キーロフ (カルーガ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

座標: 北緯54度05分 東経34度19分 / 北緯54.083度 東経34.317度 / 54.083; 34.317

キーロフ市の紋章

キーロフロシア語: Киров, Kirov)は、ロシアカルーガ州南西部にある都市。人口は2002年全ロシア国勢調査で38,893人。

コゼリスクは州都カルーガからは南西へ160kmの場所にある。ドニエプル川の支流ボルヴァ川にペソーチナヤ川が合流する地点に位置している。キーロフ市は州の直轄下にあるが、同時にキーロフ地区の中心地でもある。

歴史[編集]

市役所
キーロフを流れるボルヴァ川

キーロフは1745年に築かれた集落がもとになっている。この集落は、近くを流れる川の名にちなみペソーチニャ(ペソチニャ、Песочня, Pesochnya)と名付けられた。ペソーチナヤ川の名は、ロシア語で砂を意味するピソーク(песок)にちなむ。集落の建設は、周囲の資源を生かして製鉄所・鉄工所のペソーチェンスキー工場が誕生したことがきっかけだった。

19世紀、工場の新たな所有者となったイヴァン・マルゾフは陶磁器工場も建設した。

1936年、ペソチニャは市に昇格すると同時に、1934年に暗殺された共産党指導者セルゲイ・キーロフを記念してキーロフ市と改名された。

第二次世界大戦独ソ戦大祖国戦争)では、1941年10月4日ドイツ国防軍により占領されたが、ルジェフ・ヴャジマ作戦を行う赤軍西部戦線の反攻により1942年1月11日に解放された。

文化[編集]

キーロフには18世紀末に建てられた生神女誕生大聖堂церковь Рождества Богородицы)と1893年に建てられたアレクサンドル・ネフスキー大聖堂がある。近隣の村には、かつてこの地に住んでいたスラヴ系民族のヴャチチ族クリーヴィチ族10世紀から12世紀にかけて残した墳丘墓クルガン)が見られる。

産業・交通[編集]

キーロフの主要な会社は、18世紀に町とともに誕生した鉄工所のキーロフスキー工場と、タイル衛生陶器を作る陶器工場である。また建設会社、繊維工場、食品工場などもある。

キーロフでは、1934年から1935年にかけて開通したヴャジマブリャンスク間の鉄道とスヒーニチロスラヴリ間の鉄道とが交差している。

ギャラリー[編集]