キャサリン・マッケナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャサリン・マッケナ
Catherine McKenna
Catherine McKenna 2016.jpg
キャサリン・マッケナ
生年月日 (1971-08-05) 1971年8月5日(48歳)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州ハミルトン
出身校 トロント大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
マギル大学
所属政党 自由党
内閣 ジャスティン・トルドー
在任期間 2015年10月19日 - 現職
テンプレートを表示

キャサリン・メアリー・マッケナ(英語: Catherine Mary McKenna, 1971年8月5日 - )は、カナダの自由党の政治家である。2015年11月4日ジャスティン・トルドーが率いる内閣における環境・気候変動担当大臣として任命されている。[1]

経歴[編集]

教員として[編集]

トロント大学ムンク・スクール・オブ・グローバル・アフェアーズで教鞭を振るい、 平和と紛争の研究のためのトルドーセンターの理事でもあった[2]

法的家として[編集]

弁護士として司法研修を受けている[3]。またカナダ司法学生と法律事務所が発展途上国で法律業務を行うのに役立つオタワ大学の慈善団体カナディアン・ローヤーズ・アブロードの共同設立者である。。

連邦政治家[編集]

環境・気候変動担当大臣として[編集]

2015年11月4日、ジャスティン・トルドーの最初の内閣で環境大臣に任命された[4]。環境と気候変動大臣としての最初のデビューの1つは、パリでのCOP21であった[5]

カナダ国内の石炭火力発電を2030年までに廃止[編集]

2016年11月21日、パリ協定 の発効を受けて、気候変動問題に対処するため、国内の伝統的な石炭火力発電所2030年で廃止し、現代のクリーンエネルギーへの移行を加速することと発表。さらにカナダの電力の90%が2030年までにゼロ・エミッション(CO2排出ゼロ)となり、2050年までにCO2排出量を2005年水準の80%を削減することを目標とすることを発表した。マッカナ大臣は「クリーンエネルギー源への移行はすべてのカナダ人の空気の質を向上さる。環境と経済のために良いニュースだ。」と述べている。[6]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “McKenna upsets Dewar in Ottawa Centre”. Ottawa Citizen. (2015年10月20日). http://ottawacitizen.com/news/politics/ottawa-centre-saw-a-vigorous-campaign 2015年11月4日閲覧。 
  2. ^ Toolkit, Web Experience. “The Honourable Catherine McKenna”. Prime Minister of Canada. 2015年11月16日閲覧。
  3. ^ Wood, Michael (2015年8月15日). “Ottawa Centre profile: Liberal candidate Catherine McKenna”. Metro News. 2015年10月31日閲覧。
  4. ^ Full list of Justin Trudeau's cabinet”. CBC News. 2015年11月17日閲覧。
  5. ^ Environment minister looking for 'ambitious' deal at climate summit”. CTVNews. 2015年11月17日閲覧。
  6. ^ 2030年までに石炭火力発電所を閉鎖へ、カナダ環境相”. afpbb. 2016年11月22日閲覧。