キフジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キフジャパン
KIF.png
正式名称 キフジャパン
英語名称 Koyamada International Foundation Japan
略称 KIF Japan
日本キフ
日本KIF
組織形態 非営利団体
本部所在地 日本の旗 日本
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-16-7 アスカビル 4F
人数 90名(平成26年ボランティアスタッフ)
理事長 小山田真
目的 世界平和、相互理解、持続可能な開発を促進するために、人道援助を提供し、グラスルーツで市民交流の国際関係を強化し、世界の青年と女性の才能を最大限に引き出すことによって、人々の生活の質を向上させること。
活動内容 青年リーダーシップ事業
女性エンパワメント事業
災害救済支援
SDGs支援事業
民間国際交流支援事業
貧困・ホームレス支援事業
活動領域 日本
設立年月日 2011年1月
設立者 小山田真
ニア・ライト
関連団体 国際キフ(国際本部)
拠点 北海道地区
東北地区
関東地区
中部地区
近畿地区
中国地区
四国地区
九州地区
沖縄地区
ウェブサイト http://kifj.jp
テンプレートを表示

キフジャパン(きふじゃぱん、: Koyamada International Foundation, Japan/KIF JAPAN、略称:日本KIF、キフ)は、日本非営利団体小山田真とニア・ライトが共同設立。2011年1月に、本部を東京都中央区日本橋に設立。国際キフ加盟。

目的は、世界平和、相互理解、持続可能な開発を促進するために、人道援助を提供し、グラスルーツで市民交流の国際関係を強化し、世界の青年と女性の才能を最大限に引き出すことによって、人々の生活の質を向上させること。

概要[編集]

2011年1月に小山田真とニア・ライトは、アメリカ合衆国非営利公益法人国際キフ加盟団体として、キフジャパンを東京都中央区日本橋に設置。

2011年3月11日の東日本大震災の時に、ロサンゼルスに拠点を置く非営利公益法人国際キフ南カリフォルニア付近で日系人アメリカ人から寄付やファドレイジングなどで集めた義援金や支援物資を被災地に提供する[1][2]。この支援がきっかけとなり、正式に機構が発足される。また発足時に、数名の地元の青年達と共にキフが岡山県福岡県に拠点を設置する。

2012年3月に、駐日アメリカ合衆国大使館駐大阪・神戸米国総領事館在福岡アメリカ領事館在沖縄アメリカ総領事館主催の小山田真講演会「アメリカンドリームを追いかけて」で東京、大阪、福岡、沖縄をまわり、1000名近くの青年を対象に講演する[3][4][5][6][7][8]。これがきっかけで、継続的、定期的に青年を対象にしたグローバル人材育成事業を実施するため数名の地元の青年達と共にキフが宮城県大阪府宮崎県鹿児島県沖縄県に拠点が設置される。同年10月に小山田真が京都国際観光大使に任命され、これがきっかけとなり同じくキフが京都府に拠点を設置[9]

略歴[編集]

活動内容[編集]

活動プログラムは、青年リーダーシップ事業、女性エンパワメント事業、災害救済支援、SDGs支援事業、市民国際交流支援事業、貧困・ホームレス支援事業の6事業に分かれている。

民間国際交流支援事業[編集]

国境を越えた市民交流や国際理解の推進や国際的に地方活性化を促進する為、駐日外国公館在日外国人、訪日外国人と一緒に民間国際交流イベントを実施。

グラスルーツ国際交流[編集]

駐日外国公館と共催で、地方を中心に在日外国人や現地の日本人50名〜100名前後を対象に、両国間との友好関係や異文化との人的交流を深める機会を増やす為、グラスルーツ国際交流イベントを開催。該当国の外交官や在日外国人と直接交流し、ネイティブの外国語や食事、エンターテイメントを通じて国際交流。

  • アメリカ総領事館と共催で、地方へ総領事及び総領事館関係者を招待し、地元ホテルで「アメリカン・ナイト」を開催。[10][11]
  • イタリア大使館・総領事館と共催で、地方へ総領事及び総領事館関係者を招待し、地元ホテルで「イタリアン・ナイト」を開催。
  • コロンビア大使館と共催で、東京の当大使公邸にて大使及び館関係者を招待し、「コロンビアン・ナイト」を開催。

姉妹都市国際交流[編集]

国境を越えた市民交流や国際理解の推進の為、海外の都市と姉妹都市提携を結ぶ地方公共団体が実施する市民レベルでの草の根国際交流事業(文化教育経済医療震災行政等)の支援。

  • 140各国と2,000件以上の姉妹提携を結ぶ全米自治体500件以上が加盟する全米国際姉妹都市協会(Sister Cities International)と日本で連携し、日米両国間の姉妹都市イベントの開催。

インバウンド国際交流[編集]

外国人観光客を対象に、地域の魅力を現地の方達たちと体験する人的国際交流支援を目的。

  • 全米日本語コンテスト「ジャパンボウル」で優勝したアメリカ人高校生を4名岡山県へ招待し、岡山県の観光名物でもある備前焼の体験作り、閑谷学校での座禅組み、葡萄狩り等を通じて地元の県民と一緒に国際交流。

青年リーダーシップ事業[編集]

次世代若者たちがグローバル社会でより一層活躍するため、国際的に活躍している日本人及び外国人を招き、地方で講演会を実施。具体的には、講演会、留学セミナー、英語教育支援を行なっている。

国際講演会[編集]

主に高等学校大学生、一般客を対象に講師を招き、高等学校大学を中心とした会場で講演会を開催。

留学セミナー[編集]

短期、長期留学に興味のある中学生や高校生を中心に在日外国公館や関連機関のアドバイザーや担当者を招き、説明会や質疑応答の場を実施。

  • 以前に岡山県立図書館で在神戸・大阪アメリカ総領事館のEducationUSAアドバイザーを招き、アメリカ合衆国留学に興味のある80名前後の学生を対象に具体的な説明会や直接アドバイザーに個人的に質疑応答できる場を設けている[15]。また同じように無料で、総領事館アドバイザーを招き、宮崎公立大学鹿児島県天文館で留学説明会を実施[16][17]

スピーチコンテスト[編集]

中学生高校生大学生を対象にした英語スピーチコンテストの開催支援。観客や人前で英語を話す習慣を養い、実用的な英語レベルを総合的にあげていく事を目的。

女性エンパワメント事業[編集]

女性が夢を追うことができ、社会的生活を改善するため、女性に対するあらゆる形態の差別と暴力を撤廃し、女性の権利を促進し、擁護支援。

女性リーダーシップ講演[編集]

地方公共団体や教育機関と連携して主に女性を対象にした女性リーダーシップ講演会等を実施。

  • 鹿児島市にて、当市と共催で現地の女性関係者約300名の出席のもと、国際キフのニア・ライト事務総長がジェンダー平等や女性リーダーシップ等について講演。
  • 京都外国語大学にて、1000名以上の観客が集まったアジア最大のTEDxのカンファレンス「TEDx京都」のスピーカーとして、ニア・ライト事務総長が出演し、グローバル人材育成や女性エンパワメント等を講演。
  • 立命館大学にて、当大学生を対象にニア・ライト事務総長が、過去の経験話を踏まえて女性リーダーシップ等の講演会を実施。

災害救済支援[編集]

日本国内外の機関や団体と連携を行い大震災時にボランティア派遣、支援物資や義援金などを集め被災地支援を実施。

2011年東日本大震災[編集]

2011年(平成23年)3月11日に東日本大震災発生時、国際キフと連携してアメリカのNPO、大学、個人などからの義援金を12万米ドル集め、被災県に全額寄付援助。また厚生労働省、日本総領事館ロサンゼルスと連携し、アメリカ現地の方達から提供された様々な支援物資を20フィートのコンテナに集め被災地に直送している。その継続的な支援のため、福島県佐藤雄平知事や宮城県村井嘉浩知事から当機構に英語の感謝状が送られている。2013年と2014年に、ハリウッドスターのディラン&コール・スプラウスを被災地に招き、被災者と交流し被災地を視察している。

2018年西日本豪雨[編集]

2018年7月に、西日本にて河川の氾濫や堤防の決壊による浸水土砂災害が相次ぎ、岡山県では全半壊・浸水家屋の数は19日時点で少なくとも14,000棟。倉敷市真備町では7日朝までに小田川と支流の高馬川などの堤防が決壊し、広範囲が冠水。日米のキフで連携し、義援金や支援物資を被災者に提供。パートナー団体である全米国際姉妹都市協会とアメリカで連携し、加盟する全米自治体に情報配信。

SDGs支援事業[編集]

2015年9月の国連総会で採択された17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(SDGs/Sustainable Development Goals)を支援。

ジェンダー平等[編集]

SDGsの開発目標5番目の「ジェンダー平等」を推進する為、国内で支援。

  • 2019年に金沢市で開催された国際青年会議所(JCI)、日本青年会議所、金沢青年会議所主催「金沢会議」にて、小山田理事長がキフジャパンの過去の取り込みをプレゼンしジェンダー平等について講演。

グローバル・パートナーシップ[編集]

SDGsの開発目標17番目の「グローバル・パートナーシップ」を推進する為、国際キフが国際NGOとグローバルパートナーを提携し、キフジャパンは国内でそれを支援。

貧困・ホームレス支援事業[編集]

発展途上国の貧困問題と国内外のホームレス問題を解決支援する為、国内外の関係機関と連携し、貧困・ホームレス問題に関する認知向上や対策支援。

主な支援団体[編集]

省庁

駐日外国公館

地方公共団体

大学

企業

団体

など

脚注[編集]

  1. ^ @林原美術館ー武士のダンディズム
  2. ^ @神奈川新聞ー在米邦人の善意満載、貿易商兄弟が橋渡しし救援物資を無償で輸送/横浜
  3. ^ @駐日アメリカ合衆国大使館CONNECTUSAーアメリカ大使館主催:「先輩が学生に伝えたい"アメリカの今":アメリカンドリームへの道」 Archived 2012年7月7日, at Archive.is
  4. ^ @在福岡アメリカ領事館ー俳優 小山田真、留学を通してアメリカン・ドリームをつかむ
  5. ^ @宮崎公立大学ー国際交流本学でアメリカンセンターによる春休みイベントが開催されました!
  6. ^ @映画.COMーハリウッド俳優・小山田真、沖縄で人生設計の重要性を説く
  7. ^ @在福岡アメリカ領事館ー俳優 小山田真、留学を通してアメリカン・ドリームをつかむ
  8. ^ @在福岡アメリカ領事館ー「ハリウッド・ナイト」にてTOMODACHIへ180万円を越える寄付金
  9. ^ @京都市 京都おもてなし情報館
  10. ^ @鹿児島県観光サイト:KAGOSHIMA International Exchange Day 鹿児島国際交流ディ
  11. ^ @BlendBoard: 鹿児島日米協会 The Japan-America Society of Kagoshima
  12. ^ @鹿児島市国際交流財団 ディズニーチャンネルスター そして国際交流活動
  13. ^ @日米ディスカバリーツアーのお知らせ
  14. ^ @岡山大学 オーストラリア大使講演会
  15. ^ @岡山県立図書館:「アメリカ留学セミナー~アメリカン・ドリーム実現の第一歩~」
  16. ^ @宮崎公立大学:本学でアメリカンセンターによる春休みイベントが開催されました
  17. ^ @在福岡米国総領事館:アメリカン・ドリームを追いかけて ~In Pursuit of the American Dream~
  18. ^ @京都外国語大学 大学プレスセンター 英語スピーチコンテスト

関連項目[編集]