キングストン (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キングストン市役所

キングストン(英語:Kingston)はアメリカ合衆国ニューヨーク州アルスター郡の郡庁所在地で、ハドソン川の中流の西岸にあり、ニューヨーク州の最初の州都であった。

概要[編集]

キングストン(英語:Kingston)はアメリカ合衆国ニューヨーク州アルスター郡の郡庁所在地で、ハドソン川の中流の西岸でロンダウト・クリーク(Rondout Creek)が合流するところにあり、かつてはニューヨーク州の最初の州都であったこともある。隣町のウッドストックと共に、芸術家が集まる所としても知られている。人口は2万人強。

歴史[編集]

  • 独立戦争当時の1777年、新生アメリカ合衆国ニューヨーク州のはじめての州都となって、その後州都はオールバニーへ移った。

IBM[編集]

1970年代~1990年代の大型コンピューターが全盛の時代に、市の唯一といってもいい大きな産業としてIBM社のキングストン開発研究所・工場があった[1] [2]。1950年代半ばに近くのIBMポキプシーからSelectric電動タイプライターの生産を移して始まり、同時に冷戦時代のSAGE長距離爆撃機発見・撃墜システムを作り、1960年代からは超大型STRETCHコンピューターをアルゴンヌ国立研究所へ納め、初めてのSABRE予約システムをアメリカン航空のために作り、IBM 2260 & 3270表示端末機System/360大型機用には沢山の部品を製造した。その後は分散処理ミニコンIBM 3790とそれに続くIBM 8100を開発・生産して、1985年には総従業員が数7,100人に達した。しかし1990年代の初めにIBM全体の業務が困難になって、ここの業務は再びポキプシーへ集約されて、1995年には正式に閉鎖されたて、土地の不動産会社へ売却されたもの[3] [4]

実際の住所は北隣りのアルスター町(Ulster)に入った所であったが、ニューヨーク・ステート・スルーウェイのキングストン出入口からニューヨーク国道209号線でキングストン・ラインクリフ・ブリッジ方面へ向かい、現在はNeighborhood Dr.(現在はEnterprise Dr.)に面していて、この場所はキングストンの街に近く、キングストン住民に雇用などの面で多大な影響を与えた。

市のおもな施設[編集]

ハドソン川水事博物館

観光

教育

  • キングストン高校 [5]
  • コールマン・カトリック高校

病院

  • キングストン・ベネディクティン病院 [6]

交通[編集]

道路[編集]

ハドソン川の対岸にあるので、キングストン・ラインクリフ・ブリッジを渡ってくる。

鉄道[編集]

ニューヨーク市をメトロノース鉄道グランドセントラル駅から出発し、ハドソン川の対岸にあるこの駅で降りて、キングストン・ラインクリフ・ブリッジを渡ってくる。

水運[編集]

空路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Friends of Historic Kingston, Kingston, The IBM Years (2015) ISBN 9-781883-786793
  2. ^ Kingston: The IBM Years Gives a Peek Into Tech Giant’s History (The Hudson Valley, 2014)
  3. ^ I.B.M. TO CLOSE KINGSTON, N.Y., PLANT AND SHIFT JOBS (1994)
  4. ^ IBM Kingston Site Is Sold to Developer (1998)
  5. ^ キングストン高校web site
  6. ^ The Kingston and Benedictine Hospitals (英語)
  7. ^ ニューヨーク州キングストン付近の地図

関連項目[編集]

北緯41度55分30秒 西経74度0分00秒 / 北緯41.92500度 西経74.00000度 / 41.92500; -74.00000座標: 北緯41度55分30秒 西経74度0分00秒 / 北緯41.92500度 西経74.00000度 / 41.92500; -74.00000