キラキラサンデー アイドルじゃじゃうまランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • キラキラサンデー アイドルじゃじゃ馬ランド
  • キラキラサンデー アイドルジャジャ馬ランド
キラキラサンデー
アイドルじゃじゃうまランド
ジャンル バラエティ番組
放送期間 1986年10月12日 - 1988年6月26日
放送時間 毎週日曜日 12:30 - 13:00
放送局 文化放送
制作 文化放送
パーソナリティ 浅香唯
松本典子
ディレクター 平井衛[1]
提供 よみうりランド
テンプレートを表示

キラキラサンデー アイドルじゃじゃうまランドは、文化放送の制作により、毎週日曜日12:30 - 13:00のよみうりランド一社提供枠『キラキラサンデー』で放送されていたラジオ番組。放送期間は1986年10月12日から1988年6月26日まで。

概要[編集]

前番組『健次と靖子のおもしろランド』(長江健次桑田靖子)に次ぐ、若手タレント二人トークによる番組。この番組の出演者である松本典子浅香唯を姉妹(松本が姉、浅香が妹)に見立ててのお喋りというのがスタート当初のコンセプトであった[2]。その後この番組は「『じゃじゃうま教』布教の場」というコンセプトになり[3]、毎週番組最初のコーナー「オリジナルの教祖様はどっち」で勝った方が教祖、負けた方が家来となって番組を進行していた[1][4]

なお、松本、浅香共に当番組が6か月ぶりのラジオレギュラーである[2][注釈 1]

1987年中期頃の時点で、集まるはがきの数は週に約300枚、リスナーの男女比は男性4:女性1だったが、女性リスナーからのはがきも増えつつあったというデータがある[1]。はがきが採用されたリスナーには、番組特製テレホンカードお守り風の袋に入れてプレゼントしていた[1]

ディレクターは、 平井衛(当時『さだまさしセイ!ヤング』『吉田照美のふッかいあな』なども担当 - 1988年3月) 斉藤清人(1988年4月 - (当時23歳。のち、文化放送社長に就任)

構成作家は、川勝正幸[1]

主なコーナー[編集]

オリジナルの教祖様はどっち
  • 当番組最初のコーナー。松本と浅香による「早口言葉勝負[1]」など様々な対決企画で、その日の番組の進行役となる「教祖」を決めていた[4]
じゃじゃうま教コーナー
  • このコーナーでそれぞれの仕事現場の裏話も披露、リスナーからの悩み相談も受け付けていた[3]
いたずらテレフォン大襲撃
  • 出演希望のはがきを寄せたリスナーにスタジオから突然電話[1]
教祖様の好きな曲
  • その日の早口言葉勝負で「教祖」に選ばれた方の選曲による曲紹介。リクエストも受け付けていた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 松本は『ひみつのエアメール』(ニッポン放送)以来、浅香は『鶴光の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン 花とおじさん』(ニッポン放送)以来。共に1986年4月で終了している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ラジオパラダイス 1987年8月号特集『アイドルラジオ 夏期講座』p.30 - 31
  2. ^ a b ラジオパラダイス 1986年12月号 p.48
  3. ^ a b DUNK集英社)1988年6月号「アイドルDJ]新鮮パック」p.82
  4. ^ a b ラジオパラダイス 1987年9月号 p.110 - 111
文化放送 日曜12:30 - 13:00 枠
よみうりランド一社提供キラキラサンデー』枠 1986年10月12日 - 1988年6月26日)
前番組 番組名 次番組
キラキラサンデー
健次と靖子のおもしろランド
長江健次桑田靖子
キラキラサンデー
アイドルじゃじゃうまランド
キラキラサンデー
アイドルおちゃめランド
酒井法子田村英里子