キーリーラットニコム駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キーリーラットニコム駅(キーリーラットニコムえき、タイ語:สถานีรถไฟคีรีรัฐนิคม)は、タイ王国南部スラートターニー県キーリーラットニコム郡にある、タイ国有鉄道 南本線キーリーラットニコム支線である。

キーリーラットニコム駅
คีรีรัฐนิคม
Khiri Ratthanikhom
バーンヤン (4.00km)
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
スラートターニー県
キーリーラットニコム郡
駅番号 4238
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 三等駅
所属路線 南本線キーリーラットニコム支線
キロ程 662.00km(旧トンブリー駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年 4月13日
テンプレートを表示

概要[編集]

キーリーラットニコム駅は、タイ国有鉄道 南本線キーリーラットニコム支線の終点駅であり、タイ国鉄最西端の駅である。三等駅で1日1往復のみの列車運行を行っている。上りがキーリーラットニコム駅発6:00スラートターニー駅着6:58、下りがスラートターニー駅発16:55キーリーラットニコム駅着17:55だけである。つまり乗車するためにはキーリーラットニコム駅に6:00に行くか、キーリーラットニコム駅に17:55到着後帰りの便を確保するかである。キーリーラットニコム駅周辺にはホテル等の宿泊施設は無く、またタクシー、バス等の交通機関もない。道路ではスラートターニー駅より30数kmであるが山道の為1時間程度かかる。キーリーラットニコム駅周辺の児童がスラートターニーの学校に通学の為利用している。キーリーラットニコム駅-スラートターニー駅間の距離は35.02kmであり運賃は8バーツ(約20)である。

駅構内には有蓋車3両を改造した図書館がある。

歴史[編集]

キーリーラットニコム支線はもともとターヌン(パンガー湾)まで、さらにはプーケット島までの路線として工事が着工された。1956年4月13日バーントゥンポー分岐駅から当駅までの区間が完成し開業した。この時点でそれ以降の工事は凍結され今日に至っている[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

運行列車[編集]

上り[編集]

下り[編集]

  • スラートターニー駅 - キーリーラットニコム駅 (35.02km): 第489普通列車(全行程1時間00分)(表定速度35.0km/h)

駅周辺[編集]

民家以外何もないのが、当駅の特徴である。

脚注[編集]

  1. ^ 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)p.423-424

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]