キム・ウンソン&キム・ソギョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・ウンソン & キム・ソギョン・KIM Eun-Sung & KIM Seo-kyung
生誕 大韓民国
大韓民国の旗 韓国
国籍 大韓民国の旗 韓国
著名な実績 現代美術家
代表作 『平和の少女像』
運動・動向 民衆美術運動
活動期間 1988 〜

キム・ウンソン & キム・ソギョン大韓民国で生まれ育った民衆美術運動の彫刻家の夫妻。キム・ウンソン(きむうんそん: 김운성、金運成英語: KIM Eun-Sung)は1964年春川市(チュンチョン)生まれ、キム・ソギョン(きむそぎょん: 김서경、金龧炅英語: KIM Seo-kyung)は、1965年ソウル生まれ。2人は中央(チュンアン)大学校の1984年度入学生として出会い、卒業後の1989年に結婚してからは、多くの社会活動的な彫刻作品を共作している[1]。代表作に「平和の少女像」がある。

生涯 [編集]

キム・ソギョン(妻)[編集]

キム・ソギョンは、1984年に中央大学彫塑科の第1期で入学し、1988年に卒業[2]。学生時代から社会運動に熱心に取り組み、1980年代の民衆美術の作家として当時学生会長だったキム・ウンソンと活動を共にし、卒業後の1989年に夫キム・ウンソンと結婚[3]。結婚後に始めた美術学院(私塾)を3年で閉じた後、キム・ソギョンが制作する作品は売れ、夫婦は1997年までは作品の販売だけで活動していた[4]

キム・ソギョンは大学時代から、社会活動的な作品を作っており、運動圏(市民主導の活動、対して政府主導の「制度圏」がある)の歌の本のイラストを描いており、また旧日本軍の慰安婦問題をテーマにした「少女の夢」という連作もある[5]在大韓民国日本国大使館前にある「平和の少女像」の基本構想やモデル制作はキム・ソギョンによって制作された[6]。大学時代から社会的な作品を多く制作しているにも関わらず、「平和の少女像だけが注目されて恥ずかしい」と語っている[7]

キム・ウンソン(夫)[編集]

キム・ウンソンは、1984年に中央大学彫塑科の第1期で入学し、1988年に卒業。在学中は学生会長を務めたが、学生闘争中の大学や社会情勢の中で、キム・ソギョンがその活動を「会長の下で熱心にサポートし」、2人は運動圏の民衆芸術作家として活動をはじめた[8]。大学卒業後の1989年に妻キム・ソギョンと結婚。結婚後は生計を安定させるために夫婦で美術学院(私塾)を運営したが、美術や教育の現行の制度に疑問を持つようになり、自分たちのすることではないと3年間で終了した。少女像の制作において、キム・ウンソンは設置場所の交渉や社会的意義を広めるため広報活動などを担当している[9]。キム・ウンソンは彫刻の他にも行為芸術(パフォーマンス・アート)、舞台監督など幅広い芸術活動を行なっている[10]

作風 [編集]

民衆美術[編集]

キム・ウンソン&キム・ソギョンは、1960年代の韓国における民主化運動から生まれた「民衆美術(ミンジュン・アート)」の流れに位置する芸術家である[11]

韓国の近現代美術は政治的圧力を抜きには語れないといってよい。とりわけ民衆美術は、韓国現代史の支配体制の変化に対する大衆の抵抗運動と密接な関係[12]」にあると朝鮮美術文化研究の古川美佳は著書「韓国の民衆美術」に記している。「民衆美術」とは、1960年代から1970年代の韓国の軍事独裁政権への抵抗運動として始まった政府への抵抗芸術である[13]韓国民主化運動が勝ち取らねばならない「市民権利」とは、南北に別れた「民族の正当性」と、日本帝国主義と解放後の「階級の問題」とである[14]

民主化運動では、親日独裁政権や欧米化に反対するために民族主義的な文化復興が強く求められ、抵抗運動では伝統芸術の原理価値への検証がされた。それが植民地時代以来の伝統的民衆による芸術が再評価されることに繋がった[15][16]デモ集会では芸術表現として、朝鮮民俗ノリ(遊び)、シャーマニズム的なムーダン(巫堂)、視覚に訴える扇動宣伝が現れ、大衆オペラ的な仮面劇、マダン劇、農楽などと共にデモの場を盛り上げていった[17][18] 。しかし民衆美術が伝統的な美術の復権を狙ったものだとしても、工芸と違って美術の伝統はもとの形式をそのまま保持することはできず再文脈化されるか新たな形で作り直される[19]。キム・ウンソン&キム・ソギョンの彫刻作品は、この扇動宣伝の流れにあたるといって良いだろう。

韓国美術全般が支配体制の変化と密接な関係があったとしても「政治主義(文化道具主義)」と「文化主義(芸術至上主義)」についての論争は絶えずある。伝統美術と強い結びつきをもっていた民衆美術はエリート文化からマージナルなものとみなされ、また美術批評家からは、政治的なイデオロギー社会主義的リアリズムのイラストに過ぎず、芸術的精神が欠如していると非難された[20]

1990年代になると東欧社会主義が崩壊し、韓国は金泳三大統領によって「世界化(グローバル化)」が唱えられる中で、1995年には国際展でもある第1回光州ビエンナーレが開催された[21]。政治やアートでグローバル化が進む中、韓国の国立近代美術館ではキム・ウンソンとキム・ソギョンも参加した「民衆美術15年:1980-1994」展が1994年に開催されたが、一方で国立の美術館で展示が企画されることは、民衆運動として低迷しているとの見方もある[22]

ソーシャリー・エンゲイジド・アート[編集]

キム・ウンソン&キム・ソギョンの制作した「平和の少女像」について、元Art Asia Pacific誌副編集長のアンドリュー・マークルは現代美術雑誌「frieze」web版にて、平和の少女像を含む展示が閉鎖に追い込まれることによって日本の右派政治による単一の資本主義的な問題が呈され結果的に展覧会の強度が増している、と述べている[23]。また元ジャーナリストタチョ・ベネットバルセロナに開館予定の「Freedom museum(自由の博物館)」に展示するために、アイ・ウェイウェイやデイビット・ウォジナロビッチらの作品と共に平和の少女像を購入している[24][25]。こういった経緯からするとキム・ウンソン&キム・ソギョンのような制作活動は、西洋圏での認知は1970年代に出現したコンセプチュアルなプロセス・アートの様式に属し、なおかつ社会的相互行為(ソーシャル・インタラクション)なしに成立しないものであるソーシャリー・エンゲイジド・アートであると見られる[26]

芸術一般は寓話的・象徴的・隠喩的に「表現する行為」でのレベルで制作されるものであるが、ソーシャリー・エンゲイジド・アートは、寓話的・象徴的・隠喩的に表現していても現実的な公共圏に影響を与えるようなコンセプチュアルな行為を含むものである[27]。社会的相互行為に基づく芸術は、理論家ニコラ・ブリオーが発表した「関係性の美学」に代表されるような「リレーショナル・アート」のような運動形態であるが、関係性の美学以降に現れたシンポジウム展覧会では、語として「ソーシャル・プラクティス」が目立つようになり「美的価値をもって芸術作品を制作すること」との明確な関連性を絶ってしまっている[28]。このようなアートからアートを排除するようなソーシャル・プラクティスでは、アーティストは社会活動家社会学者との区別が曖昧になるが、ソーシャリー・エンゲイジド・アートは曖昧な区別の中にいるのではなく、芸術として認められながらも、伝統的な芸術と社会や政治の間のある種の居心地悪い立場に位置している[29]。その居心地の悪さからソーシャリー・エンゲイジド・アートはアートマーケットに挑戦し、お決まりのアマチュアの社会学者や活動家だというような非難にも対峙する多くの機会を得ている[30]

日本のアートシーンにおいての作品の受容[編集]

戦争画に代表されるような「プロパガンダ芸術」という言葉があるように、芸術はプロパガンダになりえるがプロパガンダ自体は芸術ではない[31]。しかしながら2019年に愛知県で開催された国際展「あいちトリエンナーレ2019」で出品された「平和の少女像」は、政権に抵抗する民主化運動の民衆芸術作家が作っているにも関わらず、戦時下における女性人権の問題という主題は忘れ去られ、日本においては与党の自民党の保守系議員でつくる「日本の尊厳と国益を護る会」や、経済評論家の池田信夫らから「韓国政府の政治的なプロパガンダ」と認知され、新世紀エヴァンゲリオンなどで知られるアニメーター貞本義行からは「キッタネー少女像<中略>現代アートに求められる面白さ!美しさ!驚き!心地よさ!知的刺激性が皆無で低俗なウンザリしかない」と批判され、市民から「大至急撤去しろや、さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」と展覧会へ脅迫のファックスを送られるなど物議を呼んだ[32][33][34][35][36]

作品が引き起こす議論について、多くの場合のコンテンポラリー・アートのシーンでは議論が引き起こされた「事実」が強調され、会話の構造や内容、何がもたらされた(もたらした)かを示さず、公開イベントの多くは美術雑誌などで通じているテーマを論じている[37]。それは、おそらくミシェル・フーコージャック・デリダなどのフランスポストモダン哲学者たちが考える対話自体の欠落、つまり対話は権力構造やロゴズ中心主義によって制限されるのでコミュニケーションの方法として欠落があるという思想の影響からであるが、ひるがえって具体的な議論を引き起こす作品や状況を忌避するきらいもある[38]

フランスのポストモダン哲学の思想が色濃い日本のコンテンポラリー・アート業界でもこのような「広いテーマ」を論じるような流れからか、あいちトリエンナーレ2019での平和の少女像を含む展覧会が右派の政治家や一般市民からの圧力による閉鎖後に、アーティストの加藤翼と毒山凡太朗から「サナトリウム」というニュートラルな対話の場所が2019年8月25日に設けられた[39]。加藤らはサナトリウムを「アーティスト主導で公-パブリックに対し連帯を訴えかけていくためのプラットホーム」と定義し、8月25日の公開イベントに差別団体も受け入れた対話の場を開いている[40]。一方で平和の少女像の制作者であるキム・ウンソン、キム・ソギョンを対話の場に招いたのは、一ヶ月以上経った2019年10月5日のことである。一連の対話の手法に対し、現実社会で差別に対抗している集団らはSNS上で「#Jアート」とスラングのハッシュタグをつけて非難している。

評価[編集]

ドイツでは、平和の少女像は日本政府に対する政治的なプロパガンダではなく「戦争で性被害に遭う女性のシンボル」として認知されている[41]。 日本では造形作家の岡﨑乾二郎が、「死者との対話」という観点から古代ギリシャの油壷レキュトス平和の少女像を比較し、平和の少女像は「日常の時間と空間を超えた外へと、わたしたちを連れ出してくれる開かれた構造を構成している」と見ている[42]

作品 [編集]

  • 1993年2月、MBCの政治ドラマ「第3共和国」のオープニングでミニチュアの彫刻作品群が使われている。なおテロップにはキム・ウンソンの名のみだがキム・ウンソン、キム・ソギョンの共作である[43]
  • 1994年、日清戦争につながる井邑市 古阜、緑豆(ノクト)記念館前庭、無名東学農民慰霊塔
  • 中央大学校、李來昌(이내창)追悼モニュメント
  • ソウル教育大学校、パク・ソニョン(박선영)追悼モニュメント
  • 東ティモール派遣兵士記念碑
  • ソウル西大門刑務所、独立運動家記念モニュメント
  • 2000年、民族詩人の蔡光錫(채광석)を讃える追悼モニュメント、安眠島、国立レクリエーション
  • 2001年、民族詩人の朴鳳宇(박봉우)を讃える追悼モニュメント、臨津江(イムジンガン)駅
  • 2009年、「電車と遅刻生」、ソウル歴史博物館 、息子のケボ(경보)と3人の共作[44]
  • 2011年、「平和の少女像」、(水曜デモ1000回記念)設置-日本大使館正門の前
  • 2012年、ミソン(미선)とヒョスン(효순)追悼モニュメント(議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件
  • 2013年、ソウル市、城東区、韓国独立党党首、金九(김구)記念モニュメント
  • 2013年、天安、歴史学者の李海南追悼モニュメント
  • 2014年、ソウル、江西区、李氏朝鮮時代の医者、許浚(허준)像
  • 2014年、華城市、梅松(メソン)小学校、韓国の独立運動家の趙文紀(조문기)記念モニュメント

企画展[編集]

参考文献[編集]

  • 古川 美佳『韓国の民衆美術――抵抗の美学と思想』岩波書店、2018年4月20日、288ページ。ISBN 4000612492。
  • 金 英那, 神林 恒道 (翻訳)『韓国近代美術の百年』三元社、2011年8月1日、364ページ。ISBN 488303285X。
  • パブロ・エルゲラ, アート&ソサイエティ研究センター SEA研究会 (翻訳)『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門 アートが社会と深く関わるための10のポイント』フィルムアート社、2015年3月23日、195ページ。ISBN 4845914506。
  • Nicolas Bourriaud (1998). Esthétique relationnelle. Presses du Réel. pp. 128 pages. 

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SENIOR news ”. 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ 参与連帯 ”. 2019年10月6日閲覧。
  3. ^ 京郷新聞 ”. 2019年10月6日閲覧。
  4. ^ 参与連帯 ”. 2019年10月6日閲覧。
  5. ^ SENIOR news ”. 2019年10月6日閲覧。
  6. ^ 参与連帯 ”. 2019年10月6日閲覧。
  7. ^ SENIOR news ”. 2019年10月6日閲覧。
  8. ^ 京郷新聞 ”. 2019年10月6日閲覧。
  9. ^ 済州の声 ”. 2019年10月6日閲覧。
  10. ^ 朝鮮日報 topclass ”. 2019年10月6日閲覧。
  11. ^ 東京新聞”. 2019年10月2日閲覧。
  12. ^ 古川│p=2
  13. ^ 古川│p=1
  14. ^ 古川│p=110
  15. ^ 古川│p=7
  16. ^ 金 │二つの伝統│p=265
  17. ^ 古川│p=142-156
  18. ^ 金 │二つの伝統│p=272
  19. ^ 金 │二つの伝統│p=263
  20. ^ 金 │二つの伝統│p=276
  21. ^ アートスケープ”. 2019年10月6日閲覧。
  22. ^ 金 │二つの伝統│p=281
  23. ^ frieze│The Threat to Freedom of Expression in Japan”. 2019年10月6日閲覧。
  24. ^ ロイター通信社│Statue of 'comfort women' pulled from Japan exhibit finds new home”. 2019年10月6日閲覧。
  25. ^ artnet│A Sculpture That Was Censored From Japan’s Aichi Triennale Will Become a Centerpiece of a New Museum for Banned Art”. 2019年10月6日閲覧。
  26. ^ パブロ│定義 p=30
  27. ^ パブロ│定義 p=37
  28. ^ パブロ│定義 p=31
  29. ^ パブロ│定義 p=33
  30. ^ パブロ│定義 p=34
  31. ^ アートスケープ”. 2019年10月6日閲覧。
  32. ^ 時事通信社、少女像展示は「プロパガンダ」=自民有志”. 2019年10月3日閲覧。
  33. ^ アゴラ、慰安婦像は「表現の自由」の問題ではない”. 2019年10月6日閲覧。
  34. ^ 産経新聞、「慰安婦像」展示の企画展中止、公的イベントで適切だったか”. 2019年10月6日閲覧。
  35. ^ 朝日新聞、表現の不自由展に脅迫ファクス送った疑い、会社員を逮捕”. 2019年10月6日閲覧。
  36. ^ BUZZAP!”. 2019年10月6日閲覧。
  37. ^ パブロ│会話 p=94
  38. ^ パブロ│会話 p=96
  39. ^ 美術手帖、「すべき」よりもニュートラルな対話の場を。加藤翼らの「サナトリウム」が目指すものとは?”. 2019年10月6日閲覧。
  40. ^ 美術手帖 、「表現の不自由展」展示中止を受け新たな動き。加藤翼、毒山凡太朗がアーティスト・ラン・スペース「サナトリウム」を開設”. 2019年10月6日閲覧。
  41. ^ 朝日新聞GLOBE、終戦記念日に「少女像」について考える”. 2019年10月3日閲覧。
  42. ^ ちくまWEB、聴こえない旋律を聴く”. 2019年10月3日閲覧。
  43. ^ Korean Art 21 ”. 2019年10月6日閲覧。
  44. ^ ソウル歴史博物館  ”. 2019年10月6日閲覧。
  45. ^ 韓国国立現代美術館 ”. 2019年10月6日閲覧。