キューバン・アサシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
キューバン・アサシン
プロフィール
リングネーム キューバン・アサシン
キューバン・アサシン1号
オリジナル・キューバン・アサシン
アンヘル・カストロ
本名 アンヘル・アセベド
ニックネーム キューバの暗殺者
身長 170cm[1] - 175cm[2]
体重 100kg[2] - 110kg[1]
誕生日 1945年1月27日(71歳)[1]
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
サンフアン[1]
テンプレートを表示

ザ・キューバン・アサシンThe Cuban Assassin、本名:Ángel Acevedo1945年1月27日 - )は、プエルトリコサンフアン出身の元プロレスラー。

キューバゲリラ兵ギミックヒールとして、カルガリーモントリオールマリタイムズなどカナダ各地を主戦場に活動。日本にも、中堅外国人のポジションで国際プロレスに度々参戦した[2]

1980年代後半に新日本プロレスに来日していた同名のレスラー(デビッド・シェラ)は、このギミックの後継者であり[1]、オリジナル版の本項とは別人である[3]

来歴[編集]

父親はキューバ人、母親はプエルトリコ人[1]。当初はボクサーを目指していたが、増加した体重を活かすためにプロレスに転向、移住先であるアメリカ合衆国フロリダでトレーニングを積み、エディ・グラハム主宰のNWAフロリダ地区にてデビュー[1]キューバ系の出自をもとに、軍服をコスチュームとしたゲリラ兵ギミックキューバン・アサシンThe Cuban Assassin)を名乗り、モジャモジャ頭に髭面の悪相ヒールとなって活動する。1972年にはウェストバージニア州ブルーフィールドにてヘビー級王座を2回獲得した[4]

1973年、キューバン・アサシン2号(フランク・シーブランシン)とのタッグチームキューバン・アサシンズThe Cuban Assassins[5]を結成してテネシーミッドアメリカ地区に登場。ジャッキー・ファーゴジェリー・ジャレットトージョー・ヤマモトらのチームと対戦した[6]。その後はカナダモントリオールに進出し、1974年11月、同地区との提携ルートで2号と共に国際プロレスに初来日[7]。シリーズのパンフレットには「キューバ革命前の旧政府直轄の殺し屋で、革命後もフィデル・カストロを暗殺すべくジャングルでゲリラ活動をしていたが、カストロ政権の軍隊に捕まりキューバを追放された」などと紹介されていた[8]

以降もキューバン・アサシンズでの活動を続け、1976年12月3日にはアルバータ州カルガリースタンピード・レスリングにて、エディ・モロー&ジェリー・モローの兄弟チームからインターナショナル・タッグ王座を奪取[9]1977年2月には国際プロレスの『第6回IWAワールド・シリーズ』に再来日、シングルの総当たりリーグ戦ではマッドドッグ・バションジプシー・ジョーとも対戦し、同時開催されたIWA世界タッグ王座の争奪トーナメントにも2号と組んで出場したが、1回戦でアニマル浜口&寺西勇に敗退した[10]

2号とのコンビ解散後はシングル・プレイヤーに戻り、カルガリーやマリタイム地区で活動。国際プロレスにも、最後の参戦となった1980年4月にかけて再三来日。キラー・ブルックスアレックス・スミルノフモンゴリアン・ストンパーら外国人エースの先兵役となって日本陣営を引っ掻き回した(国際プロレスにはキューバン・アサシンズでの参戦を含め通算6回来日)[11]。1977年11月の来日時には、巨漢ブルドーザー・ビッグ・ベンのマネージャー役も務めている[12]

1981年はテネシー州メンフィスCWAに登場、ジミー・ハート率いるヒール軍団「ファースト・ファミリー」に加入し、イラニアン・アサシン(ジャック・クルーガー)と組んでリッキー・ギブソン&ロバート・ギブソンのギブソン・ブラザーズと抗争を展開[13]ジェリー・ローラーとも対戦し、ビル・ダンディー&スティーブ・カーンが保持していたAWA南部タッグ王座にも挑戦した[14]1982年は故郷プエルトリコWWCに参戦、後に正式なタッグチームを結成する旧敵ジェリー・モローと組み、11月20日にピエール・マーテル&ジノ・ダラセーラ(ボブ・ダラセーラの実弟)からWWC世界タッグ王座を奪取している[15]

主戦場のカルガリーでは1983年から1984年にかけて、ダイナマイト・キッドデイビーボーイ・スミスブレット・ハートデビッド・シュルツらと対戦[16]。9月9日にはフランシスコ・フローレスをパートナーに、ミスター・ヒト&ジム・ナイドハートを破ってインターナショナル・タッグ王座に返り咲いている[9]サニー・トゥー・リバーズ高野俊二など、海外修行でカルガリーに渡っていた新日本プロレスの若手選手とも対戦し、ヒール陣営にいたヒロ斎藤ザ・コブラともタッグを組んだ[17]バッドニュース・アレンとのコンビでも、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスを相手にインターナショナル・タッグ王座を争っている[9]

1984年10月、当時マリタイム地区のアトランティック・グランプリ・レスリングとの選手招聘ルートを持っていた第1次UWFに来日。シューティング路線への移行期にあった旧UWFにおいて、前田日明藤原喜明スーパー・タイガーらと対戦した[18]。翌1985年太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングに出場、トム・プリチャードボビー・ジャガーズビリー・ジャック・ヘインズなどと対戦している[19]。その後、1987年からはアメリカ中西部NWAセントラル・ステーツ地区に参戦、1988年2月6日、ボブ・ブラウンと組んでセントラル・ステーツ・タッグ王座を獲得した[20]

1980年代末はジェリー・モローとの傭兵ギミックのタッグチーム、キューバン・コマンドスThe Cuban Commandos)で活動。スタンピード・レスリングではブライアン・ピルマンクリス・ベノワらのチームを破ってインターナショナル・タッグ王座を2回獲得し[9]WWFを離脱してカルガリーに戻ってきたブリティッシュ・ブルドッグスとも抗争した[21][22]。プエルトリコのWWCにもロス・メルセナリオスLos Mercenarios)のチーム名で再登場し、1989年10月7日にミゲル・ペレス・ジュニア&ウラカン・カスティーヨ・ジュニアからカリビアン・タッグ王座を奪取[23]。モローの離脱後はロン・スターを新パートナーに、1990年2月4日にマーク・ヤングブラッド&クリス・ヤングブラッドを下してWWC世界タッグ王座を再び獲得した[15]

以降、1992年にセミリタイアするも、2004年までアルバータ州のインディー団体に出場していた[24]。息子のリッチー・アセベド(Richard "Richie" Acevedo)もプロレスラーであり、キューバン・アサシンのリングネームとギミックを受け継いで2000年代に活動していた[25]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
アトランティック・グランプリ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC世界タッグ王座:2回(w / ジェリー・モロー、ロン・スター[15]
  • WWCカリビアン・タッグ王座:3回(w / ジェリー・モロー、ロン・スター×2)[23]
セントラル・ステーツ・レスリング
その他
  • ウェスト・バージニア・ヘビー級王座:2回[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g SLAM! Wrestling Canadian Hall of Fame: Cuban Assassin”. SLAM! Sports (April 21, 2015). 2016年1月26日閲覧。
  2. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』P51(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802)
  3. ^ David Sierra”. Online World of Wrestling. 2016年1月26日閲覧。
  4. ^ a b West Virginia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。
  5. ^ Tag Team "Cuban Assassins"”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  6. ^ The GWE matches fought by Cuban Assassin in 1973”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  7. ^ IWE 1974 World Champion Series”. Puroresu.com. 2016年1月26日閲覧。
  8. ^ 『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '74 ワールド・チャンピオン・シリーズ(2011年、クエスト)
  9. ^ a b c d e Stampede International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。
  10. ^ IWE 1977 The 6th IWA World Series”. Puroresu.com. 2016年1月26日閲覧。
  11. ^ 『忘れじの国際プロレス』P106(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802)
  12. ^ 『プロレスアルバム51 これぞプロレス ワンダーランド!!』P18(1984年、恒文社
  13. ^ The USWA matches fought by Cuban Assassin in 1981”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  14. ^ The USWA matches fought by Cuban Assassin in 1981 (2)”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  15. ^ a b c WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。
  16. ^ The Stampede matches fought by Cuban Assassin in 1983”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  17. ^ The Stampede matches fought by Cuban Assassin in 1984”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  18. ^ The UWF matches fought by Cuban Assassin in 1984”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  19. ^ The PNW matches fought by Cuban Assassin in 1985”. Wrestlingdata.com. 2016年1月26日閲覧。
  20. ^ a b NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。
  21. ^ Canadian Hall of Fame: Gerry Morrow”. SLAM! Wrestling. 2011年1月22日閲覧。
  22. ^ 『Gスピリッツ Vol.35』P82(2015年、辰巳出版、ISBN 4777814556)
  23. ^ a b WWC Caribbean Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。
  24. ^ Angel Acevedo: Matches”. Cagematch.net. 2016年1月26日閲覧。
  25. ^ Richie Acevedo”. Cagematch.net. 2016年1月26日閲覧。
  26. ^ AGPW North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月26日閲覧。