キム・ボルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・ボルム
キム・ボルム
2013年世界距離別選手権にて。
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
所属 江原道庁
誕生日 (1993-02-06) 1993年2月6日(25歳)
出身地 大韓民国の旗大邱
 
獲得メダル
女子スピードスケート
オリンピック
2018 平昌 マススタート
世界距離別選手権
2016 コロムナ マススタート
2017 江陵 マススタート
2013 ソチ マススタート
アジア冬季競技大会
2017 札幌 5000m
2011 アスタナ/アルマトイ 3000m
2017 札幌 チームパシュート
2017 札幌 マススタート
キム・ボルム
各種表記
ハングル 김보름
漢字 金보름
発音: キムボルム
ローマ字 Kim Bo-reum
テンプレートを表示

キム・ボルム(김보름、金보름[注釈 1]1993年2月6日 - )は、韓国スピードスケート選手。「ポルム」とは韓国語固有語旧暦15日の意味である(誕生日の1993年2月6日は当年度の小正月に当たる日であるため)。

経歴[編集]

大邱広域市出身。元々はショートトラックの選手であったが、浄化女子高等学校朝鮮語版在学中の2010年にスピードスケートへ転向。同年より韓国代表に選出され、2011年アジア冬季競技大会の3000mにて銀メダルを獲得。2012年に帯広で開催された世界ジュニアスピードスケート選手権大会では総合3位、チームパシュートでは優勝するなど活躍し、韓国体育大学校へ進学する。2014年ソチオリンピックでは女子1500m、女子3000m、チームパシュートに出場。女子1500mでは21位、女子3000mでは13位、チームパシュートは8位という成績であった[1]

一方、マススタートではショートトラック選手だった強みを生かし、世界距離別スピードスケート選手権では2016年コロムナ大会で金メダルを獲得したのをはじめ、ISUスピードスケート・ワールドカップ2016/2017年シーズンで1位となり、冬季オリンピックの正式種目となる2018年平昌オリンピックでは金メダル候補となった[2]

地元開催となった平昌オリンピックでは女子3000m、チームパシュート、マススタートに出場。女子3000mでは18位、チームパシュートは8位であったが、得意のマススタートでは終始髙木菜那日本)についていき、最後はイレーネ・スハウテンオランダ語版オランダ)との競り合いに勝ち銀メダルを獲得している。

2018年2月時点で女子3000メートル、女子5000メートルの韓国記録保持者である[3]

人物[編集]

金髪がトレードマークで、韓国内では「スピードスケート界の妖精」、「氷上の女神」、「アイドル顔負けの美貌」と称されている[4]

小学校5年生の時から始めたショートトラックでは伸び悩んでいた中、高校2年生の時に開催された2010年バンクーバーオリンピックの男子10000mで金メダルを獲得した李承勲の活躍を見た影響が大きく、大学進学を決める前に転向を決心しているが、現在でもマススタートに備えてショートトラックで練習を行っている[5]。なお、李承勲も元々はショートトラックの選手であり(2009年にスピードスケートへ転向)、2018年平昌オリンピックの男子マススタートでは金メダルを獲得している。

平昌オリンピックでの騒動[編集]

2018年2月19日に江陵スピードスケート競技場(サイエンス・オーバル)朝鮮語版にて開催された平昌オリンピックチームパシュートの準々決勝(オランダ戦)にてキムは朴智玗盧善英と共に出場したが、最後は朴とともに盧を大きく引き離す状態でゴール[注釈 2]し、さらにゴール後盧がうなだれながら座り込んでボブ・デヨングコーチに慰められる中[6]、別の場所でインタビューを受け「団体追い抜きは最後にゴールした選手の記録が採用されるので、良い記録が出なかった」等と盧に責任がある発言をしたことで韓国国内の世論が紛糾し、韓国代表資格の剥奪を嘆願する署名が殺到[7]。さらに騒動はキムをスポンサードする企業にまで波及し、スポンサー企業の1つである韓国のアウトドアブランドは「(キムとは)2月で契約が切れるが、更新はしない」と言及する事態にまで発展した[6]。韓国国外のメディアも「『いじめ説』が韓国女子団体追い抜きで浮上した」(アメリカUSAトゥデイ[8]、「エリートスポーツで弱者を苦しめる気分の悪い話がテレビで中継された」(カナダグローブ・アンド・メール[8]、 「チームメートをいじめる選手2人の国家代表資格を剥奪しろという請願が35万人」(イギリスBBC[8]と報じている。

これを受け翌20日にキムは朴や監督と共に記者会見を開き、「競技を終えた後、時間が遅くて話す時間がなかった。宿所が違うので難しかった」「昨日、競技をした後、インタビューをした。インタビューをご覧になった多くの方が傷ついたようだ。本当に申し訳ない。すごく反省している」と述べ、会見中は涙を見せる場面もあった[9]

この騒動の要因として朝鮮日報は20日に「大韓氷上競技聯盟の手違いにより一度はチームパシュートの代表に選出された盧が出場できない事態[注釈 3]になり、盧はSNSで連盟を批判した。その後盧は出場可能になった[注釈 4]が歓迎されず膠着状態となった」と大韓氷上競技聯盟に原因があることを指摘し[6]中央日報もキムと監督が「前日にこのやり方を決めた」とした会見に対し盧は「まったく聞いていない」と意思疎通ができていなかったことを指摘している[10]

21日の7・8位決定戦では3人一緒にゴールしたが準々決勝より遅いタイムで最下位となり、レース後3人はインタビューに応じず会場を後にした[11]

上述の通り24日のマススタートに出場し、銀メダルを獲得したが試合後太極旗をリングに広げて観客席に向けて平伏する姿[注釈 5]を見せ、表彰式でも金メダルの髙木菜那、銅メダルのイレーネ・スハウテンが笑顔を見せる中一人硬い表情のままで笑顔はなかった[14]

オリンピック終了後、キムは度重なるバッシングを受けて不安障害となり、精神治療を求めて入院したことが報じられている[15]

成績[編集]

個人記録
女子スピードスケート
競技結果日付場所注記
500m40,682015年3月7日カルガリー[3]
1000m1:18.122015年10月9日ソルトレイクシティ[3]
1500m1:56.122013年11月16日ソルトレイクシティ[3]
3000m4:03.852017年2月9日江陵[3]大韓民国記録
5000m7:05.552015年11月20日ソルトレイクシティ[3]大韓民国記録

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 名の「ボルム」はハングル表記しかなく、漢字表記は存在しない。翻訳で直訳すると「半月」である。中国語では「金宝凛」(簡体字)・「金寶凜」(繁体字)と表記される。
  2. ^ パシュートは最後の選手がゴールした時点の結果が記録されるため、後続を引き離してゴールしても意味をなさない。
  3. ^ 2018年平昌オリンピック時点のルールでは、パシュートに出場するにはスピードスケートの個人種目(最低でも500m、1000m、1500m、3000m、5000m、マススタートのいずれか1種目)に出場する必要があり、盧はこの時点で個人種目に出場する資格がなかった。
  4. ^ 女子1500mでロシア代表(平昌オリンピックではドーピング問題でロシアとしての出場資格が剥奪されたことにより、「ロシアからのオリンピック選手団」という意味のOARとして参加)2名が出場を取りやめたことで盧が繰上りで出場権を得たため、規定によりパシュートも出場可能になった。
  5. ^ 朝鮮日報によれば、試合後の共同取材でキム本人は平伏することについて、「国民の皆さんに申し訳ない気持ちを伝えるためにクンジョルをした」[12]、つまり土下座であると述べたが[13]フジテレビが「感謝の意味を込めたクンジョル」と誤認して訂正したこともある。

出典[編集]

  1. ^ 外部リンク「SportsReference」参照
  2. ^ <平昌五輪>米統計会社、韓国の総合6位を予想”. 中央日報日本語版. 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Bo-Reum Kim”. www.speedskatingresults.com. 2018年2月25日閲覧。
  4. ^ キム・ボルムのプロフィール”. WoW!Korea. 2018年2月25日閲覧。
  5. ^ 이승훈·김보름 이구동성 "쇼트트랙이 매스스타트 선전 비결”. 綜合ニュース. 2018年2月28日閲覧。
  6. ^ a b c 平昌五輪:内紛の「生中継」、スケート女子に国民の怒り沸騰”. 朝鮮日報日本語版 (2018年2月20日). 2018年2月25日閲覧。
  7. ^ [平昌五輪]スケート女子の炎上騒動拡大 選手の代表資格剥奪望む声も”. 聯合ニュース日本語版 (2018年2月20日). 2018年2月25日閲覧。
  8. ^ a b c <平昌五輪>「今大会で最も失望させる場面」…海外メディアが報じる韓国「団体追い抜き」”. 中央日報日本語版 (2018年2月21日). 2018年3月3日閲覧。
  9. ^ <平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムら会見後も疑問残る”. WoW!Korea (2018年2月20日). 2018年2月25日閲覧。
  10. ^ 【社説】平昌の汚点として残った「団体追い抜き」騒動”. 中央日報日本語版 (2018年2月22日). 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ [平昌五輪]炎上の韓国スピードスケート女子 一転チームワーク重視も最下位”. 聯合ニュース日本語版 (2018年2月21日). 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ 銀 따고도 '사죄의 큰절'… 김보름, 언제 고개 들까”. 朝鮮日報 (2018年2月26日). 2018年2月28日閲覧。
  13. ^ 銀メダルの韓国スケーターがレース後に土下座、女子マススタート”. AFP通信 (2018年2月25日). 2018年2月25日閲覧。
  14. ^ 銀でも平伏の韓国キム・ボルム、笑顔なく…日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」”. デイリースポーツ (2018年2月21日). 2018年2月25日閲覧。
  15. ^ いじめ騒動の韓国スケーターが入院、大バッシングで不安症に”. AFP通信 (2018年3月15日). 2018年3月30日閲覧。