キルヒェンラミッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Kirchenlamitz COA.svg Lage des Landkreises Wunsiedel i. Fichtelgebirge in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: ヴンジーデル・イム・フィヒテルゲビルゲ郡
緯度経度: 北緯50度09分 東経11度57分
標高: 海抜 599 - 799 m
面積: 48.51 km²
人口:

3,313人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 68 人/km²
郵便番号: 95158
市外局番: 09285
ナンバープレート: WUN
自治体コード: 09 4 79 129
市庁舎の住所: Marktplatz 3
95158 Kirchenlamitz
公式ウェブサイト: www.kirchenlamitz.de
市長: トーマス・シュヴァルツ (Thomas Schwarz)
郡内の位置
Kirchenlamitz in WUN.svg

キルヒェンラミッツ (Kirchenlamitz)はドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区ヴンジーデル・イム・フィヒテルゲビルゲ郡に属する市で、ラミッツ川沿いに位置する。

地理[編集]

市の構成[編集]

本市は、公式には28の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • グロースシュロッペン
  • ホーエンブーフ
  • キルヒェンラミッツ
  • クラインシュロッペン
  • ニーダーラミッツ
  • ニーダーラミッツァーハンマー
  • ラウメーテングリュン
  • ライヒオルツグリュン

歴史[編集]

キルヒェンラミッツの歴史は、その約2km南西に位置するエプレヒトシュタイン城の歴史でもある。1352年ニュルンベルク城伯は、封土を与えられ、そのしばらく後にこの村をも含む領主権を手に入れた。ニュルンベルク城伯フリードリヒ5世は、1374年、この町に都市権を与えたが、のちに再び剥奪した。この後、この町を含むバイロイト侯領は、1791年プロイセン王国に帰属した。4年間のフランス統治を経て、1810年バイエルン王国領となった。1901年、この町は改めて「市」となった。

ゆかりのある人物[編集]

行政[編集]

市議会[編集]

キルヒェンラミッツの市議会は16議席からなる。

友好都市[編集]

文化と見所[編集]

建造物[編集]

  • ブーフハウス地区のエプレヒトシュタイン城

年中行事[編集]

  • 7月の初めにある、キルヒェンラミッツ・ヴィーゼンフェスタ(草原祭)

引用[編集]

(いずれもドイツ語サイト)