キンジェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キンジェー (กินเจ) は、毎年太陰暦の9月1日から9日までタイにおいて行われている菜食週間のこと[1]華僑により伝わった。タイでは菜食習慣になると、食品売り場やフードコートなどで、キンジェーを表わす「齋」の文字が掲げられ、ベジタリアン用の食品が売られる。この期間は、肉、魚、卵、牛乳と、臭い野菜(ネギ類、パクチー)も食べない[2]

プーケットでは火渡りなどの苦行をする人もおり、奇祭としても注目されている。また首都バンコクなどでは、ベジタリアンでなくとも、普段の肉の食べ過ぎを反省して参加するタイ国民も多い。タイの調査会社Kリサーチによると、2018年のキンジェー期間中に菜食を心掛けた人は推計700万人と、2009年の約6倍に増えている[3]

参考[編集]

  1. ^ “タイの菜食週間“キンジェー””. Weekly Wise. http://www.wisebk.com/index.php/cms/index/15/view/5288 2014年10月28日閲覧。 
  2. ^ “キンジェー”. Hatena Keyword. http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%F3%A5%B8%A5%A7%A1%BC 2014年10月28日閲覧。 
  3. ^ 【World Plus】タイの「菜食祭」関連消費 健康志向が盛り上げ『日経ヴェリタス』2018年10月14日(23面)。