キングズベスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キングズベスト
Owner Mr Saeed Suhail.svg
サイード・スヘイルの勝負服
欧字表記 King's Best
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年1月24日
死没 2019年4月16日(22歳没)
Kingmanbo
Allegretta
母の父 Lombard
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 M3 Elevage
馬主 Saeed Suhail
調教師 Sir Michael R Stouteイングランド
競走成績
生涯成績 6戦3勝
テンプレートを表示

キングズベストKing's Best)とはアメリカ産の元競走馬種牡馬である。おもな勝ち鞍はイギリス2000ギニー。牝馬ながら凱旋門賞を制したアーバンシー半弟である。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

1999年にデビューし、メイドン、リステッドレースで2連勝するも、デューハーストステークスでは最下位に敗れる。

2000年は初戦のクレイヴンステークスを2着し、中3週でイギリス2000ギニーに3番人気で出走する。レースでは残り2ハロンから他馬とは明らかに脚色の違う豪脚を披露。中団から馬場の中央を通って一気に抜け出し、のちに同年のカルティエ賞年度代表馬となるジャイアンツコーズウェイ3馬身2分の1差を付ける圧勝でG1を初制覇する。この勝ちっぷりとクラシックディスタンスに実績のある血統背景からダービーでも期待されたが、レース前日に筋肉痛で出走を回避する。約1か月後のアイルランドダービーに出走するが、レース中に故障(右前肢管骨骨折)を発生して競走中止。引退に追い込まれた。

種牡馬時代[編集]

2001年からアイルランドで供用される。初年度産駒から2頭のG1勝ち馬を輩出。2010年には産駒がイギリスと日本(中央競馬)でダービーに優勝した。シャトル種牡馬として2001年はオーストラリア、2007年はアルゼンチンでも供用された。2009年からはフランス、2013年からは日本のダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで供用されていた[1]

2019年4月16日、疝痛による合併症のため死亡した[2][3]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1999.08.06 ニューマーケット 未勝利 芝7f 約1408 m 1着 G.スティーヴンス 2馬身 (Jalad)
0000.08.17 ヨーク エーコムS L 芝6f214y 約1403 m 1着 G.スティーヴンス 2馬身 (Shamrock City)
0000.10.16 ニューマーケット デューハーストS G1 芝7f 約1408 m 5着 K.ファロン 5 3/4馬身 Distant Music
2000.04.20 ニューマーケット クレイヴンS G3 芝8f 約1609 m 2着 K.ファロン 1/2馬身 Umistim
0000.05.06 ニューマーケット 英2000ギニー G1 芝8f 約1609 m 1着 K.ファロン 3 1/2馬身 Giant's Causeway
0000.07.02 カラ 愛ダービー G1 芝12f 約2414 m 中止 P.エデリー - Sinndar

代表産駒[編集]

※G1勝ち馬のみ掲載。

血統表[編集]

キングズベスト血統ミスタープロスペクター系/Alchimist 6.25% 5x5) (血統表の出典)

Kingmambo
1990 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Miesque
1984 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla

Allegretta
1978 栗毛
Lombard
1967 栗毛
Agio Tantieme
Aralia
Promised Lady Prince Chevalier
Belle Sauvage
母の母
Anatevka
1969 栗毛
Espresso ACROPOLIS
Babylon
Almyra Birkhahn
Alameda F-No.9-h


※活躍馬多数のため、主要な血縁とG1勝ち馬のみ表記

そのほかの近親にタマユズジャック・ル・マロワ賞ジャンプラ賞)、アナタス(プリンスローズ大賞典)などがいる。

脚注[編集]

  1. ^ キングズベスト供用のお知らせ”. ダーレー・ジャパン (2012年11月13日). 2016年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧。
  2. ^ キングズベストが死亡 エイシンフラッシュ、ワークフォースらの父”. netkeiba.com (2019年4月16日). 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ キングズベスト死す、22歳 エイシンフラッシュの父”. スポニチアネックス (2019年4月17日). 2019年4月29日閲覧。