キース・サーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キース・サーマン
基本情報
本名 キース・フィッツジェラルド・サーマン・ジュニア
通称 One Time(初回KOキング、初回男)
階級 ウェルター級
身長 171cm
リーチ 175cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1988-11-23) 1988年11月23日(30歳)
出身地 フロリダ州クリアウォーター
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 29
KO勝ち 22
敗け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

キース・サーマンKeith Thurman1988年11月23日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーフロリダ州クリアウォーター出身。元WBA世界ウェルター級スーパー王者。元WBC世界ウェルター級王者。一撃で相手を仕留めるパンチ力を持つ本格派のファイターで70%以上のKO率を誇る。初回でのKOが多いことから愛称はOne Time。トレーナーはダン・バーミンガム。TGBプロモーションズ所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

9歳でボクシングを始める。

2006年、全米選手権に出場するが準決勝で敗退[1]。PALナショナル選手権で優勝。

2007年、全米選手権に出場するも準決勝でチャールズ・ハットレイに敗退[2]北京オリンピックの国内予選選考会に出場するもデメトリアス・アンドラーデに2度敗れ代表選出を逃した[3]

ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約を交わす。101勝中76がTKO勝ちという筋金入りの強打者としてプロ入りと同時に注目されていく。

プロ時代[編集]

北京オリンピック出場を逃したサーマンは2007年11月9日、タンパにてプロデビューし、初回ボディショットで相手を悶絶させカウント途中でレフェリーストップ。TKO勝ちでデビューを飾った。

その後8試合連続で初回KO勝利を記録。

2009年4月4日、テキサス州オースティンフランク・アーウィン・センターでフランシスコ・ガルシアと対戦し、1回2分16秒、偶然のバッティングにより無効試合となった。

2012年11月24日、カリフォルニア州オンタリオシチズン・ビジネス・バンク ・アリーナにて、ロバート・ゲレーロVSアンドレ・ベルトの前座でカルロス・キンタナNABO北米スーパーライト級王座を賭け対戦した。初回にダウンを奪って先行したが、2ラウンドからはキンタナがタフさを見せ手を出し続けた。4回に右が当たるとキンタナがグロッキーになり、ロープに追い詰めて連打を浴びせ手数が出なくなった所でレフェリーがキンタナを救い出しストップ。2分19秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功しWBOで上位世界ランカー入り(2位)を果たす[4]

その後ウェルター級に転向し、2013年3月9日、ニューヨークバークレイズ・センターにて、バーナード・ホプキンスVSタボリス・クラウドの前座でWBOインターコンチネンタルウェルター級王座を賭け元IBF世界ウェルター級王者ジャン・ザベックスロベニア)と対戦。試合はサーマンのペースで進み、何度かザベックのガードを破ってストップ寸前まで追い詰めるが倒しきれなかった。12回3-0(3者とも120-108)の判定勝ちを収め元世界王座を完封し王座獲得に成功した。

2013年7月27日、テキサス州サンアントニオAT&Tセンターにて、ヘスス・ソト・カラスアンドレ・ベルトの前座で22戦全勝18KOの強打者でWBA世界ウェルター級暫定王者ディエゴ・ガブリエル・チャベスアルゼンチン)と対戦し、10回28秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2013年12月14日、テキサス州サンアントニオのアラモドームにて、エイドリアン・ブローナーマルコス・マイダナの前座でWBA世界ウェルター級6位のヘスス・ソト・カラスと対戦し、9回2分21秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[6]

2014年4月26日、カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートでWBA世界ウェルター級6位のフリオ・ディアスと対戦し、ディアスの3回終了時棄権に棄権した為、2度目の防衛に成功した[7][8]

2014年12月13日、MGMグランド・ガーデン・アリーナアミール・カーンデボン・アレクサンダーの前座で登場し、WBA世界ウェルター級4位のレオナルド・ブンドゥ(イタリア)と対戦し、12回3-0(3者共120-107)の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[9]

2015年1月9日、ゴールデンボーイ・プロモーションズからプロモート権を放棄され、同プロモーションから離脱した[10]

2015年1月17日、WBAはサーマンをWBA世界ウェルター級正規王座に認定した[11]

2015年3月7日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでWBA世界ウェルター級4位のロバート・ゲレーロと対戦し、9回にダウンを奪い12回3-0(120-107、118-108、118-109)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[12]NBCプレミア・ボクシング・チャンピオンズで放送されたこの試合は340万人が視聴した[13]。3月18日、サーマンはWBAの2015年2月度の月間優秀選手賞に選出された[14][15][16]

2015年7月11日、フロリダ州タンパUSFサン・ドームでWBA世界ウェルター級15位のルイス・コラーゾと対戦し、コラーゾの7回終了時棄権した為、5度目の防衛に成功した[17][18]。8月12日、サーマンはWBAの2015年7月度の月間MVPに選出された[19][20][21]

2015年12月、プレミア・ボクシング・チャンピオンズの2015年ファイター・オブ・イヤー(年間最優秀選手)に選ばれた[22]

2016年3月12日、コネチカット州アンカスビルモヒガン・サンで元IBF世界ウェルター級王者のショーン・ポーターと対戦する予定だったが[23]、サーマンが交通事故に巻き込まれ怪我をしたため延期になった[24][25]

2016年5月19日、WBAがキース・サーマンVSショーン・ポーターの勝者は、5月28日に行われるダビッド・アバネシヤンVSシェーン・モズリーの勝者と王座統一戦を行うよう指令した[26]

2016年6月25日、バークレイズ・センターで元IBF世界ウェルター級王者でWBA世界ウェルター級2位のショーン・ポーターと対戦し、12回3-0(3者共115-113)の判定勝ちを収め、6度目の防衛に成功した[27][28][29]。7月14日、WBAはサーマンを2016年6月度の月間MVPに選出した[30][31]。同日、WBAはサーマンに対し、暫定王者のダビッド・アバネシヤンとの間で王座統一戦に関する対戦交渉を同日から開始し、同年8月13日までの30日以内に対戦交渉を締結させるよう指令を出した。対戦交渉が合意に至らなければ入札になる事を明かした[31][32]

2017年3月4日、バークレイズ・センターWBC世界ウェルター級王者のダニー・ガルシアと対戦し、12回2-1(116-112、115-113、113-115)の判定勝ちを収め王座統一に成功、WBA王座の7度目の防衛、WBC王座の獲得に成功した[33][34][35][36]。この試合でサーマン、ガルシアそれぞれ200万ドル(2億3千万円)のファイトマネーを稼いだ[37]。3月12日、WBCは2017年3月度の月間MVPにサーマンを選出した[38][39]。3月17日、WBAはサーマンを2017年2月度の月間MVPに選出した[40][41]

2017年4月19日、石灰沈着と骨棘を取り除くために右肘の手術を受けた[42]

2017年6月30日、ネパール人女性とカトマンズで結婚式を挙げた。1年前にサーマンが休暇目的で日本を訪れた際に、六本木ラウンジのバーで働いていた女性をサーマンがナンパしてから交際に発展していた[43][44]

2018年3月31日、サーマンが左手を負傷したため、5月19日にバークレイズ・センターにて予定していた試合を延期することが発表された[45]

2018年4月24日、負傷した左手の回復に専念する為WBC世界ウェルター級王座を返上した[46][47]

2019年1月26日、約2年ぶりの試合をバークレイズ・センターにてWBA世界ウェルター級10位のホセシート・ロペスと対戦し、12回2-0(113-113、117-109、115-111)の判定勝ちを収め8度目の防衛に成功した[48]

2019年7月20日、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナにてWBA世界ウェルター級王者マニー・パッキャオと団体内王座統一戦を行い、判定負けを喫し9度目の防衛に失敗した[49][50]。この試合でパッキャオは1000万ドル(約11億円)、サーマンは250万ドル(約2億7千万円)のファイトマネーを稼いだ[51]

2019年9月4日、左手の手術を受けた。数年前にサンドバッグを叩いてる時に痛めて以来ずっと調子が思わしくなく、ホセシート・ロペス戦、マニー・パッキャオ戦でも試合だけでなくキャンプの時からパンチを打つと痛みに悩まされたために手術に踏み切ったという[52]

獲得タイトル[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ テレビ局
2019年7月20日 マニー・パッキャオ vs. キース・サーマン 50万件[53] FOX

脚注[編集]

  1. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ ゲレロ、ベルトとの肉弾戦制す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月26日
  5. ^ サーマンがチャベスをKO ベルトは最終回ストップ負け ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月29日
  6. ^ サーマン、サンタクルス勝つ Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月15日
  7. ^ サーマン、ディアスに負傷TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月27日
  8. ^ Keith Thurman Cracks Diaz's Ribs For TKO in Three”. Boxing Scene.com (2014年4月27日). 2014年4月27日閲覧。
  9. ^ カーンがアレキサンダーに大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月14日
  10. ^ Maidana's Adviser on The Separation From Golden Boy”. BoxingScene.com (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年1月17日
  12. ^ サーマンがゲレロに大差勝ち、WBAウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月8日
  13. ^ PBC numbers are in; they look good”. ESPN.com (2015年3月9日). 2015年3月10日閲覧。
  14. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年3月18日
  15. ^ Golovkin Boxer of the month and Thurman Honorable mention WBA公式サイト 2015年3月18日
  16. ^ ラウンドアップ(海外版) コバレフ視聴件数好調 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月19日
  17. ^ Thurman TKO’s Collazo, Retains Title WBA公式サイト 2015年7月12日
  18. ^ サーマンがコラーソにTKO勝ち、WBAウェルター級 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月12日
  19. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年8月12日
  20. ^ Keith Thurman Awarded WBA Boxer of the Month WBA公式サイト 2015年8月13日
  21. ^ 井上尚弥トークショー開催、村田諒太はWBA15位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月13日
  22. ^ Thurman selected as PBC fighter of the year”. ESPN.com (2015年12月22日). 2015年12月27日閲覧。
  23. ^ サーマンvsポーターついに決定 3.12コネチカット Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月18日
  24. ^ サーマンが交通事故、ポーター戦は延期 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月23日
  25. ^ Keith Thurman out of Shawn Porter bout with soreness after car wreck”. ESPN.com (2016年2月23日). 2016年2月26日閲覧。
  26. ^ WBA orders winners of Keith Thurman vs. Shawn Porter and Shane Mosley vs. David Avanesyan to fight”. Bad Left Hook (2016年5月19日). 2016年5月29日閲覧。
  27. ^ Thurman edges Porter, retains WBA welterweight title in one to remember Fightnews.com 2016年6月25日
  28. ^ Thurman Wins War Against Porter WBA公式サイト 2016年6月26日
  29. ^ サーマンがポーター振り切る、WBAウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月26日
  30. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年7月14日
  31. ^ a b ゴロフキンvsブルック、WBAは現状不承認 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月16日
  32. ^ WBA Names Mandatory Challengers for Keith Thurman and Jack Culcay WBA公式サイト 2016年7月15日
  33. ^ Thurman defeats Garcia in WBC/WBA welterweight title unification Fightnews.com 2017年3月4日
  34. ^ Thurman defeats Garcia in WBA/WBC welterweight title unification WBA公式サイト 2017年3月4日
  35. ^ THURMAN IS THE NEW WBC CHAMPION WBC公式サイト 2017年3月5日
  36. ^ サーマン2-1判定で王座統一、ガルシアの反撃かわす Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月5日
  37. ^ Garcia and Thurman to make $2 million apiece on Saturday”. Ring (2017年3月2日). 2017年3月10日閲覧。
  38. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年3月12日
  39. ^ 京口紘人、久我勇作らWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月13日
  40. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年3月17日
  41. ^ 村中優、久我勇作、野中悠樹がWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月18日
  42. ^ KEITH THURMAN SHOOTS FOR A LATE-FEBRUARY/EARLY-MARCH 2018 RETURN”. RING (2017年10月17日). 2017年10月26日閲覧。
  43. ^ Welterweight King Keith Thurman Suffers Love TKO in Nepal”. PREMIER BOXING CHAMPIONS (2017年9月21日). 2017年10月26日閲覧。
  44. ^ Don’t sleep on injured world champion Keith Thurman during his downtime”. PREMIER BOXING CHAMPIONS (2017年7月7日). 2017年10月26日閲覧。
  45. ^ Keith Thurman injures hand; May 19 fight at Barclays Center off”. ESPN.com (2018年3月31日). 2018年4月12日閲覧。
  46. ^ Keith Thurman Explains Why He Vacated The WBC World Title BoxingScene.com 2018年4月24日
  47. ^ サーマンWBC王座返上 ワンヘン記録かけ来週V9戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月27日
  48. ^ Keith Thurman Overcomes Scare, Decisions Josesito Lopez”. BoxingScene.com (2019年1月26日). 2019年6月11日閲覧。
  49. ^ Manny Pacquiao vs. Keith Thurman Official, July 20 on PPV” (2019年5月11日). 2019年6月11日閲覧。
  50. ^ Pacquiao Drops, Bloodies, Decisions Thurman For WBA Title”. Boxing Scene.com (2019年7月21日). 2019年7月26日閲覧。
  51. ^ Manny Pacquiao vs. Keith Thurman fight purses: Prize money each fighter on main card will take home”. CBS.Sports (2019年7月21日). 2019年7月26日閲覧。
  52. ^ Keith Thurman out for remainder of 2019 after surgery on his left hand, eyes return in early 2020”. Yahoo.Sports (2019年9月21日). 2019年11月12日閲覧。
  53. ^ Pacquiao vs. Thurman estimated at 500,000 buys”. Boxing News 24 (2019年7月26日). 2019年7月26日閲覧。

関連項目[編集]

前暫定王者
ディエゴ・ガブリエル・チャベス
WBA世界ウェルター級暫定王者
2013年7月27日 - 2015年1月17日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
マルコス・マイダナ
WBA世界ウェルター級王者

2015年1月17日 - 2017年2月7日

空位
次タイトル獲得者
ダビッド・アバネシヤン
前スーパー王者
N/A
WBA世界ウェルター級スーパー王者
2017年2月7日 - 2019年7月20日
次スーパー王者
マニー・パッキャオ
前王者
ダニー・ガルシア
WBC世界ウェルター級王者

2017年3月4日 - 2018年4月25日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ショーン・ポーター