キモガニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
キモガニ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 甲殻綱 Crustacea
: エビ目(十脚目) Decapoda
下目 : カニ下目 Brachyura
: オウギガニ科 Xanthidae
: キモガニ属 Cymo
: キモガニ C. melanodactylus
学名
Cymo melanodactylus
Dana, 1852

キモガニCymo melanodactylus)は、エビ目カニ下目・オウギガニ科に分類されるカニの一種。和名学名の属名 Cymo に由来し、これはギリシア語で「波」を意味する。

目次

分布[編集]

紀伊半島以南、南太平洋オーストラリアインド洋紅海に分布する。

特徴[編集]

体長5-10mm程度のとても小さなカニ。体色は淡褐色で柔らかい毛に覆われ、鋏脚の指部が黒い。

水深1-10mのサンゴ礁の隙間に潜んで暮らしている。

近縁種[編集]

  • ヒメキモガニ Cymo andreossyi (Audouin, 1826)
紀伊半島以南、南太平洋、オーストラリア、インド洋、紅海に分布。
  • アワハダキモガニ Cymo quadrilobatus Miers, 1884
琉球列島、東南アジア、インド洋に分布。

参考文献[編集]

  • 峯水亮(著者) 武田正倫・奥野淳兒(監修) 『ネイチャーガイド 海の甲殻類』 文一総合出版2000年11月1日。ISBN 4-8299-0164-0。