キャンセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャンセル: cancellation)は、一般的にはあらかじめ当事者間で契約した事柄の内、どちらか一方の都合で破棄する意味合いで用いられる。法律的には解約取消撤回であり、主に予約等の解除を指す場合が多い。

一般的には契約・約束事に際して当事者間で破棄する場合、日時等を変更して代替可能であればそのまま日付の変更する以前の条件で契約事項が守られる場合が多いが、それが不可能の場合、何らかの制裁が破棄する側から破棄されたほうにその補償を発生させる契約もある。飲食店や宿泊施設など商業の場合は事前に連絡してくれていれば他の客を招けるために機会損失・経済的損失を招くため強く批判されている行為。別名「予約不履行」「無断キャンセル」「ノーショー(No Show)」とも言われる社会問題[1][2]

無断キャンセル問題[編集]

韓国でも社会問題になっていて、2018年に韓国の公正取引委員会は予約をしながら来なかった場合、あるいは予約の時間まで1時間を切ってから突然キャンセルした客に違約金を支払わせる方針を決定した。朝鮮日報は保証金や前金が必須になるだろうと予想している。病院に来ない外来予約患者が予約者の13%を占めている。韓国では飲食店、病院、美容室、劇場、高速バスの「5大サービス業種」の無断キャンセルによる売り上げ損失は2016年の一年間で4兆5000億ウォン(約4500億円)に達し、平昌オリンピック期間中にも多くの被害が発生した。100人分以上の予約をして店に来なかったグループが韓国の公務員に多く、オリンピックのために来た外国人による無断キャンセルはほとんど無かった。 予約ごとに口座振替で事前に1席1万ウォン(約1000円)の「ノーショー防止保証金」を取って会場に来た客には当日返金する仕組みや予約アプリにて予約時にメニューの選択と支払いまでアプリで済ませるシステムを導入することで予約不履行の割合を予約者の1%未満に削減できている。朝鮮日報は「ノー・ショー根絶キャンペーン」を行った後、予約を無断でキャンセルした客には高額の違約金請求することは今後他の業種にも広げていくべきだと指摘している。さらに国民の間で「予約の無断キャンセルは恥ずかしいこと」という自覚を高めていくことだが必要だと社説で述べている。[3][4]

キャンセル代替制度[編集]

  • 交通機関では、地震台風などの自然災害による運行中止、自社の輸送障害といった交通機関側の事情による運休では、代替が可能である場合には、無償で代替交通機関を提供するが、利用者が病気や仕事など、自己都合により利用しない場合には、交通機関側に支払った運賃・料金の一部を、交通機関側が定めた手数料額を徴収して返金する。
  • 日本プロ野球では、試合不成立の場合、振替試合への入場を可能とする。

アクションゲーム用語でのキャンセル[編集]

アクションゲームにて、操作キャラクターの(隙になって不利になる)不要なモーションを、特定のコマンド操作によって中断させ、有用な別のモーションに切り替えてコンボを継続したり、逆に意図的にコンボを終了させて(必要としない)次のモーションをカットさせたりすることをいう。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]【社説】韓国も予約無断キャンセルの悪習から脱却を
  2. ^ [2]なぜ「ノーショー」が横行するのか=韓国ネットでは「国民性の問題」との意見多数
  3. ^ [3]【社説】韓国も予約無断キャンセルの悪習から脱却を
  4. ^ [4]韓国で400人がドタキャン!なぜ「ノーショー」が横行するのか=韓国ネットでは「国民性の問題」との意見多数