キャスパー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャスパー
Casper
監督 ブラッド・シルバーリング
脚本 シェリー・ストナー
ディーナ・オリヴァー
製作 コリン・ウィルソン
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
ジェラルド・R・モーレン
ジェフリー・A・モンゴメリー
出演者 クリスティーナ・リッチ
ビル・プルマン
キャシー・モリアーティ
エリック・アイドル
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ディーン・カンディ
編集 マイケル・カーン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 ユニバーサル映画/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年5月26日
日本の旗 1995年7月22日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $287,928,194[1]
配給収入 9億円[2] 日本の旗
次作 キャスパー:誕生編
テンプレートを表示

キャスパー』(Casper)は、1995年アメリカ映画。ファンタジーコメディ。

概要[編集]

同名のテレビアニメ『キャスパー』シリーズの実写映画化作品。『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の監督、ブラッド・シルバーリングの初劇場用作品である。『アダムス・ファミリー』のウェンズデー役でお馴染みのクリスティーナ・リッチを主演に迎え、ビル・プルマンモンティ・パイソンの元メンバーのエリック・アイドルなどが脇を固めている。ILMによるCGで表現されたキャスパーを始めとするゴーストたちと、父娘の交流を描く。

ちなみにゴースト関連の映画として、劇中にはダン・エイクロイドが登場したり、クリント・イーストウッドメル・ギブソンらがカメオ出演していたりして、何かと豪華である。また劇中で、性悪女とその頼りない弁護士コンビを演じたキャシー・モリアーティエリック・アイドルは、製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグから大絶賛された。

編集は、3度アカデミー賞を受賞し、スピルバーグ映画の常任編集者であるマイケル・カーン。音楽は、2度アカデミー賞を受賞し、ジェームズ・キャメロンの常任作曲家であるジェームズ・ホーナー。美術は、2度アカデミー賞を受賞したレズリー・ディリー。スティーヴン・スピルバーグロン・ハワードロバート・ゼメキス等から信頼の厚いディーン・カンディが撮影。劇場長編映画デビューにもかかわらず、豪華なスタッフに恵まれたブラッド・シルバーリング監督の丁寧で完璧さが色濃く出た作品である。

関連作品に『キャスパー マジカル・ウェンディ』がある。

あらすじ[編集]

ある日、大富豪の一人娘であるキャリガン(キャシー・モリアーティ)が、父親の遺言によりメイン州にある古びた屋敷“ホイップスタッフ”の相続をすることになる。莫大な遺産を期待していたキャリガンは、大金を寄付に回した父親に憤慨して権利書を暖炉に放り込んでしまう。急いで権利書を拾い上げようと、腰巾着な弁護士のディブス(エリック・アイドル)が腰をかがめた時、権利書に秘密のメッセージが浮かび上がってくる。そこには、その屋敷に宝物が眠っているという文字。2人は慌てて燃えかけた権利書を拾い上げて、メイン州へ急いだ。

そんな頃、ホイップ・スタッフに住む少年の幽霊であるキャスパーは一人ぼっちでいた。友達もなく、一緒に住む意地悪なゴースト3人組からこき扱われる毎日。面白半分に屋敷へやって来る人間に話しかけては逃げられる日々を送っていたある日、テレビを見ていると、幽霊を専門にセラピーを開いている心霊学者のハーヴェイ博士(ビル・プルマン)と孤独なその一人娘キャット(クリスティーナ・リッチ)の存在を知る。タイミング良くやって来たキャリガンとディブスが、屋敷の幽霊を追い払おうと悪戦苦闘していることを知ったキャスパーは、ハーヴェイ博士らがホイップ・スタッフへやって来るよう細工する。

数日後、欲望丸出しのキャリガンから雇われたハーヴェイ博士は、娘のキャットを連れてホイップ・スタッフへ。到着したその夜、早速意地悪なゴースト3人組から追い出されようとされるハーヴェイ博士らだったが、キャスパーだけは何とかキャットと仲良くなろうと奮闘する。次第に幽霊を怖がっていたキャットも、キャスパーの優しさに心を開いていく。

キャットは地元の学校に転入し、以前から子供達の噂の的だったキャットの家でハロウィン・パーティを開催することとなる。

キャスト[編集]

カメオ出演[編集]

スタッフ[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVDBD VHS 日本テレビ
キャット クリスティーナ・リッチ 宮島依里 小島幸子 坂本真綾
キャスパー マラチ・ピアソン 浅井清己 堀裕晶 進藤一宏
ハーヴェイ博士 ビル・プルマン 大塚芳忠 牛山茂 安原義人
キャリガン キャシー・モリアーティ 塩田朋子 弥永和子 小宮和枝
ディブス エリック・アイドル 牛山茂 仲野裕 広川太一郎
ストレッチ ジョー・ニポート 梅津秀行 北村弘一 緒方賢一
スティンキー ジョー・アラスキー 大竹宏 増岡弘 亀山助清
ファッツォ ブラッド・ギャレット 天田益男 青森伸 郷里大輔
アメリア エイミー・ブレネマン 斎藤千和 勝生真沙子 堀越真己
その他 浪川大輔
佳山麻衣子
石波義人
田中正彦
大川透
沢海陽子
辻親八
定岡小百合
亀井芳子
津村まこと
岡村明美
大前潤司
藤本譲
牧村泉三郎
叶木翔子
定岡小百合
廣田行生
佐藤史紀
橋本亘
高木礼子
笹本優子
松山三四郎
演出 佐藤敏夫 木村絵理子
翻訳 井場洋子 佐藤恵子
調整 荒井孝
効果 サウンドボックス
スタジオ オムニバス・ジャパン
担当 稲毛弘之
プロデューサー補 小林三紀子
プロデューサー 大塚恭司
製作 東北新社
初回放送 1998年11月13日
金曜ロードショー
21:03-22:54

トリビア[編集]

  • 米国ユニバーサルスタジオの小道具室には、劇中後半で登場するキャスパーの手の形が保存されている。ただし、VIPツアーや映像製作者でない一般の入場者は、立ち入ることが難しいエリアにある。
  • 劇中前半でハーヴェイ博士にチョコレートを投げつけたのは、製作総指揮を務めたスティーヴン・スピルバーグである。

関連作品[編集]

  • キャスパー 誕生編 - キャスパーの誕生を描いた1997年のテレビ映画
  • 出てこいキャスパー - 1959年から1961年にハーベイ・カートゥーンにて制作されたテレビアニメ。「おばけのキャスパー」、「キャスパーと遊ぼう」、「新キャスパーと遊ぼう」などシリーズ化された。
  • キャスパー マジカル・ウェンディ - 1998年のテレビ映画

参考文献[編集]

  1. ^ Casper (1995)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)544頁