キャリア・コンサルティング技能士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャリアコンサルティング技能士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家検定
分野 キャリアコンサルティング
試験形式 学科及び実技
認定団体 厚生労働省
等級・称号 1級-2級・キャリア・コンサルティング技能士
根拠法令 職業能力開発促進法
公式サイト http://www.career-kentei.org
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

キャリアコンサルティング技能士(キャリアコンサルティングぎのうし)とは、技能検定制度の一種[1]で、キャリアコンサルティングに関する国家検定である。 職業能力開発促進法第47条第1項により厚生労働大臣が指定する指定試験機関(特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会[2])が実施するキャリアコンサルティングに関する学科及び実技試験に合格した者をいう。

概要[編集]

技能の内容に応じ、1級と2級に区分される。1級は「指導レベル」、2級は「熟練レベル」で、国家資格キャリアコンサルタントの上位資格に位置づけられる。[3] 2008年に新たに追加された職種である。

受検資格[編集]

  • 1級
    • 10年以上の実務経験を有する者。
    • 9年以上の実務経験を有する者で、大学において検定職種に関する科目について20単位以上修得し卒業した者、又は標準レベルキャリア・コンサルタント養成研修と同等若しくはそれ以上の養成研修を受講し修了した者。
    • 8年以上の実務経験を有する者で、大学院において検定職種に関する科目について8単位以上修得し修了した者、又は標準レベルキャリア・コンサルタントである者。
    • 2級合格後、3年以上の実務経験を有する者。


  • 2級
    • 5年以上の実務経験を有する者。
    • 4年以上の実務経験を有する者で、大学*2において検定職種に関する科目について20単位以上修得し卒業した者、又は標準レベルキャリア・コンサルタント養成研修と同等若しくはそれ以上の養成研修を受講し修了した者。
    • 3年以上の実務経験を有する者で、大学院において検定職種に関する科目について8単位以上修得し修了した者、又は標準レベルキャリア・コンサルタントである者。

試験内容[編集]

試験は学科試験と実技試験からなる。学科試験、実技試験それぞれ単独で受験が可能である。

学科試験[編集]

出題形式
  • マークシート(四肢択一)50問、100分
合格基準
  • 70点以上(100 点満点)
試験科目
  • 1.キャリア・コンサルティングの社会的意義
    • 1-1.社会・経済的な動向とキャリア形成支援の必要性の認識
    • 1-2.キャリア・コンサルティングの役割の理解
    • 1-3.キャリア・コンサルティングを担う者の活動範囲と義務
  • 2.相談実施等に係る諸理論及び諸制度
    • 2-1.キャリアに関連する理論の理解
    • 2-2.カウンセリングに関連する理論の理解
    • 2-3.自己理解に関する理解
    • 2-4.仕事・職業に関する理解
    • 2-5.職業能力開発に関する理解
    • 2-6.雇用管理(人事管理・労務管理)に関する理解
    • 2-7.労働市場等に関する理解
    • 2-8.労働法規、社会保障制度等に関する理解
    • 2-9.メンタルヘルスに関する理解
    • 2-10.ライフステージ、発達課題に関する理解
    • 2-11.転機に関する理解
    • 2-12.相談者の類型的・個人的特性に関する理解
  • 3.相談実施技法
    • 3-1.基本的スキル
    • 3-2.相談実施過程において必要なスキル
  • 4.相談実施の包括的な推進と効果的な実施能力
    • 4-1.キャリア形成、キャリア・コンサルティングに関する教育、普及活動
    • 4-2.環境への働きかけの認識と実践
    • 4-3.ネットワークの認識と実践
    • 4-4.自己研鑽・スーパービジョン
    • 4-5.キャリア形成支援者としての姿勢

実技試験[編集]

出題形式
  • 1.論述試験 記述式による解答(1事例、60分)
  • 2.ロールプレイおよび口頭試問(1事例20分+口頭試問10分)
    • 2-1.ロールプレイ:受検者が事例指導者役となり、事例相談者役の指導を行う。
    • 2-2.口頭試問:自らの事例指導について試験官(技能検定委員)からの質問に答える。
合格基準
  • 60点以上(100 点満点)
試験細目
  • 1.相談実施等に係るスキル
    • 1-1.カウンセリング・スキル
    • 1-2.グループアプローチ・スキル
    • 1-3.キャリアシートの作成指導
    • 1-4.相談過程全体のマネジメント・スキル
  • 2.相談実施過程において必要なスキル
    • 2-1.相談場面の設定
    • 2-2.「自己理解」支援
    • 2-3.「仕事理解」支援
    • 2-4.「啓発的経験」支援
    • 2-5.「意思決定」支援
    • 2-6.「方策の実行」支援
    • 2-7.「新たな仕事への適応」
    • 2-8.相談過程の総括

過去の実施状況[編集]

年度 1級 2級
学科 実技 学科 実技
受検者 合格者 合格率 受検者 合格者 合格率 受検者 合格者 合格率 受検者 合格者 合格率
平成30年前期  - - - - - - 1010人 817人 80.89% 1817人 281人 15.47%
平成29年後期 525人 153人 29.14% 887人 49人 5.52% 1039人 537人 51.68% 2195人 330人 15.03%
平成29年前期  - - - - - - 1016人 608人 59.84% 2128人 289人 13.58%
平成28年後期 586人 313人 53.41% 769人 64人 8.32% 1236人 775人 62.70% 2541人 388人 15.27%
平成28年前期  - - - - - - 1704人 1255人 73.65% 2450人 403人 16.45%
平成27年後期 534人 257人 48.13% 604人 27人 4.47% 1939人 949人 48.94% 2814人 530人 18.83%
平成27年前期  - - - - - - 1508人 804人 53.32% 2136人 375人 17.56%
平成26年後期 400人 156人 39.00% 395人 35人 8.86% 2887人 1699人 58.85% 2429人 461人 18.98%
平成26年前期  - - - - - - - - - 1984人 290人 17.22%
平成25年後期 322人 119人 35.20% 241人 28人 11.20% 766人 521人 64.49% 4437人 934人 20.60%
平成25年前期  - - - - - - - - - 3197人 729人 22.44%
平成24年後期 268人 21人 7.58% 211人 44人 20.56% 636人 371人 54.32% 2337人 594人 24.95%
平成24年前期  - - - - - - - - - 1955人 628人 31.65%
平成23年後期 221人 5人 2.16% 207人 44人 21.25% 471人 152人 29.98% 1732人 464人 26.78%
平成23年前期  - - - - - - - - - 1295人 307人 23.71%
平成22年後期  - - - - - - 380人 116人 27.88% 1462人 390人 25.51%
平成22年前期  - - - - - - - - - 1368人 347人 24.96%
平成21年後期  - - - - - - 242人 118人 48.76% 1162人 278人 23.92%
平成21年前期  - - - - - - - - - 1559人 346人 22.19%
平成20年後期  - - - - - - 493人 264人 53.54% 2743人 478人 17.42%

取得後の称号[編集]

試験に合格すると等級に応じて「キャリア・コンサルティング技能士」の称号が付与される。なお、資格を表記する際には「1級キャリア・コンサルティング技能士」、「2級キャリア・コンサルティング技能士」のように等級を明示する必要がある。等級の非表示、等級表示位置の誤り、職種名の省略表示などは不可である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 技能検定制度の概要について(厚生労働省、2008年5月)
  2. ^ 職業能力開発促進法第四十七条第一項に規定する指定試験機関の指定に関する省令(最終改正:平成二〇年九月一〇日厚生労働省令第一四〇号)
  3. ^ 「キャリアコンサルティング技能士」との関係 |厚生労働省」2018年5月27日閲覧。

関連項目[編集]