キャラバン (中米の移民)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャラバン (中米の移民)
ホンジュラスからアメリカ合衆国に向けての移動
関係者 移民難民
場所 ホンジュラス - グアテマラ - メキシコ
日付 2018年10月

キャラバンは、中米諸国で発生する移民もしくは難民の大移動。

2018年10月に発生したキャラバン[編集]

発生[編集]

2018年10月13日、貧困や犯罪、暴力で苦しむホンジュラスの市民が、SNSの呼びかけなどに応じて、一斉にアメリカへ向け移動を開始した。10月15日には隣国グアテマラの国境を突破し、10月19日にはメキシコ国境に到達。各国境では、警察等が移動民の流れを食い止めようとしたが数の力で突破された。

10月23日、キャラバンの集団は、メキシコ チアパス州のウイストラで1日の休息を取った。アメリカ国境の3,000km手前にあたる。この時点でのキャラバン参加者数は、国際連合の推計で約7,000人、翌24日のメキシコ政府の発表では3,630人[1]。10月26日、メキシコのエンリケ・ペニャニエト大統領は、キャラバンの参加者がメキシコ南部の2州(チアパス州、オアハカ州)にとどまる場合、医療と教育、仕事を提供することを発表した[2]

ホンジュラス発のキャラバンが通過したグアテマラでは、新たなキャラバンが発生。10月28日にメキシコ国境に到達したが、グアテマラ側へ押し返された。また、10月中にはグアテマラの南方のエルサルバドルでも、首都サンサルバドルにて300人余りのキャラバンが結成されアメリカに向けて移動を開始した[3]

ドナルド・トランプ大統領の対応[編集]

キャラバンにメキシコ国境が突破されたことを受け同日、アメリカのドナルド・トランプ大統領はキャラバン参加者と移動を許した中米諸国を批判し、状況に応じてアメリカ=メキシコ国境に軍要員を動員することを表明した[4]。また、キャラバン結成の背後には民主党があったと批難した[5]。10月30日に国境警備のため5,200人を週内に派遣するとし、翌30日には最大で1万5000人の兵士を派遣する準備があると述べた[6]

アメリカメキシコ国境における対応[編集]

11月18日、キャラバンの約4千人ほどがティフアナに到達している中で、キャラバンから離れた約50人がシウダフアレスからアメリカへ越境して拘束された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米国目指す移民キャラバン、行進再開 あと3000キロ”. AFP (2018年10月25日). 2018年10月27日閲覧。
  2. ^ メキシコ、「キャラバン」に初の本格対策 南部2州にいれば医療など提供”. AFP (2018年10月27日). 2018年10月27日閲覧。
  3. ^ メキシコ・グアテマラ国境で移民と警察が衝突、エルサルバドルでもキャラバン結成”. AFP (2018年10月29日). 2018年11月1日閲覧。
  4. ^ 中米ホンジュラスの移民集団、メキシコ南部国境に到達”. CNN (2018年10月21日). 2018年10月27日閲覧。トランプ大統領はかねてより不法移民へ強硬な姿勢を示しており、11月6日に控えたアメリカ中間選挙の情勢においてキャラバンは「天からの贈り物」であると発言している。
  5. ^ “米国目指す移民集団、中間選挙控えるトランプ氏に「天からの贈り物」” (日本語). http://www.afpbb.com/articles/-/3194542 2018年11月2日閲覧。 
  6. ^ 移民キャラバン対策、国境への米軍派遣1万5000人に” (jp). TBS NEWS. 2018年11月2日閲覧。
  7. ^ 米、メキシコ国境で厳戒態勢移民キャラバン、検問所警備強化”. 共同通信社 (2018年11月19日). 2018年11月19日閲覧。

関連項目[編集]