キム・ヒジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・ヒジン
Kim Hee-Jin
 No.4
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1991-04-29) 1991年4月29日(27歳)
出身地 釜山広域市
ラテン文字 Kim Hee-Jin
身長 185cm
体重 77kg
血液型 B型
選手情報
所属 IBK企業銀行アルトス
ポジション MB
利き手
スパイク 288cm
ブロック 283cm
 
獲得メダル
大韓民国の旗 韓国
アジア選手権
2011 台北
2013 ナコンラチャシマ
2015 天津
2017 ビニャン
テンプレートを表示

キム・ヒジン(ハングル:김희진、ラテン翻記: Kim Hee-Jin、女性、1991年4月29日 - )は、韓国バレーボール選手。韓国代表

来歴[編集]

釜山広域市出身。小学時代は走高跳の選手として活躍した。ソウル特別市の中学校に進学し、バレーボールを始める。2007年にはユース代表に選出されている。どのポジションもこなすオールラウンダーで高校時代にはヨンギョン2世の逸材と謳われた。2009年のFIVBワールドグランプリで代表デビューし、同年のグラチャンバレー2009にも出場した。

2010年に韓国Vリーグ6番目のチームであるIBK企業銀行アルトスが創設されると、優先ドラフトの指名を受け同チームに入団した。

2012年5月のロンドンオリンピック世界最終予選兼アジア予選で、韓国代表に抜擢された。5月23日の日本戦で不調のファン・ヨンジュに代わりコートに立ち、22連敗中[1]であった日本戦勝利の立役者となった[2]。続くオリンピック本戦でも32年ぶりとなるベスト4進出に大きく貢献した。

国内の2012-13年シーズンでは、アレシア・リキューリック(ウクライナ出身)とともにチームを牽引し、アルトス創部2年目にして初優勝の栄誉に浴した。

2013年9月アジア選手権の3位決定戦の中国戦勝利に貢献し、銅メダルを獲得した。2014年9月のアジア競技大会で金メダルを獲得した。2015年ワールドカップ2016年リオ五輪では主力として活躍した。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中央日報. “<五輪>韓国女子バレー、36年ぶりのメダル獲得ならず”. 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ 2012年ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選. “日本の試合結果”. 2013年9月15日閲覧。[リンク切れ]

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 2013年10月号 96ページ