キャンディ (BUCK-TICKの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BUCK-TICK > 作品リスト > キャンディ (BUCK-TICKの曲)
キャンディ
BUCK-TICKシングル
初出アルバム『COSMOS
B面 チョコレート
リリース
規格 8cmCDシングル
録音 1996年3月 - 4月
SOUND SKY KAWANA
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクターインビテーション
チャート最高順位
  • 週間11位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
BUCK-TICK シングル 年表
見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
1995年
キャンディ
(1996年)
ヒロイン
1997年
テンプレートを表示

キャンディ」は、日本ロックバンドBUCK-TICKの12枚目のシングル1996年5月22日ビクターインビテーションより発売された。初回盤のみジャケットがエンボス加工されたスペシャルパッケージ仕様。

解説[編集]

前作「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」から8ヶ月という短いスパンで発売された。アルバムCOSMOS』からの先行シングル。個人事務所設立後、最初の作品であり、ビクターから発売した最後のシングル。

収録曲[編集]

  1. キャンディ (4:27)
    今井曰く、おもいっきり予定調和なコード進行で、「シンプルで聴きやすく、ポップ」をテーマとしたアルバムの中でもポップすぎて、逆に異色な1曲となることを狙った曲[1]。今井自ら「ふつうしない」と語るイントロギターフレーズや、わざと拙く弾き、4回ほど録ったものを部分的につないだ間奏のギター・ソロは、あえて「バカバカしい感じ」を狙ったもの。また、星野英彦によるバッキングはコードが判別できないほどアンプで歪ませてある[2]ミュージック・ビデオの監督は当時デビューしたばかりだったGUNIW TOOLSの古川ともが担当。古川の地元である北海道で撮影が行われた。
    具体的な箇所は不明だが、歌詞にNHKからNGが出たため「ポップジャム」出演時に演奏することができず[3]、変わりにアルバム収録曲で、もうひとつのシングル候補曲だった「Ash-ra」が演奏された。
  2. チョコレート (3:58)
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦、編曲:BUCK-TICK
    アルバム収録曲中、最初にレコーディングされた曲だが、歌詞はシングルのカップリング曲に決まってから書かれており、最初は別のタイトルだったが、歌詞に「チョコレート」というフレーズがあったことと、メイントラックのタイトルが「キャンディ」だったことから変更された[2]

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ uv』 vol.7(1996年6月)
  2. ^ a b 月刊ギグス』 No.104(1996年6月号)
  3. ^ 『uv』 vol.25(1997年11月)