キネカ錦糸町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キネカ錦糸町
KINECA Kinshicho
Rakutenchi Bldg. 2.jpg
キネカ錦糸町があったLIVIN錦糸町
(左側の青い看板)
情報
正式名称 キネカ錦糸町
完成 1986年
開館 1986年11月5日
開館公演 ソナチネ (カナダ映画)
閉館 1994年1月
客席数 130席
設備 ドルビーステレオ
用途 映画上映
運営 合同会社西友
所在地 130-0022
東京都墨田区江東橋4-27-14
錦糸町西武(現:リヴィン錦糸町)7階
位置 北緯35度41分47.3秒 東経139度48分56.9秒 / 北緯35.696472度 東経139.815806度 / 35.696472; 139.815806座標: 北緯35度41分47.3秒 東経139度48分56.9秒 / 北緯35.696472度 東経139.815806度 / 35.696472; 139.815806
アクセス JR総武線 錦糸町駅 徒歩1分

キネカ錦糸町(きねかきんしちょう)は、東京都墨田区楽天地ビル・錦糸町西武(現:錦糸町PARCO)内プライム館[1]7Fに存在した映画館

座席数は130席。1986年11月5日開館、1994年1月末に閉館。経営は当時セゾングループの企業であった西友

歴史[編集]

1990年春からのソビエト映画専門館としてのユニークな運営で、個性的なミニシアターであった。この専門館の開設への経緯は、セゾングループとソビエト政府文化省に交わされた文化交流の覚書に基づくもの[2]で、専門映画館の東京での開設が1970年代末に企画されていたものの具現化であった。リニューアル以来の一連の活動により、ロシア・ソビエト映画の話題作がキネカ錦糸町に集まり、「不思議惑星キン・ザ・ザ」や「パラジャーノフ祭」、「ボリス・バルネット祭」などが上映。ポピュラーとクラシックをバランスよく、佳作を上映する映画館として評価が高かった。

1994年初の閉館後、このロシア・ソビエト映画の上映などの活動は、国際シネマ・ライブラリーなどにより、1995年春、シネ・ヴィヴァン・六本木にて開催の「映画の貴公子 ボリス・バルネット」、岩波ホールにて上映の「私は20歳」(監督:マルレン・フツィエフ)、「ロシア・ソビエト映画祭」(開催:1996年)などに継続される。

沿革・主な上映作品など[編集]

1986年[編集]

  • 11月 カナダ映画「ソナチネ」(監督:ミシュリーヌ・ランクト) ※オープニング作品。
  • 12月「グレイフォックス」(監督:フィリップ・ボーゾス)
    • 90年のリニューアル迄は主にシネセゾン配給による、ラテンアメリカ諸国、スペインなどの作品を上映。その後はキネカ大森とミニチェーン化。

1987年[編集]

1988年[編集]

  • 1月「天国の晩餐」(監督:ウンベルト・ソラス)
  • 2月「アメリカン・ウェイ」(監督:モーリス・フィリップス)

1989年[編集]

  • 5月「アトランティック・シティ」(監督:ルイ・マル
  • 8月「わが父/パードレ・ヌエストロ」(監督:フランシスコ・レゲーロ)
キネカ錦糸町 劇場入口(1990年春)

1990年[編集]

  • 4月 ソビエト映画専門館としてリニューアル。
  オープニング作品「泉」(監督:ユーリー・マミン)
  • 5月 「コミッサール」(監督:アレクサンドル・アスコリドフ)
  • 9月 「転校生レナ」(監督:ローラン・ブイコフ)
  • 10月 「ブハラ大公の秘密の旅」(監督:ファリド・ ダヴレトシン)
  • 11月 「詩人フラーギ」(監督:ホジャクリ・ナルリーエフ)
  • 12月 「ハレバとゴーギ」(監督:ゲオルギー・シェンゲラーヤ)

1991年[編集]

(監督:レニータ・グリゴリエワ, ユーリー・グリゴリエフ)
  • 12月 「カプチーノ街から来た人」(監督:アーラ・スーリコワ) ※ポスターイラスト 三留まゆみ

1992年[編集]

1993年~1994年[編集]

  • 1993年6月 「シークレット・ウェディング/待ちすぎた恋人たち」(監督:アレハンドロ・アグレスティ) 
  • 1993年8月  「戦争と平和」(監督:セルゲイ・ボンダルチュク)425分全長版 リバイバル・ロードショー
  • 1994年1月31日  賃貸契約の終了により閉館。

イベントなど[編集]

1990年[編集]

  • 4月「ソビエト映画祭'90」
    ゲスト:アレクサンドル・アスコリドフ(監督)など
    映画祭記念イベント、スタジオ錦糸町(同ビル6F)にて「ソビエト映画ポスター展」開催。  
  • 10月 「新ラテンアメリカ映画祭'90」 〜新ラテンアメリカ映画の回顧〜 ゲスト:ガルシア・マルケス(作家)など
    • 上映作品
      • 「コインを!」(監督:フェルナンド・ビッリ)
      • 「洪水地帯の人々」(監督:フェルナンド・ビッリ)
      • 「リオ40度」(監督:ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス)
      • 「煉瓦労働者」(監督:マルタ・ロドリゲス他)
      • 「エル・メガノ」(監督:フリオ・ガルシア他)
      • 「人民の勇気」(監督:ホルヘ・サンヒネス)
      •  「リード:反乱するメキシコ」(監督:ポール・レデュク)

1991年[編集]

  • 4月 「ソビエト女性映画人週間'91」
    • 上映作品
      • 「無気力症シンドローム」(監督:キーラ・ムラートワ)
      • 「観察者」(監督:アルヴァ・イーホ)
      • 「少年たち『カラマーゾフの兄弟』より」(監督:レニータ・グリゴリエワ)
      • 「カプチーノ街から来た人」(監督:アーラ・スーリコワ)
      • 「自画像の描かない画家」(監督:アリアンナ・タヴログ)
      • 「シンデレラへの道」(監督:タチアナ・ユーリナ)
      • 「あなたは舞踏会へ行きますか?」(監督:ナジェーシダ・フヴォーロワ)
      • 「糸」(監督:イリーナ・マルゴリーナ)
    ゲスト:アーラ・スーリコワ(監督)、キーラ・ムーラトワ(監督)など

1993年[編集]

その他[編集]

  • イベリア・イベロアメリカ映画の特集上映として「ラテンアメリカ映画の秋`92」等を開催。閉館後はキネカ大森にて後続企画「イベロアメリカ・シネフェスタ`94、`96」が開催される。
  • ソビエト映画専門館リニューアル以降、エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)の月例会の会場となり、髙野悦子高畑勲堤清二山田洋次淀川長治、などの講演やソビエト映画の上映が行われていた。

脚注[編集]

  1. ^ 現、楽天地ビル別館
  2. ^ 西武美術館が開催した「芸術と革命展」(1982年)、シネ・ヴィヴァン・六本木を会場とした「鶴は翔んでゆく」のリバルバル上映(1985年)などがこの一環。
  3. ^ ロシア語を元にした“小さな映画”という意味の造語。

関連項目[編集]