キングコング (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングコング
プロフィール
リングネーム キングコング[1]
King Kong Czaya[1]
Emile Czaja[1]
本名 Emile Czaja[1]
ニックネーム 東アの怪物[2]
身長 183cm[1]
体重 181kg[1]
誕生日 1909年[1]
死亡日 (1970-05-16) 1970年5月16日(61歳没)[1]
出身地 オーストラリアの旗 シドニー[3]
テンプレートを表示

キングコングKing Kong、本名:Emile Czaja1909年 - 1970年5月16日)は、プロレスラー

来歴[編集]

出生や経歴には謎めいた部分が多い。1909年1910年説も[2])生まれ、出生地もオーストラリアシドニー[3]ルーマニアブラショフ[1]ハンガリーブダペスト[2]インドなどの説がある。

12歳でアマレスを開始し、1928年アムステルダムオリンピックのアマレスミドル級ハンガリー代表に選ばれ好成績を残し、1929年にプロレス入りしたという[2]。また1937年にインドでデビューしたともいわれている[3]

キングコングのリングネームは、1933年公開の映画『キングコング』をそのまま借用した。

アメリカでの実績はほとんどなく、シンガポールヨーロッパニュージーランドオーストラリアなどで実績を積み、シンガポールではルー・テーズタイトルマッチも行っている[3]

日本にはアジア遠征中に力道山と戦って引き分けたことで認められ、1955年11月に日本プロレスに来日。アジア選手権にシンガポール代表で出場。11月22日の決勝で力道山と引き分け、同日再試合が行われ敗れる。またタッグ選手権ではタイガー・ジョキンダーと出場し決勝で力道山・ハロルド坂田組を破り優勝、初代アジアタッグ王座に認定された。11月12日にはサイイド・サイフ・シャーと組んで力道山・遠藤幸吉組の持つ世界タッグ王座に挑戦[4]

1959年5月にも日本プロレスに来日、ワールド大リーグ戦にハンガリー代表として出場[5]。この年を最後に引退。のちにシンガポールでプロモーターに転身[3]

1970年、シンガポールにて試合会場に向かう途中に交通事故で死去[3]

得意技[編集]

ボディ・アタック

獲得タイトル[編集]

アジアタッグ王座(初代)(w/ タイガー・ジョキンダー)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P105(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c d e f Wrestler Profiles: Emile Czaja”. Online World of Wrestling. 2013年8月6日閲覧。
  4. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  5. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。