キャリクファーガスの戦い (1760年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャリクファーガスの戦い
Carrickfergus-castle-2.jpg
キャリクファーガス城英語版の北東側
戦争七年戦争
年月日1760年2月21日 - 2月26日
場所アイルランド王国キャリクファーガス英語版(現北アイルランド
結果:フランスの勝利、キャリクファーガスを5日間占領
交戦勢力
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
グレートブリテン王国の旗 ジョン・ジェニングス フランス王国の旗 フランソワ・テュロー英語版
フランス王国の旗 フロバート将軍
戦力
200 600

キャリクファーガスの戦い(キャリクファーガスのたたかい、英語: Battle of Carrickfergus)は七年戦争中の1760年2月、アイルランド王国キャリクファーガス英語版でおきた戦闘。私掠船フランソワ・テュロー英語版率いるフランス軍600人がキャリクファーガスの守備軍を圧倒して城を占領した[1]

キャリクファーガス占領の報せがダブリンにつくと、アイルランド総督ベッドフォード公はイギリス軍を北へ移動させるフェイントであり、フランスの目標はコークやダブリンにあるとして、少数の竜騎兵部隊しか派遣しなかった。

テュローはキャリクファーガスを5日間占領して、ベルファストなど近くの町を脅迫して補給や身代金をせしめたが、ストロード将軍率いる民兵隊が迫っていた上にイギリス海軍が沖に現れたことから撤退した[2]

テュローは後のビショップスコートの海戦で戦死したが、フランス海軍がキブロン湾の海戦で大敗した中、果敢にも敵地に侵入したことで英雄に祭り上げられた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ McLynn, p. 385.
  2. ^ Longmate, p. 181.
  3. ^ McLynn, pp. 386-87.

参考文献[編集]

  • Longmate, Norman. Island Fortress: The Defence of Great Britain, 1603-1945. Harper Collins, 1993
  • McLynn, Frank. 1759: The Year Britain Became Master of the World. Pimlico, 2005.
  • Rodger NAM. Command of the Ocean: A Naval History of Britain, 1649-1815. Penguin Books, 2006.
  • Bartlett & Jeffery, Thomas & Keith (1997). A Military History of Ireland. Cambridge University Press. ISBN 9780521629898. https://books.google.com/books?id=MPZiWhhAmXAC&pg=PA226&lpg=PA226&dq=jennings+carrickfergus&source=bl&ots=UmQL56UfX_&sig=lhSqRXJcFFrjjsUNS87J82n5j-4&hl=en&ei=IdEaSqrfJNe7jAf7xbyGDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3#PPA227,M1. 

関連項目[編集]

  • 七年戦争下のイギリス英語版
  • 七年戦争下のフランス英語版


座標: 北緯54度42分48秒 西経5度48分23秒 / 北緯54.71345度 西経5.80629度 / 54.71345; -5.80629