キョウ自珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「龔自珍」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

龔 自珍(きょう じちん、1792年8月22日乾隆57年7月5日) - 1841年9月26日道光21年8月12日))は、中国代の学者。は爾玉、または璱人。号は定盦・羽琌山民。後に名を改め、鞏祚ともいう。妻は段美貞(段玉裁の孫娘)・何吉雲。

略歴[編集]

龔麗正(龔敬身の養子で、龔敬身の弟の龔禔身の実子)と段馴(段玉裁の娘)のあいだの子として、杭州府仁和県に生まれる。道光帝の時に進士となり、礼部主事となる。12歳の時に母方の祖父の段玉裁について『説文』を学び、さらに劉逢禄に教えを受け、金石・官制・目録の学に通じ、今文派の中堅として公羊学の勃興をもたらした。

著書と学問[編集]

龔自珍の著書で最も影響力があったのは『春秋決事比』6巻と『五経大義始終論』・『答問九章』であり、友人であった魏源の著書とともに文章の妙で清代末期の学界を風靡した。文体の剽窃を難じられることもあったが、その学派の流行は後に康有為を輩出した。

西北の地理に関心を抱き、『西域行省議』・『蒙古図志』は魏源の『海国図志』とならび称された。また『定盦文集』に見える農宗論は、農本主義に基づく社会政策を強調したもので、龔自珍の政治傾向をうかがうことができる。晩年は彭紹升に私淑して壌帰子と称し『龍蔵考證』・『三普銷文記』をあらわし仏教(天台宗)に傾倒した。龔自珍や魏源は、仏説を採用して公羊学の方向を定め、後に公羊学派は公然と仏弟子を称し、康有為は孔子イエス・キリストと同一視するまでになった。

その他の著書として次のものがある。詩集の日本語訳注(抜粋)に『中国詩人選集第2集14 龔自珍』(田中謙二、岩波書店)がある。

  • 『定盦文集』3巻
  • 『続集』4巻
  • 『附餘集』
  • 『龔定盦別集』
  • 『詩集定本』2巻
  • 『詞定本』

参考文献[編集]

  • 『清史列伝』
  • 『清史稿』491
  • 『碑伝集補』49