キョウ良耶舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「畺良耶舎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

畺良耶舎(きょうりょうやしゃ、: Kālayaśas[1]、カーラヤシャス、382年 - 443年)は、西域出身の訳経僧である。

阿毘曇に通じ、禅観(止観)を専らとした。三蔵と呼ばれ、いくつかの経典を翻訳している。

元嘉の初めに、南朝宋建康に入って、鍾山の道林精舎で僧含に請われて『観薬王薬上二菩薩経』『仏説観無量寿経』などを訳した。

443年(元嘉20年)方面に伝道の中途で、江陵にて没す。享年60。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]