キム・ヨンチョル (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・ヨンチョル
김영철
김영철
生年月日 (1953-02-25) 1953年2月25日(66歳)
出生地 韓国慶尚北道大邱市
身長 175cm
血液型 O型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1979年 -
配偶者 イ・ムニ
主な作品
太祖王建
備考
2013年に韓国放送演技者協会の第22代理事長に就任。
キム・ヨンチョル
各種表記
ハングル 김영철
漢字 金永哲[2]
発音: キミョンチョル
ローマ字 Kim Young-cheol[2]
テンプレートを表示

キム・ヨンチョル (김영철1953年2月25日 - ) は、韓国の俳優。

略歴・人物[編集]

1953年韓国慶尚北道大邱市 (現:大邱広域市) に生れる。仁川体育専門大学中退。1973年劇団「民芸」に入団して芸能活動を始め、1979年テレビドラマ『ヤ・コムネヤ (야 곰례야)』[3][4]でデビュー[2]。その後多くのテレビドラマや映画に出演し、1989年に『トゥ・ソギャン (두 석양)』で百想芸術大賞テレビ部門の男性最優秀演技賞を受賞[5]2001年には『太祖王建』で同賞を再受賞[6]2013年に韓国放送演技者協会の第22代理事長に就任した。[1]

身長175cm、体重76kg。家族は妻でタレントのイ・ムニ (이문희)と息子二人。サッカーが得意で、趣味はゴルフ。[4]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • トゥ・ソギャン - 두 석양 (1989年、KBS) 主演
  • ヒョン - (1991年、KBS) 主演 「弟」役 [7]
  • 王道 - 왕도 (1991年、KBS) 主演 洪国栄 (ホン・グギョン) 役
  • 朝鮮地図物語 キム・ジョンホの生涯 - (1995年) 主演 金正浩 (キム・ジョンホ) 役[要出典]
  • マンナム - 만남 (1996年、SBS) 主演 ハン・ビョンフン役[4]
  • ポムナルン・カンダ - 봄날은 간다 (1997年、KBS) 主演 ヨン・ジンス役[4]
  • 太祖王建 - 태조 왕건 (2000年 - 2002年、KBS) 弓裔 (クンイェ) 役
  • 危機の男 - 위기의 남자 (2002年、MBC) 主演 イ・ドンジュ役
  • 野人時代 - 야인시대 (2002年 - 2003年、SBS) 主演 壮年期の金斗漢 (キム・ドゥハン) 役
  • ソウル1945 - 서울 1945 (2006年、KBS) ムン・ジョングァン役
  • 新・ソウルトゥッペギ - 돌아온 뚝배기 (2008年、KBS) 主演 カン社長役
  • 大王世宗 - 대왕세종 (2008年、KBS) 太宗 (テジョン) 役
  • IRIS-アイリス- - 아이리스 시즌1 (2009年、KBS) ペク・サン役
  • 名家 - 명가 (2010年、KBS) チェ・ジルリム役
  • 美しき人生 - 인생은 아름다워 (2010年、SBS) ヤン・ビョンテ役
  • 王女の男 - 공주의 남자 (2011年、KBS) 首陽大君 (スヤンテグン) 役
  • アボジガ・ミアナダ - 아버지가 미안하다 (2012年、TV朝鮮) 主演 ヨンマン役
  • 赤道の男 - 적도의 남자 (2012年、KBS) チン・ノシク役
  • 星も月もあげる - 별도 달도 따줄게 (2012年、KBS) ソ・マノ役
  • 優しい男 - 세상 어디에도 없는 착한 남자 (2012年、KBS) ソ会長役
  • アイリス2 - 아이리스2 (2013年、KBS) ペク・サン役

映画[編集]

  • ハヤン・ミソ - 하얀 미소 (1980年) 主演 [7]
  • モクタボリン・ヌングム - 먹다버린 능금 (1985年) 主演
  • ヨンジャウィ・チョンソンシデ '87 - 영자의 全盛時代 '87 (1987年) 主演
  • タラナン・マル - 달아난 말 (1988年) 主演
  • オプ - 業 (1988年) 主演
  • 甘い人生 - 달콤한 인생 (2005年) カン社長役
  • あいつの声 - 그놈 목소리 (2007年) キム・ウクチュン役
  • マイ・ファーザー - 마이파더 (2007年) 主演 ファン・ナムチョル役

受賞歴[編集]

  • 1985年 KBS演技大賞 優秀演技賞 [1]
  • 1987年 KBS演技大賞 優秀演技賞
  • 1989年 第25回百想芸術大賞 TV部門 男性最優秀演技賞 - 『トゥ・ソギャン』
  • 1996年 KBS演技大賞 優秀演技賞
  • 2000年 KBS演技大賞 大賞 - 『太祖王建』
  • 2001年 第37回百想芸術大賞 TV部門 男性最優秀演技賞 - 『太祖王建』
  • 2001年 第28回韓国放送大賞 タレント賞
  • 2001年 ベストドレッサー特別賞
  • 2003年 SBS演技大賞 10大スター賞
  • 2003年 SBS演技大賞 連続劇部門 男性演技賞 - 『野人時代』
  • 2007年 コリア・ドラマ・フェスティバル 特別賞
  • 2008年 第16回利川春史 (イチョン・チュンサ) 大賞映画祭 男優助演賞 - 『マイ・ファーザー』[8]
  • 2012年 KBS演技大賞 日々劇部門 男性優秀演技賞 - 『星も月もあげる』
  • 2017年 KBS演技大賞 大賞 - 『お父さんが変』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 김영철” (韓国語). 人物情報. ネイバー. 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ a b c 김영철” (韓国語、英語). KMDb. 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ 東亜日報 (1979年6月15日). “새 일일연속극 「야 곰례야」” (韓国語). ニュースライブラリー. ネイバー. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ a b c d 김영철” (韓国語). DB 朝鮮. 朝鮮日報. 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ 百想芸術大賞 1989” (韓国語). 映画. ネイバー. 2013年4月13日閲覧。
  6. ^ 百想芸術大賞 2001” (韓国語). 映画. ネイバー. 2013年4月13日閲覧。
  7. ^ a b 김영철” (韓国語). 映画. ダウム. 2013年4月13日閲覧。
  8. ^ 利川 春史大賞映画祭 2008” (韓国語). 映画. ネイバー. 2013年4月13日閲覧。