キム・サネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キム・サネ
KIM Sa-Nee
基本情報
国籍 大韓民国
生年月日 1981年6月21日(27歳)
ラテン文字 KIM Sa-Nee
ハングル 김사니
身長 180cm
体重 72kg
選手情報
所属 韓国の旗 KT&Gアリエールズ
ポジション S
最高
到達点
スパイク 302cm
ブロック 292cm

■テンプレートの解説

キム・サネ(サニ)김사니1981年6月21日 - )は、韓国バレーボール選手。韓国代表キャプテンを2006年から務めている。

目次

人物

  • 身長180cmの左利きの長身セッターで若いながら代表チームのキャプテンを務め経験は豊富。
  • スピードが勝負の韓国バレーの中核を担い、レフトに上げると見せかけて瞬時にライトに持っていくトスが特徴。ほかにもツーアタックトスフェイントを得意技としている。
  • 2007年は元々代表キャプテンでセッターだった選手の怪我によりピンチヒッターとして韓国代表のキャプテンとしてワールドカップに来日、奇抜なファッションでいつも日本のバレーファンを驚かせる。
  • 2006年の代表の時は韓国国内から「伝統のある韓国代表でありながら茶髪にピアスそして腕にドクロのタトゥーをするとは、代表をなめている、だから韓国女子は弱いんだ」とバッシングを受けた。
  • 2008年5月北京オリンピック世界最終予選ではキャプテンとしてチームをまとめた、主力が次々に怪我や手術で辞退する中でインタビューで「計り知れないプレッシャーがあった」と語った。タイとのアジアライバル対決では死闘の末に勝利を掴み取った際「団結すれば何でもできる!」と苦しかった胸の内を明かし号泣した。

球歴

所属チーム

今日は何の日(1月18日

もっと見る

「キム・サネ」のQ&A