キャッチボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャッチボール

キャッチボールとは、2人、もしくはそれ以上が相互に投球捕球を繰り返す行為である。野球では練習、家庭では親子のコミュニケーションの手段として行われることも多い。キャッチボール(catchball)をするは“play catch”である。

ゆうボール[編集]

従来の硬式ボールと同じデザインで同じように縫い目もありながら、柔らかく安全に作られているキャッチボール専用のボールがゆうボールである。かつては多くの路上や公園で行われていたキャッチボールだが、近年は行為を禁止する公園が増え、キャッチボールを行いたくても場所がなかなか無いという状況となっていた。この状況が、子供たちのコミュニケーション不足や野球離れを引き起こすのでは、と危惧した日本プロ野球選手会内外ゴムと共同開発を行い、このボールは誕生した。