまい、映した蜃気楼を見るとその後一時的に蜃気楼の残像が近くの人物に重なって見えてしまう失敗作だった。
枢破天狗(すーぱーてんぐ)
第32話「スーパー天狗」
付けると強靭な体となりX線で透視ができるお面・怪力面と、強風を呼び飛んだり相手を吹き飛ばせる羽うちわのセット。正義の味方となり、呼ばれると本人の意思とは無関係に問題解決しなければならなくなる。
水中呼吸膏(すいちゅうこきゅうこう)[注 2]
第29話「海底の五億円」・アニメ第9回「コロ助と赤ちゃん恐竜! 南の海の大冒険!!」
塗ると水中で皮膚呼吸ができ、水圧にも耐えられるようになるクリーム。
名称はアニメが初出。
水中呼吸スプレー(仮称)
アニメ第329話「五月の恐怖!のろわれた鯉のぼり」
水中の酸素から皮膚呼吸ができるようになるスプレー。作中では正式な名称は呼ばれていない。
助太刀人形(すけたちにんぎょう)
声帯包帯(せいたいほうたい)
アニメ第80回「極秘情報! ブタゴリラは女だった?!」
男性の喉に巻くとその声が女性の声になる。
成長小槌(せいちょうこづち)
アニメ第59回「骨折り損のくたびれ小槌」
対象を赤の方で叩くと若返り、青の方で叩くと成長させる小槌。
仙鏡水(せんきょうすい)
第38話「仙鏡水」・アニメ第13回「雲の上のスイートホーム」他
乗れる雲を作る。出来上がった雲は雲シャベルで加工することができる。また、雲の水蒸気を水に戻して飲料水にできる他、水を分解して水素を取り出すことで燃料ガスとしても利用できる。団扇で仰いだり、ラジコン飛行機を取り付ける事で雲を動かす事が出来る。強風(飛行機による風など)や障害物に弱く、強風で雲が千切れたり、障害物に衝突すると雲が消えてしまう。
前世探知機(ぜんせたんちき)
アニメ第123回「ワガハイがチンチン電車だった頃…」
小さな按摩器のような道具で、これを当てた相手を特殊な電波で前世の記憶を呼び覚まし調べることができる。
潜地球(せんちきゅう)
第16話「潜地球」・アニメ第1回Bパート「潜地球で宝さがし!」他
その名の通り、地下探索のために地中へと潜るための球状の乗り物。乗り込んで起動することにより物体をすり抜け、地底を進むことができる。原理はかべぬけ服と同じ。また、魚雷も搭載可能。
アニメでは普段、木手家の庭に埋まっている。高さ1.6メートル、直径1.3メートル。地下探索を想定した乗り物であるはずだが、地下水脈に流されたり、熱湯地震に弱い。
航時機と同じく、材料費と開発の時間がかかっており、一睡もしないで作った場合、最低二週間はかかる。
千里耳(せんりみみ)
アニメ第275回「謎のスイカ爆弾! 伝説のボウラー熊八?」
聴診器のような形状をしており、使うと遠くの音も簡単に聞き取れる。
操縦座(そうじゅうざ)
第40話「さらば大百科」
中に乗り込んだあと小型化し、動物に食べさせることによって食べた動物を操ることができる。
即時はくせい光(そくじはくせいこう)
アニメ第81回「キテレツ流、トキ救出大作戦」
ピストルの形をした道具。ケガをして仕事ができなくなってしまった剥製作りの名人である知り合いのために、奇天烈斉が発明した。この道具から放たれる光を浴びた生物は剥製になり、もう一度浴びせるとその生物を元に戻せる。
千里鏡(せんりきょう)
第8話「江戸時代の月面図」・アニメ第3回「手作りロケットで月までアドベンチャー」
無線ファックス。送信機のカメラが捉えた映像を受信機がプロッターのように一枚ずつ筆で描き上げる。
創魂器(そうこんき)
新第1巻収録「巨大ロボット戦争!?」
椅子や机などの物体が持つ魂を引き出すことができる道具。この道具で作った魂の素という蝋燭を動かしたい対象に乗せると動くようになる他、人間の言葉を話すようになる。複数の物が合体すると太くて大きい蝋燭になる。魂を引き出された物体には自我があり、文句を言ったり、人間に襲いかかる事もある。蝋燭が全て溶けると動かなくなる。
草根刀(そうこんとう)
アニメ第308回「豊年マンサク! 山田の中のコロ助カカシ」
仇討ちの相手を捜索するための道具。捜したい相手やその道具に反応する。
操時針(そうじしん)
新第1巻収録「操時針で大パニック!!」
光を当てた対象の時間を操作する箱型の機械。空間を移動するエネルギーを時間を移動するエネルギーに変化させる。雷や地震などの自然エネルギーや人間の怒りの感情を上部の収集/散布口から供給して使用する。
足跡ローソク(そくせきろうそく)
アニメ第260回「コロ助のペット! ひらがなのかおる!?」
捜したい相手を見つけるための道具。持ち物の一部を溶かして作った蝋燭の煙が対象の足跡を浮かび上がらせる。

た行[編集]

大シャボン玉水とストロー(だいシャボンだますいとストロー)
アニメ第15回「シャボン玉ドーム」
巨大なシャボン玉を作ることが可能なシャボン水とストローのセット。シャボン玉は人間が入れるほどの強度を持ち、ドームのようにすることも可能だが、穴が空くと破裂する。
宝物探知機(たからものたんちき)
第29話「海底の五億円」・アニメ第142回「謎また謎 氷曜日のカキ水パーティー」
発信器と受信機のセット。発信器を潮流にのせて流し、発信器が宝物を見つけると場所と価値を受信機に通知する。
アニメでは掃除機のような形状をしている。棒部分の先端を地面に向けて使い、先端が地面にある宝物の上に乗るとランプが点滅する。後にキテレツによって原作の形状に近い「新宝物探知機(しんたからものたんちき)」が製作された(第172回「海底SOS! 龍宮の使いと金歯のサメ」)。
田吾作(たごさく)
アニメ第189回「実りの秋! 田んぼのアイドル田吾作ナリ」
胴体と腕がの形状をした一等身のからくり人形。酒を燃料とし、搭載されたセンサーで空気の乱れを感知すると祭囃子の音楽を鳴らして踊り出す。
他言糖(たごんとう)
アニメ第270回「衝撃告白! 勉三さんはツンツルテン!?」
金平糖のような形状をしている。秘密を言いそうになった時に口に入れて息を吐くと、それを吸った相手にその秘密への興味をなくさせる。
たずね人ダマ(たずねひとダマ)
アニメ第116回「たずね人ダマでホワイトクリスマス」
対象の人物を探す人魂を作る道具。足跡を記憶させて飛ばすことで対象の元へ向かっていく。なお、人魂は風に吹かれると流されてしまう。
脱時機(だつじき)
第2話「脱時機でのんびり」・アニメ第12回Aパート「脱時機でのんびり」他
木製のランドセル型の道具で脱時機についている時計の針を進めると、脱時機を身につけている者は時間の流れから抜け出すことができる。止まっている相手に触れるとその人も同様に時間の流れから抜け出る。
アニメ後半では脱時機についている光線を浴びた者のみを時間の流れから抜け出すバリアに包むことができるように改造されたが、止まった相手に触れるとバリアが伝搬してしまう。効果は約1時間。
探知機(たんちき)
アニメ第275回「謎のスイカ爆弾! 伝説のボウラー熊八?」
木製のランドセル型の道具。詳しい効果の説明はないが、爆発物等に対して付属している二本の探知棒を近づけると反応するようである。作中では正式な名称は呼ばれていないが、次回予告では金属探知機と呼ばれていた。
力こぶ(ちからこぶ)
新第5巻収録「勉三さんにダンクシュートをさせるナリ」
頭につけるとイメージしたものになれる道具。ゴムボールや鉄の塊を思い浮かべれば体はそれらと同じ性質となり、運動選手をイメージすることでその人物と同じ能力を発揮する。
注射錠(ちゅうしゃじょう)
アニメ第183回「大どろぼう登場! その名は注射ジョー」他
注射器を使って閉じた鍵穴に流し込むことで鍵を開けさせる液体。後にキテレツが反対に鍵を閉められるよう改造したが、鍵が壊れただけで失敗に終わった。
忠臣倉(ちゅうしんぐら)
アニメ第127回「世紀の大失敗作! チュウシングラナリ」
声 - 田の中勇
武家屋敷の型のからくり人形で、侍がかった口調で喋る。門の部分を展開して模造品の短刀や扇子を持つための手を出すことが可能。殿と認識した人物に尽くすが、それ以外の人物には強い警戒心を向ける。しかし、お世辞や女性には弱い。また、プライドが高く犬小屋呼ばわりされると怒る。キテレツが命令されることに嫌気が指したコロ助のために制作し、コロ助を殿と認識させて従うようにプログラミングした。しかし、みよ子を除く周りの人物を強制的にコロ助に従わせたためにキテレツによって機能停止させられ、他者を褒め慕う「お祭り倉(おまつりぐら)」に改造されて口調も江戸っ子風になった。
鳥声器(ちょうせいき)
アニメ第288回「大激怒! カラスと八百八大戦争」
使用すると鳥の声を聞いたり、会話したりできる道具。機能は鳥心器の上位互換。
聴心器(ちょうしんき)
アニメ第109回「世にも奇妙な! おしゃべりな野菜たち」
聴診器のように使用し、対象となった植物の心の声を聞くことができる道具。
鳥心器(ちょうしんき)
アニメ第174回「鳥心器でドッキリ! 鳩のハートに大接近」
対象となった鳥類の心の声を聞くことができる道具。
鎮痛香(ちんつうこう)
アニメ第181回「ベンも仰天! 痛いのとんでけ~鎮痛香」
この道具から出る煙を浴びた箇所は衝撃を受けても痛みを感じず、逆にすっきりした快感を覚える。
通詞器(つうじき)
アニメ第18回「エジソンに会った誰にもいえない夏休み」他
英語など各言語の翻訳機で、耳に入れて使用することで異国語を自国語として理解し喋ることができる。
鶴亀伝記(つるかめでんき)
アニメ第311回「百丈島伝説! コロ助は浦島太郎の子孫?」
使うとと会話できる道具。
つるりん袋(つるりんぶくろ)
アニメ第150話「遠足のアイテム!ブタゴリラ七品セット」
中国の秘草・蛇含草の成分を原料に製作する袋。野菜や果物を中に入れるとそれらの皮を分解する。
つんつるつづら
アニメ第28回「夢のつんつるつづら」他
セットになっている型紙と一緒に服を中に入れると、服が型紙と同じ大きさ・形状になるつづら。ただし、一度形を変えた物は二度と形を変える事が出来ない。つづらが壊れた状態で使うと、型紙よりも大きくなってしまう。
梃子板(てこばん)
アニメ第305回「霊界探検! みんなであの世に行きました」
物に貼り付けるとそれが物を押す力を数倍にする道具。
徹夜面(てつやめん)
アニメ第307回「居眠り禁止! スカッと一撃徹夜メーン☆」
剣道着姿のからくり人形。眠りそうな人を付属の竹刀で叩いて起こす。コンピューターで特定の人物を入力すれば、その特定の人物が眠りそうになっても徹夜面は攻撃してこない。
てれん袋(てれんぶくろ)
アニメ第99回「ツルの折れない人この指とまれ!」
手に着けると前に着けた人の手の動きを覚え、手がその通りに動く。
天眼鏡(てんがんきょう)
アニメ第106回「コロ助真っ青! チョンマゲを切られる!?」
紫色のゴーグル。これをかけて覗くと食べられるキノコとそうでないキノコを見分けられる他、キノコの名称がわかる。さらにキテレツが食べ物の匂いを覚えさせて追跡する機能を取り付けた。
天狗の抜け穴(てんぐのぬけあな)
第20話「らくらくハイキング」・アニメ第5回「てんぐのぬけ穴でらくらくハイキング」他
赤いテープ。これを壁面に輪の形にして貼り、別の場所の壁面に同様に貼ったテープの輪に(時空間を歪めることで)瞬間移動する。複数のテープが貼られた場合、入り口側に一番近い方のテープとつながる。効果を持つのはテープを染める赤い染料であり、テープ自体は一般の物でもよい。
アニメでは長距離・短時間の移動手段として活用。ただし東京ハワイ間といった長距離には使用できないとキテレツが証言している[2]。しかし、初めて天狗の抜け穴を使用した際に、「世界中どこへでも……」と言っており、実際に日本・アフリカ間という長距離を移動したことがある[3]。空港の金属探知器で金属凶器類だと判断され、税関に没収されたことがある。『どこでもドア』との違いは、一方のテープが剥がれて輪の形が崩れると移動は不可能となる点、あらかじめ移動場所に誰かが行ってテープを貼らないと移動できない点、消耗品である点などである。コロ助のちょんまげ部分にも巻かれている。また、初期の頃は調節用のリモコンが付属していたが、次第に使われなくなった。
『ドラえもん』にも通りぬけフープどこでもドアといった空間移動の道具が存在するが、「すでに行ったことのある2つの地点をつなげるという点」では、ワープペンの方が近い。
てんぐのねじれパイプ
アニメ第29回「アッチッチ! 温泉さがして地底探検」
割った竹筒のそれぞれの縁にてんぐの抜け穴を貼ってある。
電磁刀(でんじとう)
アニメ第38回「王子と結婚!? みよこ姫」
刀身が光る棒状になった刀の形状をしている。障害物を磁力で避けたり、跳ね返したりすることが可能。電気ショックで相手を気絶させることもできる。ただし、使いすぎると刀身が壊れる。
伝書コウモリ(でんしょコウモリ)
アニメ第107回「トマトはナス テフテフは一体何ナリ」
コウモリのような形状をしている。目的地に白い布を出しておき、届けたいものをセットすると空を飛んで行き、その白い布の元まで届けてくれる。『奇天烈大百科』での表記は「伝書蝙」。
唐茄子鏡(とうなすきょう)
アニメ第280回「大安吉日! カボチャカボチャの結婚式」
かけると人の顔がカボチャに見える眼鏡。
動物あやつり機(どうぶつあやつりき)
動物変身小槌(どうぶつへんしんこづち)
アニメ第31回「君こそスターだ! 浦島亀太郎」他
変身させる動物の名前を言いながら叩くとその動物に変身する。人間や人間並みの知能を持ったロボットが動物に変身した場合、動物の姿でも人語は話せる。
道楽つづら(どうらくつづら)
アニメ第136回「遊んでくれないパパたちへ! 道楽つづら」
掃除機のような形であり、部品として掃除機のホースも使われている。何かに夢中になっている人に当てると、そのことを忘れてしまう。掃除機のホースを外すことにより、吸い取ったエネルギーが放出されて対象が元に戻る。
土下座布団(どげざぶとん)
新第4巻収録「どっちがあやまるの?」、アニメ第145回「警察不用? 土下座ぶとんでゴメーン!」
短気な藩主が他の藩の不評を買って取り潰された事件の影響を受け、藩主を落ち着かせるために奇天烈斎が作った。一見ただの座布団だが、座ると中に溜まった「土下座菌」が放出され、それを吸った者は謝りたい気持ちになる。土下座菌は日干しされると死んでしまうが、湯気で蒸らすことで復活する。『ドラえもん』のペコペコバッタの効果を持つ。
新キテレツ大百科における作中および大百科での表記は「土下座ぶとん」。
土壌すくい(どじょうすくい)
アニメ第194回「秋サンサン! 隅田川から愛をこめて」
底が網になった籠の形状をしている。土を振りかけると特定の土とそれ以外の土を選別する。
ど忘れ玉(どわすれだま)
アニメ第95回「ど忘れ玉でチマキに雨ふる勉三さん」
ピンク色のかんしゃく玉の形状をしている。何かを忘れさせたい相手の足下に向けて投げると、吸った人物が度忘れをしてしまう煙を発生させる。大量に使うと大切な記憶も失われる。『奇天烈大百科』での表記は「度忘れ玉」。
鈍時鏡(どんじきょう)
アニメ第75回「見たか悪漢! 二刀流コロ助西部を行く」他
目に付けて目盛りを調節すると、相手の動きが遅く見えたり速く見えたりするゴーグル。
どん底(どんぞこ)
アニメ第320回「失恋がなんだ!! どん底でドンと恋」
履いている靴の裏に貼ることで、歩くごとに使用者の辛さや悲しみを吸い取る道具。
トンボウ
アニメ第213回「春の正夢!? マイゾーキンとハンバーグ」
懐中電灯の先端に小さなファン状の羽根を付けたような形状の道具。起動しているこの道具を見たものはどんな人間であっても目を回してしまう。

な行[編集]

ながっちりめん
アニメ第88回「家庭訪問にバッチリ!! ながっちりめん」
元々はキテレツの祖母の蔵の中にあった反物。この反物の上に座った者は一時的に気分が悪くなり、屋外に出て行ってしまう。逆に短く加工した反物で顔を拭いた者はすっきりした気分になる。『奇天烈大百科』には未掲載であり、キテレツは「ややこしい効果があるから載せなかった」と口にしている。
仲直り鶴(なかなおりづる)
アニメ第153回「回れ仲直り鶴! ブタゴリラパンツの怒り」
折り鶴を吊るした棒の形状をしている。ボタンを押して対象となる人物の前にかざすと、その人物の心を静める。折り鶴の折り方によって対象となる性別が異なり、それぞれ男性には雌の鶴を使い、女性には雄の鶴を使う。
七色足袋(なないろたび)
アニメ第126回「大スクープ! 八百八に双子の赤ちゃん」
七色の縞模様の足袋。女性に両方を履かせると、それぞれ両方赤く光れば男児を妊娠、両方白く光れば女児を妊娠、赤と白が半々に光れば妊娠していないと判別できる。
名乗り太鼓(なのりだいこ)
アニメ第216回「八百八ピンチ! テケテケテンで自己紹介」
この太鼓の音を聞くと名乗らずにはいられなくなる。
似たもの提灯(にたものちょうちん)
アニメ第208回「愛のプレゼント! マゴにもセーター?」
提灯の形状をしており、データを取り込んだ物と同じ物が近くにあると青く光って反応する。
如意光(にょいこう)
第22話「如意光で引っこし」・アニメ第6回Bパート「如意光でひっこし」他
『ドラえもん』のビッグライトスモールライトの効果を併せ持つ。青と赤のボタンが付いており、ボタンを押すとその色の光が出てくる。青い光を物に当てると大きくなり、赤い光だと小さくなる。
アニメ版では、赤と青の光線の能力が入れ替わったりなど、設定の不統一が見られる。一度、コロ助がコロッケを如意光を使って大きくして食べようとしたが、スカスカで美味しくなかった。奇天烈斎はこれを使用し発明道具を小さくして保存していた。動力は単三電池2本。更に、航時機でタイムトンネルを移動中に、タイムトンネルに向けて赤い光りを当てると、本来ならば過去にしか行けないものが未来へ行けるという効果も発覚している。
人間植物(にんげんしょくぶつ)
第23話「人間植物リリー」
人間のように動き・しゃべることのできる植物。
濡れ衣(ぬれぎぬ)
アニメ第37回「新一年生必見! 赤いランドセルの女の子」
嘘発見器の役割を果たす道具。普段は色が白く、嘘を付くと赤くなる性質を持っている。初めて使用する際には体温になじんでないために嘘を付いていなくても赤くなってしまう。これを発明した奇天烈斎は「みだりに使用してはならぬものなり」と『奇天烈大百科』に注意書きしている。
鼠笛(ねずみぶえ)
アニメ第263回「めざせ北海道! 西から来た赤いモグラ?」
吹くとネズミモグラの類の動物だけに聞こえる周波数の音を出す笛。また、犬話機と同様に耳に当ててそれらの鳴き声を聞くことでその内容を理解できる。
念動筆(ねんどうひつ)
アニメ第40回「コロ助秀才になる!?」
念波によって片方がもう片方と同じ動きをする鉛筆。念波の届く距離は短く、遠く離れていると作動しない他、雑音が聞こえてくると滅茶苦茶に動いてしまう。『奇天烈大百科』では筆を用いているが、キテレツは鉛筆用に改造した。
粘土水(ねんどすい)
第17話「水ねん土で子どもビル」・第19回Aパート「ひんやりヒエヒエ水ねんど」
水を粘土のようにし、造形可能にする。粘土化した水は専用のガスをかけると元の水に戻る。『ドラえもん』の水加工用ふりかけの効果を持つ。
熱気球(ねつききゅう)
第25話「物置でアフリカへ」・ 第38話「仙鏡水」・アニメ第13話「雲の上のスイートホーム」他
手に持てるほどに小型ながら強力な熱気球。物置を持ち上げられ、プロペラをつけることで早く飛ぶこともできる。
念力帽(ねんりきぼう)
第21話「念力帽」
被ると念力を使えるようになる帽子
年輪はんこ(ねんりんはんこ)
新第4巻収録「おとなになりたい!!」
なりたい年齢にダイヤルを合わせて体に押すことでその年齢になることができる判子。ロボットに使った場合、古くなったり新しくなったりする。
能面寒天(のうめんかんてん)
アニメ第278話「人気バク発! お面になったコロ助ナリ」
お面の内側に注ぐとそのお面の制作者の顔の形が浮かび上がる寒天のような液体。
のら鞍(のらくら)
アニメ第192回「乗れば休日! のらくらはドッジの味方」
乗物の座席に乗せて使用し、それに座った人は仕事を休みたい気分になる。『奇天烈大百科』ではの背中に乗せる鞍の形状だが、キテレツは自転車のサドルに被せるカバー形に改造した。ちなみにサドルに被せずにカバーの上に乗るだけでも効果がある。

は行[編集]

箱庭製造機(はこにわせいぞうき)
アニメ第29回「アッチッチ! 温泉さがして地底探検」
差し込んだ写真の通りの風景を立体映像として作り出す道具。
反面鏡師(はんめんきょうし)
アニメ第251回「ブタゴリラ真っ青! 野菜が肉に負けた!」
あるわがままな若様を改心させるために奇天烈斎が作った鏡。覗くと鏡の向こうにあるパラレルワールドへと引きずり込まれ、その世界の住人たちは元の世界と比べると悪い所が強調された性格になっている。鏡の世界の自分と目が会うと元の世界に戻る。
作中では、回想に登場した若様がわがままと暴力(家臣を斬りつけた事で鏡の世界の自分が切腹させられた。その様子を見た元の世界の若様は心を入れ替え、家臣達から尊敬される立派な殿様になった)、コロ助が武士らしさとコロッケ好き(ござる口調になっている他、コロッケを馬鹿にする者は例え友達であろうと本物の刀で斬りつける。ただし、おしゃべりな面は見られなかった)、勉三が自信のなさと心配性(友紀が猫を可愛がっているだけで落ち込んでしまう)、キテレツが発明好き(下校中に発明の事でブツブツと呟いていたり、チョークで道路に設計図を描いている)、みよ子が世話好き(キテレツに注意したり、家まで付いて行くといったお節介)、トンガリが白々しさとマザコン(おべんちゃらが上手く、それを聞いたコロ助とブタゴリラは身の毛がよだった)、トンガリのママが過保護と虚栄心(体中に宝石や純金製のアクセサリーを身に付けている他、左腕に「ぼくちゃん命(鏡文字)」と書いてあるシールを貼っている)、ブタゴリラが野菜好き(野菜を溺愛しすぎており、自分の部屋に野菜柄のベッドや絨毯があったり、店に並んでいる野菜一つ一つに名前を付けている。それが原因でお客から気味悪がられて売れず、元の世界のブタゴリラからも「そんなやり方だと野菜が売れなくて腐ってしまう」と言われた)と、悪い所が目立っていた。
反面鏡布(はんめんきょうふ)
アニメ第329話「五月の恐怖!のろわれた鯉のぼり」
貼り付けた箇所が鏡となり、見たものを何倍もの大きさにして映す布。
ビードロ丹(ビードロたん)
第30話「ネパール・オパール」
飲むと透明人間になれる薬。ただし、着ている服などは透明にはならない。
美顔光(びがんこう)
新第1巻収録「幸せを呼ぶ!? 美顔光」
電灯の形をした道具。顔の細胞を変化させて望みの顔に作り変える。コピーの元やコピーさせたいものは生物やロボットだけでなく、本や似顔絵でも可能。取り消しボタンで元の顔に戻せるが、押さなくても一日経てば元の顔に戻る。
飛脚足袋(ひきゃくたび)
アニメ第22回「町内運動会 MVPは誰の手に!?」
履くと搭載された磁石及びセットになっている磁石の磁力により、リニアモーターカーの要領で速く走ることが可能になる靴。ただし、S極とN極の配置を間違えると靴部分と磁石部分がくっ付いてしまう。
髭丸(ひげまる)
アニメ第309回「花丸一座で夢芝居? 髭丸コロ助大変身!」
髭を生やして貫禄を出すための特殊な液体で、髭を生やしたい部分に塗ると時間経過で白い髭が生える。顎以外に塗っても効果がある。髭丸で生やした髭は一度切るとその個所からは二度と生えてこない。
髭丸水(ひげまるすい)
アニメ第132回「大異変! ママとボクにヒゲが生えた!?」
かつて奇天烈斎が髭を伸ばして貫禄を出そうと考えたある武将の依頼で発明した特殊な液体。顔に塗るとものすごく硬い髭(正確には髭状に固まった髭丸水)が生える。トンガリの父の親友で、医科大の先生で世界的に有名な名医・Dr.大貫(声:田中康郎)の診察によると人間の毛ではないとされる。汗をかくと取れる。
ビックフォト
アニメ第97回「21世紀からブタゴリラ親子がやって来た」
未来のキテレツが発明したもの。最初はミニサイズの写真だが手もみすると一瞬で巨大になる。
必殺召し取り人(ひっさつめしとりにん)
筆跡鑑定ロウセキ(ひっせきかんていロウセキ)
アニメ第147回「読書の秋! 感想イモと筆跡鑑定ロウセキ」
このロウセキで文字をなぞると青く光り、その文字を書いた人物がメモリーされる。その状態で同じ人物の書いた文字をなぞると赤く光る。後にキテレツによって青色にしか光らないものも開発された。
人で無し(ひとでなし)
アニメ第314回「雪男発見! 生まれはヒマラヤ日本育ち」
猟師が人と動物を間違えないように作られた手持ちの探知機。動物にだけ反応する。
百人力(ひゃくにんりき)
アニメ第64回「まことナリ! キッコー船で山のぼり」
巻き取り機の形をした道具でロープの先端には吸盤が付いた鉤爪状のフックがあり、人間百人分以上の力を発揮できる。
百里丸(ひゃくりがん)
アニメ第21回「走れ42.195キロ! マラソンはこりごりナリ!?」
心肺機能を強めることで長時間・長距離を走り続けても体力を正常のまま維持することができるようになる薬。キテレツが作ったものは失敗作だった為、薬の効き目が早く切れた。
氷上滑り下駄(ひょうじょうすべりげた)
アニメ第36回「ブタゴリラのスケート特訓」
キテレツはこれを参考に氷上滑り靴を作った。
氷上滑り靴(ひょうじょうすべりぐつ)
アニメ第36回「ブタゴリラのスケート特訓」
『奇天烈大百科』における氷上滑り下駄を参考にキテレツが作ったもの。履くと氷の上を自由に滑ることができ、目盛りを調節することでスピードを調整する。
豹変扇子(ひょうへんせんす)
アニメ第301回「八百八崩壊? コスプレナイター中継!」
芝居や有名人の追っかけをこの扇子で扇ぐと、特殊な波長で刺激して対象の熱を冷まさせる。
昼行灯(ひるあんどん)
アニメ第24回「昼行灯で百点満点」
そばに置くことで人間の記憶力を増進させる行灯。キテレツが使用したのは檜のまな板だった為、まな板に染み付いた魚の臭いで野良猫が集まってきた。
ファイバースコープ
アニメ第109回「世にも奇妙な! おしゃべりな野菜たち」
キテレツ独自の発明道具。モニターに接続することでスコープに写した映像を見ることが可能。
複写黒巻き(ふくしゃくろまき)
アニメ第148回「ビックリ仰天! スカートをはいたコロ助」
この布を全身に巻いた人物に向けて他の人物の写真をスライドで映すと、その人物に変身させることができる。しかし、声までは変化しない。水に弱いため、濡らすと効果が切れる。
複写衣(ふくしゃころも)
新第1巻収録「なににでも変身できる複写衣」
生物の能力をコピーできる服。指先部分にあるセンサーで触れると対象に変身する。胸のボタンを押すと元に戻る。
複製もち製造機(ふくせいもちせいぞうき)
新第1巻収録「もち人間の反乱!? 木手家大ピンチ!!」
焼いた餅から人間のコピーを作ることができる七輪。コピーは低温になると固まる。カビが生えている餅で作ると、人間に反乱を起こすようになる。
腹臓清浄器(ふくぞうせいじょうき)
アニメ第33回「サンタクロース見ーつけた」
対象となった人物に秘密を喋らせる効果がある。
ふくふく饅頭(ふくふくまんじゅう)
アニメ第318回「正月が二度も来た! お年玉ももう一度?」
食べると気が大きくなる他、体を温めて血行を良くする効果のある饅頭。材料にはお酒が使用されている。温めておかないと効果がない。
二股膏薬(ふたまたこうやく)
アニメ第241回「トンガリ奮闘記! 汗と涙のデート作戦!」
黒と白の二色の軟膏。同色同士の軟膏を塗った人は互いを避け、違う色同士を塗ると互いにくっつきたがるようになる。
復活雑巾(ふっかつぞうきん)
アニメ第248回「ブタゴリラ恐怖!! Faxされたテスト」
拭いた物に以前書かれていたものを再び浮かび上がらせる雑巾。
分身機(ぶんしんき)
第10話「キテレツの団体」・アニメ第11回Aパート「分身機で人間コピー!?」他
銃の形をした道具で、光を照射したものを二つに分けることができる。分けると大きさは変わらないが重さは半分となる。食べ物に対して使うと中身がスカスカになってしまう。『ドラえもん』の分身ハンマーの効果を持つ[4]
アニメでは生物に使うと感覚や体力、知能も半分になる(第165回「カチカチ! ブタゴリラの火の用心クラブ」)。
望遠球(ぼうえんきゅう)
アニメ第113回「地震! カミナリ! 火事! コラー大魔王!?」
スパイ衛星の機能を持ち、他の場所に投げ込むとその様子を写真に映し出す。
宝化銃(ほうかじゅう)
新第4巻収録「宝化銃の使い道は!?」
ペッパーボックスピストルの形をした道具。撃った対象を豪華にしたりすることができる。火を点けないで撃つと逆に古くなったり、昔の時代の物に変化する。
望郷独楽(ぼうきょうこま)
アニメ第281回「勉三さん受難! 学園祭はケツバット?」
独楽の形状をしている。中に物を入れて回すと、入れた物が作られた場所の出身者が故郷に帰りたくなるイオンを放出する。
冒険いかだ(ぼうけんいかだ)
新第4巻収録「夏休み大冒険旅行に出発!!」
奇天烈斎が島を調査するために発明した道具。帆と小屋がついた小さなイカダの形をしており、水に浮かべると大きくなる。自動操縦で無人島まで連れて行ってくれる。モーターボートよりも速く移動できる。
方向音虫(ほうこうおんちゅう)
アニメ第87回「迷い子にサヨナラ! 方向音虫ブローチ!!」
テントウ虫の形状をしたブローチ。このブローチで地図の上をなぞって場所を覚えさせた後、胸に付けると羽根を広げて使用者の行き先の方向を示す。服に付ける際は虫の頭を下にして付ける必要があり、間違えて上にして付けて移動した場合、反対方向に行ってしまう恐れがある。キテレツは二つの方向音虫が接近すると、方向音虫の中のICに録音された声が流れるよう改造した。
包丁いらず(ほうちょういらず)
アニメ第97回「21世紀からブタゴリラ親子がやって来た」
未来のキテレツが発明したもの。この機械の中に食材だけ入れておけば、包丁や鍋などの調理道具を使わずに調理が可能。
保温防水膏(ほおんぼうすいこう)
アニメ第36回「寒中水泳大会」
容器に入った軟膏。肌に塗ると水を弾き、冷たさを感じなくなる。一度塗るだけで効果は1週間ほど続く。
ほころび感知計(ほころびかんちけい)
アニメ第74回「ついに成功! 2001年大学キャンパスの旅」
時間のほころびを探知するためのメーター。
歩足尺(ほそくしゃく)
アニメ第21回「走れ42.195キロ! マラソンはこりごりナリ!?」
メーターのついたコンパスのような道具。出発地点に設置し、付属の磁石との距離や方位などを正確に計測することができる。
ボタン灯(ボタンとう)
アニメ第14回「怪談ボタン灯」他
吊るすと幽霊が出てくる行灯。『奇天烈大百科』での表記は「牡丹燈」。
法螺貝(ほらがい)
新第5巻収録「ほらが本当になる!?」
ホラガイの形をした道具。この道具を通して喋ったことが現実となる。その度合いの強さは道具の調整で変化する。
本音菌(ほんねきん)
新第5巻収録「本音菌は危険ナリ!?」
心で思ったことを正直に話してしまう粉。一度に使いすぎるとお世辞を口にしてしまう。
本音メガネ(ほんねメガネ)
アニメ第290回「夢は大金持ち! めざせケン玉世界一」
嘘発見器の役割を果たす眼鏡。嘘をついた相手を見るとレンズが赤く点滅する。

ま行[編集]

迷子札(まいごふだ)
アニメ第196回「ついに発見! 遠足名物リュックがなる木」
強力な磁力を持った札。たとえ持っている人物が遭難してもこの道具の磁力を頼りに捜索することが可能。
曲がり角手形(まがりかどふだ)
新第4巻収録「外国旅行はもうこりごり!?」
身に着けて建物や塀の曲がり角を曲がることで遠く離れた場所へ移動できる道具。身に着けた人間が口にした場所へ移動できるが、発音や周りの音にも過剰反応してしまう欠点がある。(「帰ろ」という言葉→カイロに移動。せんべいを踏み潰した音→パリに移動)
真黒衣(まっくろこ)
アニメ第255回「みよちゃんのBF!? ライオンがノック」他
この服を着ると体が見えなくなり体の匂いも消えるという透明マント的な道具。後半に何度か登場する。
また、透明になっている状態で服の上から身につけたり手にした物も透明になる効果もある。
抹消雑巾(まっしょうぞうきん)
アニメ第248回「ブタゴリラ恐怖!! Faxされたテスト」
拭いた物の上に書かれたものを一時間ほどで消してしまう雑巾。ただし、雑巾に染み込ませてある薬に時間制限がある為、早めに使わないと効果が薄れてしまう。
招かざる猫(まねかざるねこ)
アニメ第259回「24時間営業! 八百八の朝まで生野菜!」
招き猫のような形状をしている。「金(かね)」が入った言葉を言った人物に反応し、催涙ガスや粘液、網を発射したり、前足の爪でひっかいて攻撃する。
真似子笛(まねこぶえ)
アニメ第105回「お祭りの天才コロ助と笛吹き勉ちゃん!」
吹くとその人物の演奏を記憶する笛で、笛の上手な人物の演奏を記憶するための道具。
豆コロ(まめころ)
アニメ第89回「コロ助のライバル豆コロでござる!!」他
丸暗鬼(まるあんき)
アニメ第162回「ブタゴリラでもスターになれる! 丸暗鬼…」
使うと本の内容を暗記できる道具。
万力手甲(まんりきてっこう)
アニメ第229回「そんなバカな!! 72歳のイジメッ子?」他
手首に巻くと筋肉を刺激し、一時的に怪力を発揮できるリストバンドのような道具。ただし一度使うと効力がなくなる上に製造も難しく、大量生産はできない。
見返り香炉(みかえりこうろ)
アニメ第128回「ひみつのコロッケはセーラー服の味ナリ」
この香炉から放出される香りを浴びた服が持ち主の元に一定範囲近づくと自動的に引き寄せられる。また、この香りには香りを浴びた服を着た持ち主に家や家族のことを懐かしく感じさせる効果がある。
水茎筆(みずぐきふで)
アニメ第131回「これが初恋!? 八百屋お七とツーショット」
この筆で字を書くと字が上手く書ける。
水増殖丸(みずぞうしょくがん)
アニメ第12回「水遊びもほどほどに」
水に入れるとその水を万倍に増やす薬。増やした水は一定時間が経つと消える。
水巻物(みずまきもの)
新第5巻収録「ねらわれた水巻物!!」
口にくわえることで水と同じ性質に体を変化させる巻物。低温化では体が凍ってしまう。
身の丈の子(みのたけのこ)
アニメ第207回「大スクープ!? 八百八のストーブリーグ」
背の大きい人物の身長をセットすると、その人物を探し当てる道具。効果範囲は半径100m。
未来鏡(みらいきょう)
夢幻灯(むげんとう)
第26話「宇宙怪魔人」・アニメ第8回Aパート「宇宙怪魔人ブタゴリラ」他
編集・上映機能もついた高性能ビデオカメラ。映像は合成することが可能であり、収録してすぐに映写機として利用することができる。後に携帯テレビの映像を映すことができるよう改造された。
虫カブト(むしカブト)
新第2巻収録「虫カブト」、アニメ第185回「日本初のUターンかぶと虫! クロ丸ナリ」
カブト虫の角が付いている兜。被ると虫の羽音が喋り声として聞こえてくる。漫画版では虫に話しかけて、指示を出す事が出来る。
蒸しの知らせ(むしのしらせ)
アニメ第79回「受験生必見! 勉三さんに春は来るか!?」他
茶碗蒸しのような形状をしている。蓋を取ると吸ったものに嫌な予感をさせるが、その時に悪い知らせを伝えるとショックを和らげる効果を持った煙を放出する。
霧透過灯(むとうかとう)
アニメ第294回「妙子遭難! トラに食べられそうなんです」
懐中電灯の形状をしており、この道具から放たれる光に照らされた箇所は霧の影響を受けない。道具の効果としては「霧吹き灯」と同じ。
夢遊境(むゆうきょう)
第9話「公園の恐竜」・アニメ第58回「ついに発明! 夏休みを3倍にする夢遊境」
自分のいる半径500メートル四方の場所を別の場所と入れ替えることができる。キテレツ斎が晩年に計画した発明道具で、キテレツ斎自身は実際には製作していない。
アニメでは発信機と受信機がないと使えないと設定されている。
夢楽鏡(むらくきょう)
アニメ第56回「撮影快調! ハリウッドのバビロン大宮殿」
映画撮影に適したカメラ。
紫敷布(むらさきしきふ)
アニメ第112回「コロ助のフィアンセ! むらさきしきふ」
この上でおねしょをしても、その寝小便を吸い取ってくれる敷布。
むりやり手ぬぐい(むりやりてぬぐい)
新第5巻収録「むりやり手ぬぐい」
装着させた相手にどんなことでも強制的に行動させる手拭い。
冥府刀(めいふとう)
第11話「冥府刀」・アニメ第44回「ウルトラ迷路でウロウロどっきり!?」他
四次元世界である「冥府」に行くための発明道具。キテレツ斎はこの発明道具を「禁断の発明道具」と位置づけており、大百科の該当ページは墨で塗りつぶされている。しかしキテレツは墨を洗い流してこの発明道具を製作した。本品の登場話「冥府刀」は、てんとう虫コミックス版やコロコロ文庫版には未収録となっている。
アニメでは第44回のみ「異次元刀」として登場し、原作とは製作に至る過程が異なっている。原作「冥府刀」では「キテレツが冥府刀を製作→みよちゃんが行方不明になり、キテレツが四次元世界に助けに行く」となっているが、アニメでは「キテレツ一行が迷路に遊びに行き、そこでみよちゃんが壁の中に消えてしまう→みよちゃんを救出するための発明道具を探した結果、異次元刀製法を発見→キテレツが四次元世界に飛び込む」といった過程になっている。原作での名称で登場した際は霊界に行くための発明道具となっており、スイッチを入れると刀身が赤く発光し、空間を切り付けると霊界への入口が開く。突然人が異次元に消えてしまう現象を研究した奇天烈斎がこの道具を作り、霊界で自分の亡父と出会っている(アニメ第305回「霊界探検! みんなであの世に行きました」)。
目移り膏(めうつりこう)
アニメ第184回「迷い人に贈る! メウツリコーナリ」
眉間に塗ると迷っていることを即決させる効果を持つ薬。傷薬としても効果がある。
召し捕り人(めしとりにん)
第13話「チョーチンおばけ捕物帳」・第14回Aパート「ちょうちんおバケ捕物帖」他
声 - 高戸靖広(第16回)→山田恭子(第164回)
見た目は提灯に手足が付いたもので、提灯の部分には「御用」と書かれている。悪いことをする人を召し取る(逮捕する)。召し取り相手を確認すると提灯が光り、目的地へ走って向かう。余り融通が利かない欠点がある。香港まで赴いて麻薬密輸組織を追い詰め、組織を潰した。
アニメでは「必殺召し取り人」として登場した。提灯の光の強さは犯罪の大きさに比例し、匂いで召し取り相手を探す。携帯電話などの現代的な機器は知らない[5]。召し取り人自身が悪いことをすると、自分で自分を召し取ったりする。
め組人形(めぐみにんぎょう)
アニメ第84回「トンガリパニック! め組人形大騒動」
火事を予見して事前に火事の元を消してくれるからくり人形。ただし感度が高いと火に関する機械を操作しただけでも起動し、その機械を破壊してしまうほど過剰になる。さらに食べ物の熱や人間の感情にも反応してしまい、感知するとそのものを水があるところに投げ込んでしまう。
めしどき印籠(めしどきいんろう)
アニメ第98回「黄門さまもびっくり!? めしどき印籠ナリ」
食事中の生き物(人間や動物等)のそばで反応し、音が鳴る印籠。電源やスイッチといったものが無いため、場の状況に関係なく無差別に反応してしまう欠点がある。印籠のマークが異なり、キテレツ斎が発明したものは風鈴が描かれており、鳴ると風鈴が振動する。キテレツが発明したものは丼と箸が描かれており、鳴ると丼の蓋と箸が開く。
毛頭銃(もうとうじゅう)
アニメ第120回「節分丸秘情報! どっこい鬼は生きている」
探したい相手の毛をセットして使用し、対象が近くにいると先端のランプが光って反応音を発する。
木製童子(もくせいどうじ)
新第1巻収録「そっくりロボット、木製童子!」
頭に差した髪の毛の持ち主と同じ行動をする小型のロボット。使用していない時は顔がなく、使用時は髪の毛と同じ人間の顔になる。複数の人物の髪の毛を指すと、顔が複数の人物の者と混ざり合い、暴走してしまう。

や行[編集]

厄払い札(やくばらいふだ)
新第4巻収録「やっぱりついてないナリ」
体に貼ることで災難を払い落とし、幸運をもたらす札。使用中は頭上に小さな炎が現れる。裏返しに貼ると逆に災難に見舞われる。
やさいじゅう
新『小学三年生』1993年8月号掲載「すいかわりはんたい!?」(単行本未収録)
やじろ帽(やじろぼう)
新第1巻収録「スケボー名人、コロ助!?」、アニメ第159回「コロ助仰天! やじろ帽でニチコメ友好!?」
被ると常に絶妙なバランスをとれる帽子。
アニメではキテレツがミニサイズのものを作成した。こちらは無生物でも効果がある。
奴凧(やっこだこ)
アニメ第78回「上がれやっこだこ! 江戸時代からの贈り物」
貼り付けた似顔絵の人物が近付くと回転して反応する凧。
病膏肓巻(やまいこうこうまき)
アニメ第223回「ブタゴリラショック! 母ちゃん面会謝絶」
病気などを抱えた人物に使うと、病院に行きたくさせる道具。
山彦野菜(やまびこやさい)
アニメ第46回「呼べばこたえるヤマビコ野菜」
鳥などの害獣に野菜を食べられて困っていた農家の依頼で奇天烈斎が作った。専用の回路を野菜に仕込むと、近くで聞こえた声をやまびこのように再生する。
遊時網笠(ゆうじあみがさ)
新第1巻収録「遊時網笠でスピードアップ!!」
被ることで周りの時間とは異なる時間で動けるようになる編み笠。ダイヤルを回すことでスピードの調整ができる。
幽霊香(ゆうれいこう)
アニメ第226回「学校怪談!! パートの幽霊は昼間出る?」
蚊取り線香の形状をしており、先端に火を付けると霊気に反応して煙が出る。
遊魂帽(ゆうこんぼう)
第36話「遊魂帽」・アニメ第295回「心は別人? みよ子が五月で五月がコロ助」
ところどころに絶縁体をつけたネット状の帽子で霊魂を気体化して取り出し、他の人に乗り移ることができる。原作では一度入れ替わりエピソードに使われただけだが、アニメではケガをして芝居の舞台に立てなくなった五月をみよちゃんに乗り移らせるというまったく異なる使われ方をした。
雪仮面(ゆきかめん)
アニメ第76回「雪山メルヘン! 長靴をはいたクマ物語」
着けると吹雪の中でも周りがよく見えるようになる。
雪帽子(ゆきぼうし)
アニメ第73回「サンタの孫はマッチ売りの少女ナリ!」
被るとその場所に人工雪が降る帽子。
ゆきんこ
アニメ第35回「雪国でミステリー」他
これを履くと雪の上を歩いても足跡が付かない。
夢変更鏡(ゆめへんこうきょう)
アニメ第261回「コロ助の逆襲! 八百八侍を成敗するナリ」
からくり獏と連動して夢の内容を映したり、変更することが可能な道具。
夢見枕(ゆめみまくら)
アニメ第55回「キテレツ大ピンチ? パパの発明禁止令!」他
対象となる人物がこの枕を使って寝ると、想いのままの夢を見せることができる枕。
夜逃げ行灯(よにげあんどん)
アニメ第242回「ブタゴリラの総決算! お騒がせ大全集」
キテレツはこの道具を作らず、現代風に電球を使った夜逃げ電球を製作した。
夜逃げ電球(よにげでんきゅう)
アニメ第242回「ブタゴリラの総決算! お騒がせ大全集」
この道具が発する光を浴びると相手から姿が見えなくなる。

ら行[編集]

落消光(らくしょうこう)
アニメ第211回「指名手配! 恋の落書きボンネットバス」
使うと落書きのインクを消す特殊な光線を発射する。
羅部身膏(らぶみこう)
第19話「失恋はラブミ膏」・アニメ第2回Aパート「サクラ散る勉三さん」
体に貼ると異性を引きつける湿布。
アニメでは後にキテレツによって、男同士を仲良くさせるタイプが作られた(アニメ第50回「ウソ! あのブタゴリラが野菜嫌いに!?」)。
リモコンスケートボード
アニメ第11回Aパート「分身機で人間コピー!?」
キテレツ独自の発明品。リモコンで操作して移動できるスケートボード。
りんりん丸(りんりんがん)
アニメ第195回「秋の大運動会! りんりん丸で勝負あった」
飲むと勇気が出る薬。
涙腺膏(るいせんこう)
アニメ第137回「ブタゴリラ主催!緑幼稚園大同窓会」
貝がらに入れてあり、眉の上に塗ると涙を止めるだけではなく、気持ちを明るくする作用がある。
霊気鈴(れいきれい)
アニメ186回「ユーレーも真っ青! ブタゴリラの通知表」
霊気に反応して鳴る鈴。
冷静腕輪(れいせいうでわ)
アニメ第262回「海のメロン!? ブタゴリラ涙の航海記!」
感情が高ぶっている人物にこの腕輪を付けることで、感情を静める効果を持つ。
冷静丸(れいせいがん)
アニメ第195回「秋の大運動会! りんりん丸で勝負あった」
飲むと気持ちや感情が冷静になる薬。持続時間は4時間。

わ行[編集]

忘れな傘(わすれながさ)
アニメ第67回「雨あめ降れふれ! 忘れな傘を君の手に」
コウモリの意匠が施された携帯用笠と受信機のセット。出かける前に家の入口にセットすると、雨を感知して自動的に受信機の持ち主の元に飛んで来る。ただし、複数の場合だと傘同士が喧嘩し合い、受信機まで到着しなくなる。また、受信機を屋内に取り付けても効果がない。
忘れん帽(わすれんぼう)
第24話「わすれん帽」・アニメ第7回Bパート「わすれん帽!?」他
帽子とシリンダーのセット。被った人物が忘れてしまいたい記憶を言うと、付属のシリンダーに閉じ込めさせる。シリンダーの中身を把握しないまま使うと、他人の記憶を相手に移してしまう。
気休め忘れん帽(きやすめわすれんぼう)
アニメ第254回「保存版! 日本全国つぶれそうな店特集?」
忘れん帽をキテレツが改造したもの。忘れん帽同様にこれを被って忘れたいことを言うと、それを一時的に忘れさせる。
笑い兜(わらいかぶと)
アニメ第25回「キョーレツ!! 怪人ドテカボチャン」
被ると笑いが止まらなくなる兜。頭にヘアートニック等のアルコール類が付いている状態で被せると、効果がなくなる。『奇天烈大百科』での表記は「笑イ兜」。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 発表当時は藤子不二雄名義。コンビ解消後に藤子・F・不二雄名義に変更。
  2. ^ a b c d 名称は作中では登場しないため、『Fの森の歩き方』に因る。

出典[編集]

  1. ^ 江戸時代の発明と未来のひみつ道具24頁。
  2. ^ アニメ151回「教室で指されたくない人へ!指名扇ナリ」
  3. ^ アニメ65回「ゴリラとブタゴリラ・どっちがゴリラ」
  4. ^ 江戸時代の発明と未来のひみつ道具30頁。
  5. ^ アニメ第164回「文明の危機!教室からラーメン一丁」

参考文献[編集]

  • 「キテレツ大百科」『Fの森の歩き方 藤子・F・不二雄まんがワールド探検公式ガイド』小学館藤子・F・不二雄大全集〉別巻、2010年7月28日初版第一刷発行(7月23日発日[1])、ISBN 978-4-09-143434-0、86 - 95頁
  • 『キテレツ大百科』〈藤子・F・不二雄大全集〉、A5判、全2巻 [2]
    1. (051) 2009年8月30日初版第1刷発行(8月25日発売[3])、ISBN 978-4-09-143404-3
    2. (052) 2009年10月28日初版第1刷発行(10月23日発売[4])、ISBN 978-4-09-143409-8
  • 『キテレツ大百科 アッとおどろくからくり道具大図解』小学館〈コロタン文庫〉115、1990年
  • 『「キテレツ大百科」×「ドラえもん」江戸時代の発明と未来のひみつ道具』 藤子・F・不二雄ミュージアム2018年3月1日

参考文献の脚注[編集]

  1. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 別巻 Fの森の歩き方』” (n.d.). 2010年8月21日閲覧。
  2. ^ ( ) 内は大全集の通巻数。
  3. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 キテレツ大百科1』” (n.d.). 2010年12月1日閲覧。
  4. ^ 『藤子・F・不二雄大全集 キテレツ大百科2』” (n.d.). 2010年12月1日閲覧。

関連項目[編集]