キャラクタージェネレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクタージェネレーターは、キャラクターを生成するためのプログラム。キャラクターエディタキャラクターメーカーキャラクタークリエイターアバタージェネレーターなどとも言う。

従来3Dモデリングによるキャラクター作成は難しいものであったが、キャラクタージェネレーターの進歩により、誰もが自分の3Dアバターを作れる方向に向かっている[1][2]

歴史[編集]

キャラクター生成は、衣服やアクセサリーを替えられる着せ替え人形や、似た顔写真のパーツを合成して犯罪捜査に使うモンタージュ写真[3]などで、アナログ時代より行われていた。その後、テーブルトークRPGが登場し、サイコロ等によるキャラクターのランダム生成が行われるようになった。

デジタル時代になると仮想世界が誕生し、キャラクタージェネレーターによる3Dアバター作成が普及した。

キャラクタージェネレーターを備える主な製作ツール[編集]

2D[編集]

RPGツクールシリーズ (エンターブレイン)
RPGツクールVX Ace (2011年) 以降にキャラクタージェネレータが搭載されている[4]

3D[編集]

MakeHumanの画面
Manuel Bastioni Labの画面
Poser[5] (SmithMicro、1995年-)
人体や動物の静止画・動画を作成することに特化したソフトウェア。人物・動物のモデルが標準で付属しており、パラメトリックモデリングが可能。多数の素材を無料ないし有料で提供しているコミュニティーが存在している。ゲームエンジン向けにキャラクターのエクスポートが可能なPoser Pro Game Devも発売されている。
造型王 (ボルテックス (販売元はメディアギャロップ)、1999年-2001年)
パーツの組み合わせで人形を作成する国産ソフトウェア。作成したキャラクターは自由に個人使用可能であった[6]。モデルのエクスポートには未対応。
MakeHuman[5] (The MakeHuman team、2000年-)
パラメータから人間をモデリングするオープンソースソフトウェア。リグ付きでエクスポート可能。出力したモデルはCC0のため自由に使うことができる。
DAZ Studio[5] (DAZ 3D、2005年-)
Poserの類似ソフト。Poserのファイル形式を読み込むことができる。無料。有料プラグインが豊富に存在する。インディーゲーム開発者向けに、DAZ3Dのキャラクターの使用を許可するIndie Game Developer Licenseが発売されている。
Evolver英語版[7]/Project Pinocchio[7]/Autodesk Character Generator[5] (Autodesk←Darwin Dimensions)
部分毎にプリセットキャラクターを選択して合成し、新たなキャラクターを生成するWebサービス。基本無料だが、中品質・高品質なモデルのダウンロードは有料となっている。生成されるモデルは、Autodesk HumanIKミドルウェアと互換性がある。最新版は2014年6月リリースの2015.2。
コミPo! (コミPo製作委員会、2010年-)
キャラクタージェネレータを備えた3D漫画作成ソフトウェア。モデルのエクスポートには未対応。
Adobe Fuse CC英語版[5] (Adobe←Mixamo、2014年-)
モジュールベースのキャラクター作成ソフトウェア。Adobe Photoshopとの連携に対応している。開発停止中[8]
以前は有料版のFuseと、無料版のFuse Basicが存在したが、現在は旧版のFuseが無料頒布されている。
Character Creator[5] (Reallusion、2015年[5]-)
キャラクター作成ソフトウェア。iClone Proのライセンスに付属している[9]
Manuel Bastioni Lab英語版[5]/MB-Lab[10] (Project Widowら[10]←Manuel Bastioni、2016年-)
MakeHumanの元開発者が開発していたBlender用キャラクタージェネレータアドオン。オープンソース。
VRoid Studio (Pixiv、2018年-)

キャラクタージェネレーターを備える主なゲーム[編集]

一般ゲーム・MMORPG[編集]

ラクガキ王国シリーズ (タイトー、2002年-2004年)
スケッチベースのキャラクタージェネレータを備えるモンスター対戦ゲーム。
エキサイティングプロレスシリーズ/WWEシリーズ (ユークス、2000年-)
キャラクタークリエーターを備える3Dプロレスゲーム。
ファンタシースターオンライン (PSO) シリーズ/ファンタシースターユニバース (PSU) シリーズ (セガ、2000年-)
キャラクタークリエーターを備えるMMORPGゲーム。詳細は「ファンタシースターオンラインのキャラクタークリエイション」、「ファンタシースターユニバース#キャラクタークリエイト」、「ファンタシースターオンライン2#キャラクタークリエイト」を参照。
真・三國無双3/真・三國無双 Empiresシリーズ/戦国無双シリーズ (コーエー、2003年-)
3Dアクションゲーム。キャラクタークリエーターを備えており、「エディット武将」を作ることが可能。
ソウルキャリバー III以降 (ナムコ、2005年-)
キャラクタークリエーターを備える格闘ゲーム。
Spore/Darkspore英語版 (Maxis、2008年-2011年)
Sporeはクリーチャークリエーターを備える生物進化シミュレーションゲームであり、Darksporeはクリエーターを備えたアクションRPGであった。
Sporeの前に、クリーチャークリエーターのみの単体版であるSpore Creature Creator英語版が発売された。
ファイナルファンタジーXIV (スクウェア・エニックス、2010年-)
キャラクタークリエーターを備えるMMORPG。無料でキャラクター作成が可能な『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編』もある[11]
モンスターハンター:ワールド (カプコン、2018年)
プレイヤーキャラクター及び相棒となる猫のキャラクタークリエーターを備える3D狩りゲーム。

その他、『World of Warcraft』(ブリザード、2004年-)、『ドラゴンクエストX』(スクウェア・エニックス、2012年-)、『ドラゴンズドグマ オンライン』(カプコン、2015年-)、『黒い砂漠』(Pearl Abyss、2015年-) など多くのMMORPGはキャラクターカスタム機能を搭載している。

ゲーミングプラットフォーム[編集]

似顔絵チャンネル/Miiスタジオ (任天堂、2006年-)
任天堂プラットフォームの各種ゲームで使えるアバターMiiを作成するためのソフト。
Xbox Avatar Editor (Microsoft、2008年-)
Microsoftプラットフォームの各種ゲームで使えるXboxアバター英語版を作成するためのツール。Xboxだけでなく、Windowsで使用することも可能。

メタバース/仮想世界[編集]

キャラクターのカスタマイズが可能なメタバースなど。

Second Life (リンデン・ラボ、2003年-)
大規模なメタバースであり、ボディーパーツの細かな編集が可能[12]。日本では2007年に電通が「バーチャル東京」を開設し[13]注目された。
ai sp@ce (ドワンゴ、2008年-2011年)
ニコニコ動画のアカウントと連携した国産メタバース。
meet-me (ココア、2008年-2018年)
国産メタバース。
PlayStation Home (ソニー、2008年-2015年)
PlayStation Networkで提供されていたPlayStation 3向けメタバースであり、ボディーパーツの細かな編集が可能であった[14]
Synthe (ホビーストック、2009年-2010年)
メタバースの一つであり、アバターツールを備えていた[15]
パーティーキャッスル (スクウェア・エニックス、2009年-2010年)
仮想世界の一つであり、キャラクターエディタを備えていた[16]

美少女ゲーム[編集]

カスタム性を重視した18禁美少女ゲームなど。

カスタム隷奴シリーズ (Kiss、1999年-2011年)
2Dのキャラクターエディットが可能なアダルトゲーム[17]
人工少女シリーズ/ジンコウガクエンシリーズ (ILLUSION (アイワン)、2004年-2014年)
キャラカスタム機能を搭載するアダルトゲーム。
3Dカスタム少女 (テックアーツ、2008年-2011年)
放課後かすたむ☆たいむ/らぶギア/ネトワクネトラル カレマチカノジョ/らぶデスFINAL! (TEATIME (アイワン)、2011年-2013年)
これらTEATIME製アダルトゲームには『たむたむす〜る』というキャラクタージェネレータが付属されていた。「たむたむす〜る」は後にピストンアニメーションにも対応した。無料の体験版や、全年齢版「たむたむす〜るぴゅあ」もあった。
カスタムメイド3D/カスタムメイド3D2/カスタムオーダーメイド3D2 (Kiss、2011年-)
キャラカスタム機能を搭載するアダルトゲーム。『カスタムオーダーメイド3D2』より「スタジオモード」が追加され、自由なシーンの作成が可能となった。
ハーレムめいと (ILLUSION (アイワン)、2014年)
キャラカスタム機能を搭載するアダルトゲーム。『追加データ&ハーレムスタジオ』の「ハーレムスタジオ」機能により自由なシーンの作成が可能。
プレイクラブ/Sexyビーチ プレミアムリゾート/プレイホーム/ハニーセレクトシリーズ (ILLUSION (アイワン)、2015年-)
リアル系のキャラカスタム機能を搭載するアダルトゲーム。Sexyビーチ プレミアムリゾートでは「Sexyビーチ スタジオ」機能で、プレイホームでは『プレイホーム 追加データ+スタジオ』で、ハニーセレクトでは『追加データ & スタジオ』で自由なシーンの作成が可能。
コイカツ! (ILLUSION (アイワン)、2018年-)
キャラカスタム機能を搭載するアダルトゲーム。『CHARA STUDIO』で自由なシーンの作成が可能。

キャラクタージェネレーターを備える主なバーチャル配信ソフトウェア[編集]

Hitogata
バーチャル配信向けソフトウェア[18]
Mirrativ (Mirrativ)
バーチャル配信機能を備えたライブ配信アプリ[19]
Vカツ (IVR (アイワン)、2018年-)
「コイカツ!」を元にした[20]バーチャル配信向けソフトウェア。
カスタムキャスト (Kiss、2018年-)
「カスタムメイド」シリーズを元にしたバーチャル配信向けアプリ。

その他[編集]

ちゃんりおメーカー/ちゃんりおフレンズ (サンリオ、2015年-)
ちゃんりおメーカーはサンリオ風アバターが作れるキャラクタージェネレーターであり[21]サンリオピューロランド内のアトラクション「ちゃんりおバーチャルパレード」と連動することができた[21]
その後、アプリ版のちゃんりおフレンズが登場した。
JOJO顔メーカー
ジョジョの奇妙な冒険』風の顔イラストを生成するWebサービス[22][23]
My Avatar Editor
Mii』風のキャラクター画像を生成するWebサービス[23]
植田まさし風似顔絵ジェネレータ
植田まさし風のキャラクター画像を生成するWebサービス[23]

出典[編集]

  1. ^ Evolving Characters Computer Graphics World 2014年5月21日
  2. ^ 自分のキャラに魂を入れる「魔法」 VTuberだけではない、ピクシブが「VRoid Studio」を開発した理由 (1/2) ITmedia 2018年7月27日
  3. ^ モンタージュ写真 Kotobank
  4. ^ 100万本売上を達成したPC版『RPGツクール』は今後どこへ向かうのか?「ツクール」シリーズプロデューサー・一之瀬氏に訊く AUTOMATION 2017年6月24日
  5. ^ a b c d e f g h Reallusion releases Character Creator 1.5 CG Channel 2016年9月15日
  6. ^ ■■■■造型王2+Summer Dress Data Collection for Windows■■■■ メディアギャロップ
  7. ^ a b Pinocchio comes out to play as Character Generator GraphicSpeak 2014年2月24日
  8. ^ Still in active development? Adobe System 2016年10月10日
  9. ^ Reallusion releases Character Creator 1.5 CG Channel 2016年9月15日
  10. ^ a b ManuelBastioniLAB fork 'MB-Lab' is looking for contributors BlenderNation 2018年12月15日
  11. ^ キャラ作成が体験できる新しいFF14ベンチ『キャラクター編』公開 ITmedia 2013年8月1日
  12. ^ 『Second Life: The Official Guide』 P.72- Michael Rymaszewski、Wagner James Au、Mark Wallace、Catherine Winters、Cory Ondrejka、Benjamin Batstone-Cunningham、Philip Rosedale 2006年12月5日 ISBN 978-0470096086
  13. ^ Second Lifeに“電通島” 「バーチャル東京」オープン ITmedia 2007年8月23日
  14. ^ 「PlayStation Home」クローズドベータテスト体験レポート Impress 2008年9月4日
  15. ^ ホビーストック,汎用スクリプト吉里吉里を内蔵したメタバース「Synthe(シンセ)」のサービスを発表。プレオープンサイトが本日オープン 4Gamer.net 2009年5月1日
  16. ^ 自分の描いたイラストが3Dキャラになるバーチャルワールド「パーティーキャッスル」オープンβテスト開始 4Gamer.net 2009年10月16日
  17. ^ Vtuberになれるアプリ『カスタムキャスト』130万DL突破。ヒットの理由は美少女ゲーム業界の“ゆるさ”と、リアルでもアニメ調でもない“フィギュア+イラスト調”の3D表現だった 電ファミニコゲーマー 2019年2月1日
  18. ^ 「やばい、あたし超カワイイ」 技術もスペックもないけどVTuberになれるのか? 「Hitogata」を試してみた (1/3) ITmedia 2018年5月11日
  19. ^ ライブ配信「Mirrativ」にアバター機能「エモモ」--スマホ1台で誰でもVTuberに CNET Japan 2018年8月1日
  20. ^ 女の子による指ツンツンやVTuberアプリなどの展示がヤバい!Uniteレポ ASCII.jp 2018年5月11日
  21. ^ a b 『Web Designing 2015年9月号』 P.115 マイナビ Web Designing編集部 2015年8月 JAN 4910018790953
  22. ^ JOJO顔メーカー ITmedia 2009年8月31日
  23. ^ a b c 『ツイッター情報収集術』 P.113 増田真樹 2010年6月17日 ISBN 978-4798121888

関連項目[編集]