キンポウゲ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
キンポウゲ科
Buschwindröschen2.jpg
ヤブイチゲ(Anemone nemorosa
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
学名
Ranunculaceae
Juss.
タイプ属
キンポウゲ属 Ranunculus
L. [1]

本文参照

キンポウゲ科学名Ranunculaceae)は、双子葉植物キンポウゲ目に属するである。ウマノアシガタ科ウマノアシガタはキンポウゲの別名、普通は前者を標準和名とする)やキツネノボタン[2]の名も用いられる。多くは草本またはつる性。模式属はキンポウゲ属

形態[編集]

草本が多いが、センニンソウ属Clematis)の多くの種やトリカブト属Aconitum)の一部の種にはつる植物が知られる。また、センニンソウ属の一部やアメリカに分布するヒイラギナンテンモドキの組織は木質化するものがある。


本科の花は(がく、英:calyx)が大きく色鮮やかに発達し、花弁以上に目立つものが多い。中には花弁がないものや、花弁に加えて萼も落としてしまい雄蕊と雌蕊だけのシンプルな花になる種類も知られる。は一つの花の中に雄蕊も雌蕊も含む所謂両性花である。雄蕊は多数生え、雌蕊も複数ある。(多心皮という)。雌しべは多数の心皮が根本まで分かれており、それぞれに柱頭があって、それが寄り集まった構造をしている。これは花の構造としては原始的なものであると考えられている。

果実の形は種によって様々である。果皮と種皮が一体化しており、果実らしい果実はなく種子しかないように見える痩果のもの(キンポウゲ属、オキナグサ属、センニンソウ属など)や豆の鞘を複数集めたような袋果と呼ばれる果実を付けるもの(オダマキ属、トリカブト属など)、液果(ルイヨウショウマ属など)が知られる。

生態[編集]

花は虫媒花。沢沿いや湿った林床など水辺を好む種が多く、中でもリュウキンカ属は根が水に漬かるような場所に、さらにはキンポウゲ属のバイカモのように水中に生育する種も知られる。本科には春植物(スプリング・エフェメラル)という春先に芽吹き、開花、種子散布まですべてを終えほかの時期を休眠して過ごすような生活環を持つ種がいくつか知られる。

人間との関わり[編集]

食用[編集]

本科の植物はヒトにとって一般に有毒であり食用にされない。食べられるものは毒性が低いごく一部の種であり、その場合も茹でるなどして毒を抜く作業が行われる。日本ではキンポウゲ属バイカモイチリンソウ属Anemone)のニリンソウの2種が葉や茎を食用にされる。

ポーランドや中東では本科クロタネソウ属Nigella)のうちニオイクロタネソウ(N. sativa)の種子はblack cumin seedなどと呼ばれて香辛料や油を搾る原料に使われるという。なお、インドや中東で香辛料として使われるクミンセリ科の植物であり全く異なる。また、このクミンに近縁のキャラウェイ(セリ科)の種子はクミンによく似ていて色が黒っぽいことから(正確には果肉をほとんど持たない果実である)はしばしばblack cumin seedと呼ばれており紛らわしい。

薬用・毒[編集]

漢方薬をはじめとして世界各地の伝統医学で薬用に使われる。有効成分や効能は様々である。猛毒のトリカブト属も毒を弱める処理をしたうえで薬用として利用される。

北海道の先住民アイヌはトリカブト属の根を十分に乾燥させたうえで、様々な動植物を混ぜ合わせて矢毒を作り、アマッポと呼ばれる仕掛け弓と合わせてヒグマエゾシカを捕ったが猟銃の広まりと共に毒矢の文化は衰退したという。また、ヒマラヤ地域や中国の少数民族にもトリカブトの毒を矢や槍の先に塗りつけて使う民族があったという。毒矢に使われる有毒植物には地域性があり、トリカブト毒を使う民族はアジア圏に多いという。また東南アジアではクワ科マチン科、アフリカではキョウチクトウ科やマチン科、中南米はツヅラフジ科トウダイグサ科やマチン科を使う民族が多いという。 古代ギリシアで起こった第一次神聖戦争では敵兵に包囲された町であるキラでは水源にヘレボルスを入れられたため、町の人は毒による下痢に苦しみ町は陥落したという。

園芸[編集]

本科の植物は園芸種としても人気があり身近なものである。園芸種としては属の学名をそのまま仮名に転写したものでしばしば呼ばれる。例えばキンポウゲ属(学名Ranunculus)の園芸種は「ラナンキュラス」、イチリンソウ属(学名Anemone)のそれは「アネモネ」、センニンソウ属(学名Clematis)のそれは「クレマチス」などと呼ばれ、各種園芸種の和名よりも有名になっていることが少なくない。これらは当初西洋で品種改良が進んだことも一因となっている。

一方日本においても可憐な花を咲かせるミスミソウ属(Hepatica)やフクジュソウ属(Adonis)が古典園芸植物として親しまれ昔から品種改良がおこなわれてきた。山野草ブームや交通機関や登山装備の発達により高山への登山が盛んになったことから、花が可憐なオキナグサ属Pulsatilla)や高山植物キタダケソウ属Callianthemum)にも注目が集まった。保護意識の低いものによる自生地からの株の盗掘や踏み荒らしによる株の衰弱によって個体数が減少している種もある。

分類[編集]

シラネアオイ亜科 Subfamily Glaucidioideae[編集]

シラネアオイ属一属だけからなる単型の亜科である。

  • シラネアオイ属 Glaucidium Siebold & Zuccarini
日本に分布するシラネアオイGlaucidium palmatum)一種だけが知られる単型の属である。

ヒドラスチス亜科 Subfamily Hydrastidoideae[編集]

下記一属だけからなる単型の亜科である。

  • Hydrastis L.
アメリカからカナダにかけて分布するHydrastis canadensis(和名未定、英名:goldenseal)一種だけが知られる単型の属である。

オウレン亜科 Subfamily Coptidoideae[編集]

以下の2属を含む。

小型の草本で20種程度が知られる。
  • Xanthorhiza Marshall
和名未定の属。アメリカ東部から中西部にかけて分布するヒイラギナンテンモドキXanthorhiza simplicissima)一種だけが知られる単型の属である。英名はyellowroot(黄色い根)で根の形態的特徴に基づいている。センニンソウ属(Clematis)と同じく茎が木質化しキンポウゲ科では珍しい。

カラマツソウ亜科 Subfamily Thalictroideae[編集]

  • オダマキ属 Aquilegia L.
チチブシロカネソウのほか、北アメリカ大陸に分布する5種が知られる。
  • Isopyrum L.
和名未定の属。
  • Leptopyrum Reichenbach
  • Paraquilegia J.R.Drumm. & Hutch.
  • Paropyrum Ulbr.
  • ヒメウズ属 Semiaquilegia Makino
ヒメウズSemiaquilegia adoxoides)などが知られる。オダマキ属に近縁とされ、花の構造などはよく似ている。果実は袋果
  • カラマツソウ属 Thalictrum L.
10種余りが知られ、日本にはカラマツソウThalictrum aquilegiifolium)が分布する。種にもよるが、花は萼すらも落としてしまい雄蕊と雌蕊しか持たないきわめて単純なものもある。果実は痩果で翼を持つ。
  • Urophysa Ulbr.
和名未定の属。中国に2種が知られる。

キンポウゲ亜科 Subfamily Ranunculoideae[編集]

フクジュソウ連 Tribe Adonideae[編集]

20種から30種程度が知られる。細い葉を付け、乾燥地にも耐える。日本にはフクジュソウAdonis ramosa)などが分布する。
  • Megaleranthis Ohwi
和名未定の属。
  • キンバイソウ属 Trollius L.
30種程度が知られる。日本にはキンバイソウシナノキンバイが分布する

ヒエンソウ連 Tribe Delphinieae[編集]

250種程度が知られる。草本が多いが一部につる植物が知られる。毒性が強く誤食による中毒事故がしばしば報告される。果実は袋果。和名の由来は本属の花が烏帽子もしくは鳥兜に似ているという形態的特徴からといわれる。日本では花が細長いものをレイジンソウと呼んで区別する。
  • チドリソウ属 Consolida Gray
和名は千鳥草もしくは飛燕草、中国語名は飛燕草、英名はlarkspur(ヒバリの爪)など鳥を連想させるものが多い。


クロタネソウ連 Tribe Nigelleae[編集]

ヘレボルス連 Tribe Helleboreae[編集]

サラシナショウマ連 Tribe Cimicifugeae[編集]

果実は液果となり本科では珍しい。
  • レンゲショウマ属 Anemonopsis Siebold & Zuccarini
日本に分布するレンゲショウマAnemonopsis macrophylla)一種だけが知られる単型の属である。
  • Beesia Balf.f. & W.W.Sm.
和名未定の属。2種が知られる。
  • Souliea Franch.

リュウキンカ連 Tribe Caltheae[編集]

次の一属だけからなる単型の連である。

  • リュウキンカ属 Caltha L.
日本にはリュウキンカCaltha palustris)などが分布する。

Tribe Asteropyreae[編集]

和名未定の連。次の一属だけからなる単型の連である。

  • Asteropyrum J.R.Drumm. & Hutch.

キタダケソウ連 Tribe Callianthemeae[編集]

次の一属だけからなる単型の連である。

イチリンソウ連 Tribe Anemoneae[編集]

  • Anemoclema (Franch.) W.T.Wang
和名未定の属。
  • ミスミソウ属 Hepatica Mill.
7種が知られる。日本にはミスミソウなどが分布する。
40種程度が知られる。

キンポウゲ連 Tribe Ranunculeae[編集]

  • Barneoudia Gay
  • Calathodes Hook.f. & Thomson
和名未定の属。
  • Callianthemoides Tamura
和名未定の属。南米パタゴニアに分布するCallianthemoides semiverticillata(和名未定)一種だけが知られる単型の属である。
  • Ceratocephala Moench
和名未定の属。5種程度が知られる。
  • キクザキリュウキンカ属 Ficaria Guett.
5種程度が知られる。
アジア、南北アメリカに10種程度知られる。
  • Hamadryas Comm. ex Juss.
和名未定の属。10種程度が知られる。
  • Knowltonia Salisb.
和名未定の属。アフリカ南部に2種が知られる。皮膚に触れると酷くかぶれるという。
  • Krapfia DC.
和名未定の属。南米アンデス山脈周辺に10種程度が知られる。
  • Laccopetalum Ulbr.
和名未定の属。南米にLaccopetalum giganteum(和名未定)一種だけが知られる単型の属である。
  • Metanemone W.T.Wang
  • Miyakea Miyabe & Tatew.
和名未定の属。樺太に分布するヒトツバオキナグサMiyakea integrifolia一種だけが知られる単型の属である。
  • Myosurus L.
15種程度が知られる
  • Oreithales Schltdl.
  • Oxygraphis Bunge
  • Paroxygraphis W.W.Sm.
  • キンポウゲ属 Ranunculus L.
  • モミジカラマツ属 Trautvetteria Fisch. & C.A.Mey.
モミジカラマツ(Trautvetteria caroliniensis)一種だけが知られる単型の属である。

脚注[編集]

  1. ^ Ranunculaceae Juss. Tropicos
  2. ^ 牧野, 富太郎牧野日本植物圖鑑』北隆館、1940年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]