キバシリ上科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
キバシリ上科
ミソサザイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : キバシリ上科 Certhioidea
シノニム
Sittoidea

キバシリ上科(キバシリじょうか、学名 Certhiidae)は、鳥類スズメ目の上科である。

系統と分類

系統樹は Johansson et al. (2008)[1]より。ただしカベバシリ科はサンプリングされていない。

広義のヒタキ上科
キバシリ上科



ミソサザイ科 Troglodytidae



ブユムシクイ科 Polioptilidae





ゴジュウカラ科 Sittidae



カベバシリ科 Tichodromidae



ホシキバシリ Salpornis





キバシリ科 Certhiidae




ヒタキ上科 Muscicapoidea



キバシリ上科はヒタキ上科姉妹群であり[1]、ヒタキ上科に含める説もある[2]

キバシリ上科は5科に分類される。ただしカベバシリ科はゴジュウカラ科に含める説もある。キバシリ科はおそらく多系統で、ホシキバシリが別系統となっている[1]

キバシリ上科は Sibley & Ahlquist (1990) が認めたスズメ小目の3上科にはなく、ウグイス上科に含められていた。現在のキバシリ上科はウグイス上科の基底で分岐したとされていた[3]。彼らはその群をヒタキ科(ブユムシクイ科・ミソサザイ科を含む)とゴジュウカラ科(カベバシリ科を含む)に分けたが、この科分類は系統的ではない。Cracraft (2004) によりウグイス上科からキバシリ上科が分離された。

科と属

国際鳥類学会議 (IOC)[4]による。

出典

  1. ^ a b c Johansson, Ulf S.; Fjeldså, Jon; Bowie, Rauri C. K. (2008), “Phylogenetic relationships within Passerida (Aves: Passeriformes): A review and a new molecular phylogeny based on three nuclear intron markers”, Molecular Phylogenetics and Evolution 48: 858?876, http://www.nrm.se/download/18.7d9d550411abf68c801800015111/Johansson+et+al+Passerida+2008.pdf 
  2. ^ Cracraft, J.; Baker, F.K. (2009), “Passerine birds (Passeriformes)”, in Hedges, S.B.; Kumar, S., The Timetree of Life, Oxford University Press, ISBN 978-0199535033 
  3. ^ Sibley, C.G.; Ahlquist, J.E.; Monroe Jr., B.L. (1988), “A classification of the living birds of the world based on DNA-DNA hybridization studies”, Auk 105 (3): 409–423, http://elibrary.unm.edu/sora/Auk/v105n03/p0409-p0423.pdf 
  4. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Sugarbirds, starlings, thrushes”, IOC World Bird Names version=version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-sugarbirds.html 

今日は何の日(8月18日

もっと見る