キャサリン・ボケナム (第8代バーナーズ女男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第8代バーナーズ女男爵キャサリン・ボケナム英語: Katherine Bokenham, 8th Baroness Berners、旧姓ナイヴェットKnyvet)とハリスHarris)、1658年8月13日洗礼 – 1743年11月29日)は、イングランド貴族

生涯[編集]

法律上の第6代バーナーズ男爵ジョン・ナイヴェットとメアリー・ベディングフィールド(Mary Bedingfield、1713年4月18日没、サー・トマス・ベディングフィールドの娘)の娘として生まれ、1658年8月13日に洗礼を受けた[1]

1685年10月2日、ジョン・ハリス(John Harris、1686年9月没)と結婚したが、わずか1年で夫と死別した[1]。1696年1月5日、リチャード・ボケナム(Richard Bokenham、1721年9月2日没)と再婚した[1]

先祖にあたる第2代バーナーズ男爵ジョン・バウチャー英語版が1533年に死去すると、バーナーズ男爵の爵位は2人の娘メアリーとジェーン(1562年2月17日没)の間で保持者不在(abeyance)になった[1]。1550年頃にメアリーが死去したことで、ジェーンが継承者になり保持者不在が解消されるはずだったが、ジェーンもその子孫も爵位継承を主張せず、法律上の第7代バーナーズ男爵でキャサリンの兄にあたるトマス・ナイヴェット英語版(1693年没)が死去すると、爵位は姉妹エリザベスとキャサリンの間で保持者不在となった[1]。その後、エリザベスの息子トマスが1711年に死去すると、キャサリンが継承者になった[1]。1720年5月30日、貴族院は第2代バーナーズ男爵の死後の経緯を認め、キャサリンのバーナーズ男爵位への継承権を承認した[1]。この貴族院裁定ではバーナーズ男爵が1550年頃から1720年まで休眠状態(dormant)にあるとされ、これにより第3代(ジェーン)から第7代(トマス)までの人物は法律上のバーナーズ男爵となった[1]

1743年11月29日に死去した[1]。子女がおらず、爵位は父方の叔父トマスの子孫の間で保持者不在となった[1]。保持者不在の状態は1832年5月7日に解消され、トマスの孫娘エリザベスの孫にあたるロバート・ウィルソンが爵位を継承した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k "Berners, Baron (E, 1455)". Cracroft's Peerage (in English). Retrieved 15 December 2019.
イングランドの爵位
先代:
トマス・ナイヴェット英語版
(法律上)
バーナーズ男爵
1711年 – 1743年
保持者不在
次代の在位者
ロバート・ウィルソン