キュリー定数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

キュリー定数(―ていすう)は、常磁性体磁化率キュリーの法則強磁性体反強磁性体キュリー・ワイスの法則に表れる物質に固有な物性値である。

,

ここで

は磁気モーメントの数
ランデのg因子
ボーア磁子
は全角運動量量子数
ボルツマン定数

または局在磁気モーメントの大きさの二乗平均を用いて、以下と表すこともできる。

これにより、キュリー定数を測定することで局在磁気モーメントの大きさを推定することができる。

磁気モーメントの2準位系(イジング模型)では公式は簡単に以下のように表せる。

この定数は常磁性体の磁化率と温度の関係に関するキュリーの法則に表れる。

.

ここでは磁化、は外部磁場。この公式はピエール・キュリーによって初めて導かれた。

関連項目[編集]