キャロル・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャロル・リード
Carol Reed
生年月日 (1906-12-30) 1906年12月30日
没年月日 (1976-04-25) 1976年4月25日(69歳没)
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドン
死没地 イギリスの旗 イギリス、ロンドン
配偶者 ダイアナ・ウィンヤード(1943年 - 1947年)
ペネロープ・ダドリー=ウォード(1948年 - 1976年)
主な作品
第三の男』『オリバー!

サー・キャロル・リード(Sir Carol Reed, 1906年12月30日 - 1976年4月25日)は、イギリス映画監督

略歴[編集]

俳優のSir Herbert Beerbohm Treeの息子としてロンドンに生まれ、カンタベリーで教育を受けた。ティーンエイジャーの頃から俳優として活動していたが、後に映画監督・プロデューサーになる。第二次世界大戦中はイギリス陸軍に所属した。

オリバー!』でアカデミー監督賞を受賞。『第三の男』ではカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。1953年には映画監督として初めてナイトの称号を与えられた。

1976年、死去。

1943年に女優のダイアナ・ウィンヤード英語版と結婚するが4年後に離婚した。1948年に女優のペネロープ・ダドリー=ウォード英語版と再婚した。

俳優のオリヴァー・リードは甥にあたる。また、同じく映画監督であるルキノ・ヴィスコンティと生没年が同じである。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]