キャッツ★アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャッツ★アイは、1977年から一年近く活躍したトータルプロ所属の女性アイドルデュオ。

メンバー[編集]

身長・3サイズはそれぞれデビューシングル「アバンチュール」掲載プロフィールに基づく公式データによる。

ノン(大谷親江) 左側
  • 1958年2月21日生まれ。
  • 身長164cm、3サイズB85・W60・H89。
ナナ(山中奈奈) 右側
  • 1958年7月6日生まれ。
  • 身長161cm、3サイズB83・W60・H86。

来歴[編集]

1977年にテイチクレコード/ユニオンレーベルより「アバンチュール」でデビュー。

ピンク・レディー全盛期だった当時、ピンク・レディー人気をうけ次々とピンク・レディーのフォロワーがデビュー。彼女たちもまたピンク・レディーのフォロワーとして位置付けられ、ピンク・レディーが国民的アイドルとなったために放棄せざるを得なくなったお色気を、結果的にはキャッツ★アイが引き継ぐ事となる。しかし、ピンク・レディーの健康的なお色気とは対照的にセックスアピールばかりが目立つ結果となった。

尚、表記は「キャッツアイ」ではなく「キャッツ★アイ」である。[1]

解散[編集]

ノンの突然の失踪により、キャッツ★アイは活動停止を余儀なくされる。 ノンの失踪後、留守を守るかのようにナナが孤軍奮闘するもついにノンが戻って来る事はなくキャッツ★アイは事実上の解散となる。

解散その後[編集]

キャッツ★アイの突然の解散により所属事務所が急遽、双子の女性デュオ「キューピット」をデビューさせる。

備考[編集]

  • 2003年にテイチクより「キャッツアイVSキューピット」が全曲デジタルリマスターされた完全版として発売。
  • 映画『多羅尾伴内』(1978年・東映)に本人役(キャッツ★アイ役)として出演し、劇中で「導火線」を披露。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. アバンチュール(1977年5月25日)
    作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
    • (c/w) 鏡よ鏡 - 作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
  2. めっきり冷たくなりました(1977年9月25日)
    作詞:伊藤アキラ/作曲:森雪之丞/編曲:高田弘
    • (c/w) 夢みるナイチンゲール - 作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
  3. 導火線(1978年1月25日)
    作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
    • (c/w) 大地震 - 作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
  4. ジャンヌ・ダルク(1978年5月25日)
    作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
    • (c/w) アンコール・アンコール - 作詞:麻生香太郎/作曲:伊豆一彦/編曲:小六禮次郎

アルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シングル「アバンチュール」のジャケット等では キャッツ・アイ とされているが、以後リリースされたレコードでは「・」が「★」に変わっている。