キューピッド (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キューピッド
Cupid
Cupid moon.png
仮符号・別名 Uranus XXVI
S/2003 U 2
分類 天王星の衛星
発見
発見日 2003年8月25日[1]
発見者 Mark R. Showalter
Jack J. Lissauer
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 74,392 km[2]
離心率 (e) 0.0013[2]
公転周期 (P) 0.613 日[2]
軌道傾斜角 (i) 0.099°[2]
(天王星の赤道に対して)
近日点引数 (ω) 247.608°[2]
昇交点黄経 (Ω) 182.793°[2]
平均近点角 (M) 163.830°[2]
天王星の衛星
物理的性質
直径 18 km[3]
質量 3.0×1015 kg[3]
平均密度 1.3 g/cm3[3] (仮定値)
自転周期 同期回転
アルベド(反射能) 0.070 ± 0.006[4]
表面温度
最低 平均 最高
~64 K
■Template (■ノート ■解説) ■Project

キューピッド[5] (Uranus XXVII Cupid) は、天王星の第27衛星である。

キューピッドは、2003年8月25日に Mark R. Showalter と Jack J. Lissauer によってハッブル宇宙望遠鏡を用いて発見された[6]。同じ観測ではマブも発見されており、同年9月25日に国際天文学連合のサーキュラーで合わせて公表され、S/2003 U 2 という仮符号が与えられた。その後2005年12月29日に、ウィリアム・シェイクスピア戯曲アテネのタイモン』の登場人物に因んで命名され、Uranus XXVII という確定番号が与えられた[7][8]

キューピッドの推定直径はわずか 18 km であり、天王星の内衛星の中では最小である。1986年ボイジャー2号が天王星をフライバイした際には多数の衛星が発見されたが、この衛星は小さく表面も暗かったため、ボイジャー2号の観測ではこの衛星を見逃している。

キューピッドは、測光的特徴や軌道要素がよく似たビアンカクレシダデズデモーナロザリンドポーシャジュリエットベリンダペルディータとともに、ポーシャ群を形成している[9][10]。キューピッドの軌道は、より大きい衛星であるベリンダの軌道とわずか 863 km しか違わない。しかし同時期に発見されたマブペルディータとは異なり、ベリンダによって軌道は乱されていないと考えられている[4]

なお、似た名前を持つ天体としてクピド (763 Cupido) という小惑星があるが、名前の由来は異なる。

出典[編集]

  1. ^ In Depth | Cupid – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局 (2017年12月5日). 2018年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  3. ^ a b c Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  4. ^ a b Showalter, M. R. (2006). “The Second Ring-Moon System of Uranus: Discovery and Dynamics”. Science 311 (5763): 973–977. doi:10.1126/science.1122882. ISSN 0036-8075. 
  5. ^ 太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月9日閲覧。
  6. ^ Daniel W. E. Green (2003年9月25日). “IAUC 8209: S/2003 U 1, S/2003 U 2; P/2003 S2”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。
  7. ^ Planet and Satellite Names and Discoverers”. Planetary Names. 国際天文学連合. 2015年1月11日閲覧。
  8. ^ Daniel W. E. Green (2005年12月29日). “IAUC 8648: Sats OF URANUS; 2005mf, 2005mg; C/2005 U7, C/2005 U8, C/2005 Y1”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。
  9. ^ Karkoschka, Erich (2001). “Comprehensive Photometry of the Rings and 16 Satellites of Uranus with the Hubble Space Telescope”. Icarus 151 (1): 51–68. Bibcode 2001Icar..151...51K. doi:10.1006/icar.2001.6596. 
  10. ^ Scott S. Sheppard. “Uranus Satellite and Moon Data”. Carnegie Science. 2018年12月25日閲覧。