キラー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
キラー
アリス・クーパースタジオ・アルバム
リリース
録音 1971年 イリノイ州シカゴ RCAスタジオ
ジャンル ハードロック
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 21位(アメリカ[1]
  • 27位(イギリス[2]
アリス・クーパー 年表
エイティーン
(1971年)
キラー
(1971年)
スクールズ・アウト
(1972年)
テンプレートを表示

キラー』(Killer)は、アリス・クーパー1971年に発表した4作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

前作『エイティーン』(1971年)リリース後のツアーの合間に曲作りが行われた[3]。「無法者」は、映画『荒野の七人』でロバート・ヴォーンが演じたキャラクターにインスパイアされた曲で、クーパー自身はジム・モリソン(本作リリース前の1971年7月3日に死去)のキャラクターも重ね合わせている[4]

リック・デリンジャーが一部の曲でリードギターを担当した。デニス・ダナウェイによれば、アリス・クーパー・バンドはデリンジャーが在籍していたマッコイズのオープニング・アクトを務めたことがあり、更にデリンジャーがアリス・クーパー・バンドのマネージメント・オフィスの近所に住んでいたことから、以前より親しい間柄だったという[5]

本作のジャケットには、バンド・メンバーのニール・スミスが飼っていたカチーナという名前のヘビの写真が使用された[3][6]。また、タイトルのロゴはデニス・ダナウェイの手書きで、ダナウェイは身代金要求の手紙を思わせるレタリングにするために、わざと左手でペンを持ったという[5]

反響[編集]

アメリカでは本作がBillboard 200で21位に達し、本作からのシングル「俺の回転花火」は全米59位、「ビー・マイ・ラヴァー」は全米49位を記録した[1]。また、1972年には本作で自身初の全英アルバムチャート入りを果たし、最高27位を記録[2]

「ヘイロー・オブ・フライ」は英米ではシングル・カットされなかったが、1973年にはオランダ語圏でシングルがリリースされ、オランダのシングル・チャートで5位[7]、ベルギーのフランデレン地域では24位を記録した[8]

評価[編集]

Greg Pratoはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「バンドはステージで猟奇的なショウを披露しており、"Dead Babies"やタイトル・トラックのように不穏な楽曲は、それと完璧な調和を見せている」「長大で曲がりくねった"Halo of Flies"は、バンドが後のアルバムで、より複雑な構造の曲に取り組むことを示唆しているが、一方で"You Drive Me Nervous"や"Yeah, Yeah, Yeah"といった曲は、アリス・クーパーが初期のガレージロック的な方向性を完全に捨て去ったわけではないことを示している」と評している[9]。また、ジョン・ライドンはアリス・クーパーが「セックス・ピストルズに最も大きなインスピレーションを与えた」と語っており、本作を「歴史上最も偉大なロックン・ロール・アルバム」と評している[10]

収録曲[編集]

  1. 俺の回転花火 "Under My Wheels" (Michael Bruce, Dennis Dunaway, Bob Ezrin) – 2:51
  2. ビー・マイ・ラヴァー "Be My Lover" (M. Bruce) – 3:21
  3. ヘイロー・オブ・フライ "Halo of Flies" (Alice Cooper, Glen Buxton, M. Bruce, D. Dunaway, Neal Smith) – 8:22
  4. 無法者 "Desperado" (A. Cooper, M. Bruce) – 3:30
  5. 勇気づけて "You Drive Me Nervous" (A. Cooper, M. Bruce, B. Ezrin) – 2:28
  6. イエー・イエー・イエー "Yeah, Yeah, Yeah" (A. Cooper, M. Bruce) – 3:39
  7. デッド・ベイビーズ "Dead Babies" (A. Cooper, G. Buxton, M. Bruce, D. Dunaway, N. Smith) – 5:44
  8. キラー "Killer" (M. Bruce, D. Dunaway) – 6:57

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ a b Alice Cooper | Awards | AllMusic
  2. ^ a b ALICE COOPER | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年4月4日閲覧
  3. ^ a b 日本盤CD(WQCP-1042)ライナーノーツ(山崎智之、2011年4月)
  4. ^ Cooper's 'Dirty Diamonds' Have Heirloom Shine”. Billboard (2005年8月14日). 2015年4月4日閲覧。
  5. ^ a b Wright, Jeb. “CRR Interview - The Quiet Observer: An Interview with Rock n Roll Hall of Famer Dennis Dunaway”. Classic Rock Revisited. 2015年4月4日閲覧。
  6. ^ Syrjala, Marko (2015年2月25日). “NEAL SMITH - ex-Alice Cooper Group, solo artist, etc.”. Metal-Rules.com. 2015年4月4日閲覧。
  7. ^ Alice Cooper - Halo Of Flies - dutchcharts.nl
  8. ^ ultratop.be - Alice Cooper - Halo Of Flies
  9. ^ Killer - Alice Cooper | AllMusic - Review by Greg Prato
  10. ^ Patterson, Christina (2012年10月13日). “Alice Cooper - 'Every word of the Bible is true. I believe the Old Testament explicitly...'”. The Independent. 2015年4月4日閲覧。
  11. ^ Flashback - Joan Jett, Joan Jett & the Blackhearts | AllMusic
  12. ^ Sieg Howdy - Jello Biafra | AllMusic - Review by Rob Theakston
  13. ^ Tribute to the Gods - Iced Earth | AllMusic - Review by Andy Hinds