キャーズム・オザルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャーズム・キョプリュリュ(1925年)

キャーズム・オザルプ(Kâzım Özalp、1880年1968年6月6日)は、トルコ政治家軍人トルコ大国民議会議長、国防相を歴任した。最終階級は、「ビリンジ・フェリク」 (Birinci Ferik:大将)。

来歴[編集]

オスマン帝国支配下のマケドニア地方キョプリュリュに生まれる。そのため、1934年苗字法が制定されるまでは、キャーズム・キョプリュリュと呼ばれた。1902年に士官学校を卒業し、1905年に陸軍大学を卒業。セラーニクの歩兵第36連隊に配属される。そこで統一と進歩委員会に加入。1909年3月のマケドニアにおける反乱鎮圧に従事。1912年、バルカン戦争に従軍。第一次世界大戦ではカフカス戦線でロシア軍と戦った。1914年に少佐、1915年に中佐、1917年に大佐に昇進。

トルコ独立戦争では北東戦線司令官に任命され、1920年にはアルメニア人鎮圧にあたった。トルコ大国民議会議員に選出された。最初はバルケスィル県から、第九期以降はヴァン県から選出された。1921年にコジャエリ地区司令官に任命され、イズミットアダパザル連合国軍による占領から解放した。サカリヤの戦いでは第3集団 (後に軍団となる)を指揮。戦功を賞され1921年に、「ミールリヴァー:少将」に昇進した。

1922年1月、国防相に任命される。同年中将に昇進。1926年に大将に昇進した。1924年11月から1935年3月までトルコ大国民議会議長を務める。1935年から1939年まで、再び国防相を務めた。アンカラで死去した。死後の1971年に回顧録『国民闘争』が出版された。

フリーメイソンの会員だったとされている[1]

先代:
フェトヒ・オクヤル
トルコ大国民議会議長
1924年 - 1935年
次代:
アブデュルハリク・レンダ
先代:
トルコ共和国国防相
1923年 - 1924年
次代:
フェトヒ・オクヤル
先代:
ゼカイ・アパイドゥン
トルコ共和国国防相
1935年 - 1939年
次代:
ナージ・トゥナズ