キャプテントゥーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャプテントゥーレ
Captain Thule 20080420P1.jpg
2008年4月20日 中山競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2005年4月5日(14歳)
登録日 2007年6月7日
アグネスタキオン
エアトゥーレ
母の父 トニービン
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 (有)社台レースホース
調教師 森秀行栗東
調教助手 牧浦充徳
→徳江涼
競走成績
生涯成績 20戦5勝
獲得賞金 3億8097万2000円
 
勝ち鞍
GI 皐月賞 2008年
GII デイリー杯2歳ステークス 2007年
GIII 朝日チャレンジカップ 2009・2010年
テンプレートを表示

キャプテントゥーレ (Captain Thule) は日本競走馬父内国産馬)である。2008年皐月賞優勝馬。馬名の由来は大叔父(祖母の弟)のスキーキャプテンと母のエアトゥーレの一部を足したもの。2009年2月までの担当調教助手牧浦充徳(現・調教師)。

デビュー前[編集]

社台レースホースにおいて総額5000万円で募集された。

戦績[編集]

2歳[編集]

6月7日付で日本中央競馬会 (JRA) に競走馬登録された。7月8日阪神競馬場で行われた2歳新馬戦で、祖母や母にも騎乗経験のある武豊が騎乗してデビュー。栗東の坂路で51.5秒など2歳離れした好時計を連発していたため単勝1.8倍の1番人気に支持されるが、8着という結果に終わった。なおこの競走には当競走の勝ち馬であり後に宝塚記念を勝ったアーネストリーに加え、後にGI2勝を挙げるトールポピーが2着、後にシンザン記念を勝ったドリームシグナルが3着と、GI・JpnI馬3頭・重賞馬4頭を輩出する競走となった。7月29日小倉競馬場で行われた2歳未勝利戦でも1番人気に支持され、デビュー2戦目で初勝利を挙げる。その後短期放牧に出され帰厩後新潟2歳ステークスに向かう予定だったが、馬インフルエンザによる移動制限により帰厩が遅れ回避することになった。9月6日に帰厩し、9月16日に行われた野路菊ステークスに出走。単勝1番人気に支持されるが、レースでは後方から追い込み3着という結果だった。続く重賞初挑戦となったデイリー杯2歳ステークスでは、追い切りで49.8秒という2歳馬ながら栗東坂路で50秒切る強烈なタイムを出していたが周りは低評価。調教駆けするタイプとみられていたが、当時騎乗停止中だった武の代役で川田将雅が騎乗し先行策でレースを制し重賞初勝利を挙げた。次走は全日本2歳優駿にも登録を行ったが初のJpnI挑戦となる朝日杯フューチュリティステークスに出走。しかしスタートで後手を踏み逃げるゴスホークケンを捕らえることができず、さらに直線坂前でモタつき追い比べでレッツゴーキリシマを交わせず3着に敗れた。このあと全日本2歳優駿を回避しグリーンウッドへ放牧に出された。

3歳[編集]

第68回皐月賞

放牧から戻った後、2008年の初戦として出走した弥生賞は4着となった。続く4月20日に行われた皐月賞ではスタート直後にハナに立つと、昼過ぎまで降っていた雨でやや緩んだ馬場を生かした鞍上・川田の好騎乗でスローペースに抑えそのままゴールまで逃げ切り初のJpnI勝利を飾った。この勝利は川田にとってもJpnI初勝利となった。

次走は東京優駿の予定だったが次走に備えて栗東トレーニングセンターへ帰厩する準備をしていた所、歩様に異変が見られたため遠征滞在先の中山競馬場の診療所にて4月22日に検査を受けた。その結果、左第3手根骨の骨折が判明、約1年間の休養を強いられることとなり、父アグネスタキオン同様、皐月賞勝利後の故障で東京優駿を断念することとなった。

4歳[編集]

2009年8月9日関屋記念において、1年4ヶ月ぶりに復帰しスマイルジャックの4着に入り、久々のレースながら地力を示していた。9月12日の第60回朝日チャレンジカップに出走し、最後の直線で3歳馬ブレイクランアウトとの叩き合いを制し、皐月賞以来、1年5ヶ月ぶりの勝利を飾った。そして、11月1日天皇賞(秋)では2番手でレースを進めるも直線で失速してしまい12着と大敗した。続く11月22日マイルチャンピオンシップでは好スタートから道中2番手で追走したが、直線で馬場の外へよれてしまい4着に敗れた。

5歳[編集]

2010年1月24日アメリカジョッキークラブカップに1番人気で出走。道中3番手でレースを進めたが、直線で失速し11着と大敗した。3ヶ月間隔を挟んだ4月17日マイラーズカップでは好位集団から馬群を割って伸びてくるも3着だった。6月6日安田記念ではリーチザクラウン・トライアンフマーチに次ぐ3番人気で出走、レースでは4番手で追走するも直線で伸びあぐねてしまいショウワモダンの7着に敗れた。秋は9月11日の朝日チャレンジカップから始動し、逃げ切りでこのレースを連覇した。10月31日の天皇賞(秋)では3番手追走も直線で失速し13着と大敗した。

6歳[編集]

2011年2月27日中山記念ではヴィクトワールピサの2着と逃げ粘った。4月3日大阪杯では速い流れでレースを引っ張ったがヒルノダムールの5着。金鯱賞は平均ペースで逃げ、直線で粘りを図ったがルーラーシップにかわされて2着となった。7月10日七夕賞は1番人気に支持され、レースでは2番手に控えたが直線半ばで失速し12着に大敗。10月20日付けで現役を引退。社台スタリオンステーションにて種牡馬になる事が発表された。

引退後[編集]

競走馬引退後は2012年より種牡馬となり、社台スタリオンステーションで繋養される。

2016年シーズンはレックススタッドで種牡馬生活を送るも[1]、同年の種付けシーズンを最後に種牡馬を引退、生まれ故郷である社台ファームで余生を送る[2]

主な産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007. 7. 8 阪神 2歳新馬 15 8 14 1.8 (1人) 8着 武豊 54 芝1800m(良) 1:50.3 (37.1) 1.6 アーネストリー
7. 29 小倉 2歳未勝利 15 7 12 2.6 (1人) 1着 武豊 54 芝1800m(良) 1:50.4 (35.0) -0.1 (ジョニーバローズ)
9. 16 阪神 野路菊S OP 8 4 4 2.1 (1人) 3着 武豊 54 芝1800m(良) 1:47.9 (35.4) 0.3 オースミマーシャル
10. 13 京都 デイリー杯2歳S JpnII 13 4 5 7.5 (3人) 1着 川田将雅 55 芝1600m(良) 1:35.6 (34.5) -0.3 タケミカヅチ
12. 9 中山 朝日杯FS JpnI 16 4 7 8.3 (4人) 3着 川田将雅 55 芝1600m(良) 1:33.9 (35.4) 0.4 ゴスホークケン
2008. 3. 9 中山 弥生賞 JpnII 16 8 15 8.7 (5人) 4着 川田将雅 56 芝2000m(良) 2:02.2 (35.1) 0.4 マイネルチャールズ
4. 20 中山 皐月賞 JpnI 18 3 6 17.1 (7人) 1着 川田将雅 57 芝2000m(良) 2:01.7 (35.2) -0.4 (タケミカヅチ)
2009. 8. 9 新潟 関屋記念 GIII 18 8 17 9.7 (4人) 4着 川田将雅 56 芝1600m(稍) 1:33.2 (33.8) 0.5 スマイルジャック
9. 12 阪神 朝日CC GIII 16 3 6 2.4 (1人) 1着 川田将雅 56 芝2000m(稍) 2:00.0 (34.0) 0.0 ブレイクランアウト
11. 1 東京 天皇賞(秋) GI 18 4 8 16.0 (6人) 12着 川田将雅 58 芝2000m(良) 1:58.5 (34.9) 1.3 カンパニー
11. 22 京都 マイルCS GI 18 5 9 8.8 (3人) 4着 川田将雅 57 芝1600m(良) 1:33.4 (34.4) 0.2 カンパニー
2010. 1. 24 中山 AJCC GII 13 4 4 3.3 (1人) 11着 C.ルメール 58 芝2200m(良) 2:14.5 (36.7) 1.9 ネヴァブション
4. 17 阪神 マイラーズC GII 18 6 12 7.5 (5人) 3着 川田将雅 58 芝1600m(良) 1:33.1 (34.0) 0.2 リーチザクラウン
6. 6 東京 安田記念 GI 18 4 8 7.2 (3人) 7着 横山典弘 58 芝1600m(良) 1:32.0 (35.3) 0.3 ショウワモダン
9. 11 阪神 朝日CC GIII 9 6 6 3.1 (2人) 1着 小牧太 57 芝2000m(良) 1:59.2 (34.8) -0.3 (プロヴィナージュ)
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 18 8 16 28.4 (9人) 13着 小牧太 58 芝2000m(稍) 2:00.1 (36.4) 2.1 ブエナビスタ
2011. 2. 27 中山 中山記念 GII 12 3 3 10.3 (4人) 2着 小牧太 58 芝1800m(良) 1:46.4 (34.9) 0.4 ヴィクトワールピサ
4. 3 阪神 大阪杯 GII 15 3 5 4.3 (2人) 5着 小牧太 58 芝2000m(良) 1:57.9 (35.4) 0.1 ヒルノダムール
5. 28 京都 金鯱賞 GII 16 3 5 3.9 (2人) 2着 小牧太 58 芝2000m(不) 2:02.5 (36.4) 0.1 ルーラーシップ
7. 10 中山 七夕賞 GIII 17 5 9 2.2 (1人) 12着 小牧太 58.5 芝2000m(良) 2:01.4 (36.3) 0.9 イタリアンレッド

血統表[編集]

キャプテントゥーレ血統サンデーサイレンス系 / ロイヤルスキー3×4=18.75% (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

アグネスタキオン
1998 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アグネスフローラ
1987 鹿毛
*ロイヤルスキー
Royal Ski
Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

エアトゥーレ
1997 芦毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
母の母
*スキーパラダイス
1990 芦毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Ski Goggle *ロイヤルスキー
Mississippi Siren F-No.3-l
母系(F-No.) 3号族(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 ロイヤルスキー3×4 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ キャプテントゥーレ 5代血統表2017年8月29日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com キャプテントゥーレ 5代血統表2017年8月29日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ キャプテントゥーレ 5代血統表2017年8月29日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ キャプテントゥーレ 5代血統表2017年8月29日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ キャプテントゥーレがレックススタッドに移動競走馬のふるさと案内所、2016年12月17日閲覧
  2. ^ キャプテントゥーレが移動競走馬のふるさと案内所、2016年12月17日閲覧
  3. ^ クロスケ”. JBISサーチ. 2018年8月17日閲覧。