キュアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キュアード
スティーヴ・ハケットスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロックポップ・ロック
時間
レーベル カリスマ・レコード
プロデュース スティーヴ・ハケット、ジョン・アコック、ニック・マグナス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(イギリス[1]
  • 21位(ノルウェー[2]
  • 29位(スウェーデン[3]
  • 169位(アメリカ[4]
  • スティーヴ・ハケット アルバム 年表
    ディフェクター
    (1980年)
    キュアード
    (1981年)
    ハイリー・ストラング
    (1983年)
    テンプレートを表示

    キュアード[注釈 1]』(Cured)は、イギリスギタリストスティーヴ・ハケット1981年に発表した5作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    ハケットは『スペクトラル・モーニングス』(1979年)及び『ディフェクター』(1980年)で起用した自身のツアー・バンドを解体し、本作ではハケット自身がベースも兼任して、ドラム・パートはドラムマシンを使用した[5]。また、ハケット自身が全ボーカル・パートを担当した初のアルバムに当たる[5]

    アルバム・タイトルは、『ディフェクター』に伴うツアー終了後、ブラジルで3か月休養していた頃に曲作りが行われたことに由来している[6]

    反響・評価[編集]

    全英アルバムチャートでは5週トップ100入りし、最高15位を記録した[1]。ノルウェーのアルバム・チャートでは5週連続でトップ40入りし、最高21位を記録した[2]

    ロビン・プラッツはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「スティーヴ・ハケットはジェネシス脱退以降、自身のアルバムを何枚か作ってきたが、1981年の『キュアード』ほど、真の意味でハケットのソロ・アルバムと言える作品はなかった」「ハケットの以前の作品とは殆ど似ておらず、アルバムの大半は、より売れ線のサウンドのポップ・ミュージックとなった」と評している[5]

    リイシュー[編集]

    2007年リマスターCDにはボーナス・トラックが3曲追加され、「テイルズ・オブ・ザ・リヴァーバンク」はシングル「ホープ・アイ・ドント・ウェイク」のB面曲である[7]。また、「セカンド・チャンス」はハケットの友人の俳優ラルフ・ベイツ英語版が出演したテレビ・シリーズ『セカンド・チャンス』のテーマ曲で、シングル「ピクチャー・ポストカード」のB面に収録された[8]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はスティーヴ・ハケット作。4. 6.及びリマスターCDボーナス・トラックの3曲はインストゥルメンタル[9]

    1. ホープ・アイ・ドント・ウェイク - "Hope I Don't Wake" - 3:47
    2. ピクチャー・ポストカード - "Picture Postcard" - 3:54
    3. キャント・レット・ゴー - "Can't Let Go" - 5:42
    4. ジ・エアー・コンディションド・ナイトメア - "The Air-Conditioned Nightmare" - 4:42
    5. ファニー・フィーリング - "Funny Feeling" (Steve Hackett, Nick Magnus) - 4:06
    6. ア・クレイドル・オブ・スワンズ - "A Cradle of Swans" - 2:49
    7. オーヴァーナイト・スリーパー - "Overnight Sleeper" (S. Hackett, Kim Poor) - 4:37
    8. ターン・バック・タイム - "Turn Back Time" - 4:23

    2007年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. テイルズ・オブ・ザ・リヴァーバンク - "Tales of the Riverbank" (Traditional) - 2:00
    2. セカンド・チャンス - "Second Chance" - 2:00
    3. ジ・エアー・コンディションド・ナイトメア(ライヴ・ヴァージョン) - "The Air-Conditioned Nightmare (live)" - 4:08

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 1991年再発CD (VJCP-23034)、2007年再発CD (VJCP-68800)の帯に準拠。日本初回盤LP (25S-38)の邦題は『カリビアン・ヴァケーション』だった。

    出典[編集]

    1. ^ a b STEVE HACKETT | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    2. ^ a b norwegiancharts.com - Steve Hackett - Cured
    3. ^ swedishcharts.com - Steve Hackett - Cured
    4. ^ Steve Hackett Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2018年5月23日閲覧。
    5. ^ a b c Platts, Robin. “Cured - Steve Hackett”. AllMusic. 2018年5月23日閲覧。
    6. ^ 2007年リマスターCD (VJCP-68800)ライナーノーツ(スティーヴ・ハケット、2006年8月)
    7. ^ Steve Hackett - Hope I Don't Wake (Vinyl) at Discogs
    8. ^ Collecting Hackett - A Maniac's Guide By: Alan Hewitt - February 09”. hackettsongs.com. 2018年5月23日閲覧。
    9. ^ 2007年リマスターCD (VJCP-68800)歌詞カード