キャンプ・ボニファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャンプ・ボニファスのメインゲート。南側から北を見た写真。
キャンプ・ボニファスにある「世界で最も危険なゴルフコース」[1]
ゴルフ場の案内にも「世界で最も危険なゴルフコース」との説明がある

キャンプ・ボニファスCamp Bonifas캠프 보니파스 キャンプボニパス)は朝鮮半島軍事境界線沿いの共同警備区域(JSA)、板門店にある国連軍(実質は米韓連合司令部)の軍事基地。軍事境界線の南側400メートルに位置し[2]非武装地帯の北側境界から2400メートルに位置する。旧名キャンプ・キティホーク。2006年には大韓民国に返還されている。

キャンプ・ボニファスは、共同警備区域の本拠地に当たり、その本来の任務は朝鮮戦争休戦協定の実施状況の監視にある。この他、非武装地帯とその周辺での国連軍の活動の見学ツアーの護衛にも当たっている。このキャンプには、非武装地帯や共同警備区域関連商品を扱うギフトショップもある。

近くで起きたポプラ事件で殉職したアーサー・ボニファス大尉(少佐に特進)を偲んで、1986年8月18日、キャンプ・ボニファスと改称[3][2]

ここには1ホール・パー3で人工芝グリーンを持つゴルフコースがある。ここは三方を地雷原に囲まれており[4]アウト・オブ・バウンズになったボールが地雷を直撃し爆発させたこともあるため、スポーツ・イラストレイテッドに「もっとも危険なゴルフコース」と呼ばれている[4]

このキャンプは軍事基地としては極めて小規模であり、ワシントン・ポストのケヴィン・サリヴァンの1998年の報告では「いくつかの建物があり、周囲は三重の有刺鉄線で囲まれており、軍事境界線 から440ヤードの位置にある。少し大きめのボーイスカウトキャンプのようだ」と述べている[4]

関連項目[編集]

  • ポプラ事件 このキャンプが「ボニファス」と呼ばれるきっかけとなった事件。

参考文献[編集]

OOjs UI icon map-ltr-progressive.svg 地図を見る

座標: 北緯37度55分59秒 東経126度43分30秒 / 北緯37.933度 東経126.725度 / 37.933; 126.725