キム・ユンソク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・ユンソク
김윤석
김윤석
生年月日 (1968-01-21) 1968年1月21日(51歳)
出生地 忠清北道丹陽郡
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
身長 178 cm
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1988年 -
配偶者 パン・ジュラン朝鮮語版
事務所 ファイブラザーズコリア朝鮮語版
公式サイト ファイブラザーズ 公式ウェブサイト
主な作品
映画
タチャ』シリーズ
チェイサー
ワンドゥギ
10人の泥棒たち
ファイ 悪魔に育てられた少年
海にかかる霧
1987、ある闘いの真実
テンプレートを表示
キム・ユンソク
各種表記
ハングル 김윤석
漢字 金允錫
発音: キム・ユンソク
英語表記: Kim Yun-seok
テンプレートを表示

キム・ユンソク: 김윤석: 金允錫、1968年1月21日 - )は、韓国俳優映画監督忠清北道丹陽郡出身。ファイブラザーズコリア所属。

来歴[編集]

1988年、舞台『欲望という名の電車』でデビュー[1]。2008年、映画『チェイサー』で主演を務める[2]。2019年、映画『未成年』で監督デビュー[3]

出演[編集]

映画[編集]

  • 幼い恋人(1994年) - カラオケ学生 役
  • ベサメムーチョ(2001年) - 執行官 役
  • ウララ・シスターズ(2002年)
  • ビッグ・スウィンドル!(2004年) - イ刑事 役
  • 時失里2km(2004年) - ハッギュ 役
  • 私の生涯一番美しい一週間(2005年) - ドンマン 役
  • 僕の、世界の中心は、君だ。(2005年) - 生物の先生 役
  • 美しき野獣(2006年) - チュ・ヒョンデ 役
  • ヨコヅナ・マドンナ(2006年) - オ・ドングの父親 役
  • タチャ イカサマ師(2006年) - アグィ 役
  • 楽しき人生(2007年) - ソンウク 役
  • チェイサー(2008年) - オム・ジュンホ 役
  • チョン・ウチ 時空道士(2009年) - ファダム 役
  • 亀、走る(2009年) - チョ・ピルソン 役
  • 哀しき獣(2010年) - ミョン・ジョンハク 役
  • ワンドゥギ(2011年) - イ・トンジュ 役
  • 10人の泥棒たち(2012年) - マカオ・パク/パク・ドヒョン 役
  • ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年) - ユン・ソクテ 役
  • 海にかかる霧(2014年) - カン・チョルジュ 役
  • タチャ 神の手(2014年) - アグィ 役
  • 極秘捜査(2015年) - コン・ギルヨン 役
  • セシボン(2015年) - オ・グンテ(現在) 役
  • プリースト 悪魔を葬る者(2015年) - キム・ボムシン 役
  • あなた、そこにいてくれますか(2016年) - ハン・スヒョン 役
  • 天命の城(2017年) - キム・サンホン 役
  • 1987、ある闘いの真実(2017年12月27日 韓国公開/2018年9月8日 日本公開) - パク・チョウォン 役
  • 暗殺数人(2018年) - キム・ヒョンミン 役
  • 未成年(2019年) - テウォン 役 ※兼監督

テレビドラマ[編集]

  • あなたはだれ?(2004年、KBS2) - 刑事 役
  • 済州島の青い夜(2004年、KBS2)- ギョンス 役
  • 愛と魂(2005年、KBS2)
  • ラブホリック(2005年、KBS2) - 検察調査官 役
  • 復活(2005年、KBS2) - チョン・ゴンミョン 役
  • 人生よ、ありがとう(2006年、KBS2) - カン・ユノ 役
  • 妻の復讐~騙されて捨てられて~(2006年 - 2007年、MBC) - ハ・ドンギュ 役

受賞歴[編集]

  • KBS演技大賞 - 男性優秀賞(2006年、『妻の復習〜騙されて捨てられて〜』)
  • 第44回大鐘賞 - 助演男優賞(2007年、『タチャ イカサマ師』)[4]
  • 第8回釜山映画評論家協会賞 - 助演男優賞(2007年、『タチャ イカサマ師』)
  • 第1回大韓民国映画演技大賞 - 助演男優賞(2007年、『タチャ イカサマ師』)
  • 第45回大鐘賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)[5]
  • 第45回大鐘賞 - 人気男優賞(2008年、『チェイサー』)
  • 第29回青龍映画賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)[6]
  • 大韓民国映画大賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)
  • 第9回釜山映画評論家協会賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)
  • 第17回釜日映画賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)
  • CINE21映画賞 - 今年の男優賞(2011年、『哀しき獣』『ワンドゥギ』)
  • 第3回今年の映画賞 - 男優主演賞(2012年、『ワンドゥギ』)
  • 第20回大韓民国文化芸能大賞 - 映画部門 大賞(2012年、『10人の泥棒たち』)
  • 第12回大韓民国青少年映画祭 - 男優部門 人気映画人賞(2012年、『10人の泥棒たち』)
  • 第54回百想芸術大賞 - 映画部門 最優秀演技賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)
  • 第17回ニューヨーク・アジア映画祭 - アジアスター賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)
  • 第39回青龍映画賞 - 主演男優賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)
  • 第38回黄金撮影賞 - 最優秀主演男優賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)
  • 第3回 London East Asia Film Festival - 主演男優賞(2018年、『暗殺数人』)
  • 第7回大韓民国ベストスター賞 - ベスト主演賞(2018年、『暗殺数人』)
  • 第23回ファンタジア国際映画祭 - ベストデビュー賞(2019年、『未成年』)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cast”. 10人の泥棒たち. 2015年4月24日閲覧。
  2. ^ The Chaser (2008) - Down Those Mean Streets of Seoul, on the Double”. The New York Times (2009年12月29日). 2015年4月24日閲覧。
  3. ^ “キム・ユンソク初監督&ヨム・ジョンア出演映画「未成年」4月11日に韓国での公開が確定…オフショットを解禁”. Kstyle (LINE). (2019年3月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113860 2019年3月26日閲覧。 
  4. ^ 第44回大鐘賞映画祭授賞式!”. ソウルナビ (2007年6月11日). 2015年4月24日閲覧。
  5. ^ 第45回大鐘賞映画祭”. コネスト (2008年6月30日). 2015年4月24日閲覧。
  6. ^ 第29回青龍映画賞、主演賞にキム・ユンソクとソン・イェジン”. 中央日報 (2008年11月21日). 2015年4月24日閲覧。