キング・コング&ジャングル・ガールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キング・コング&ジャングル・ガールズ(King Kong & D. Jungle Girls)は、イタリア出身の1980年代ユーロビートを代表するポップ・グループで、FLEA Recordsに所属していた。

概要[編集]

表向きは、イタリアのTV局で働いていた経歴を持つ「D.J. King Kong」(本名・アンドレア)と、アレクサンドラとロベルタの2人からなる「D. Jungle Girl」で構成されるグループとされているが、実際にはイタリアのユーロビート制作会社・SAIFAMの中心人物であるマウロ・ファリーナとジュリアーノ・クリヴェレンテのプロデュースで結成された音楽プロジェクトであり、異なる楽曲で、ファリーナを含む複数のヴォーカリストが歌唱を担当している。また、ファリーナとクリヴェレンテがSAIFAMでの活動に専念するためFLEAへの楽曲提供を終了してからは、A.BEAT-Cを設立する前後であったデイブ・ロジャースなどのソングライターによるプロデュースユニットとなり、同レーベルの設立後も平行して同プロジェクトを引き続きプロデュースしている。

日本で人気となり、特に『Boom Boom Dollar』(1989年)と『Walkie Talkie』(1989年)が大ヒットした。

1989年には来日して「ブン・ブン・ツアー」を開催したものの、はゴリラの覆面をかぶっていたため、その正体は定かではない。

メンバー[編集]

D.J. King Kong:アンドレア(苗字不明)(ヴォーカリストはマウロ・ファリーナ(1988年 - 1991年)⇒デイブ・ロジャース(1991年 - 1993年))

D.Jungle Girls:アレクサンドラ、ロベルタ(共に苗字は不明)(ヴォーカリストはクララ・モローニエレーナ・フェレッティ

アルバム[編集]

  • 1989年 - Boom Boom Dollars(恋のブン・ブン・ダラー)
  • 1991年 - King Kong

シングル[編集]

  • Lies
  • It's So Funny
  • Boom Boom Dollar(恋のブン・ブン・ダラー)
  • Walkie Talkie
  • Love & American Dollars

日本公演[編集]

  • 1989年 - ブン・ブン・ツアー

参照[編集]

関連項目[編集]