キ安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「夔安」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

夔 安(き あん、? - 340年)は、五胡十六国時代後趙の武将。石勒十八騎の一人。天竺の出身。

経歴[編集]

天竺に生まれたが、ある時期を境に遼東へ移り住んだという。

305年頃、傭兵稼業を行っていた石勒に合流し、共に群盗となり各地を荒らして絹や宝玉を略奪して回った。

以後も石勒に仕え、309年には爪牙に任じられた。その後、中堅将軍に昇進した。

312年2月、石勒は葛陂に駐屯していたが、江南に割拠する琅邪王司馬睿(後の元帝)はこれを討伐する為、兵を寿春に集結させた。当時3ヶ月に渡って長雨が降り続き、石勒軍は飢餓と疫病により兵の大半を失い、戦どころではなかった。その為、夔安は石勒へ、高所に移動して雨水を避けるよう進言したが、石勒は「将軍は何を怯えているのか!」と叱責を受けた。結局、石勒は葛陂から撤退して活動拠点を北へ移した。

12月、幽州刺史王浚は石勒へ備える為、数万の兵を擁して苑郷に拠点を構えていた游綸・張豺を仲間に引き入れた。石勒の命により、夔安は支雄を始めとした6将と苑郷攻撃へ向かい、城の外壁を撃ち破った。この隙をついて王浚は督護王昌や段部段疾陸眷段末波段匹磾段文鴦らに5万余りの兵を与え、石勒の本拠地襄国を強襲した。だが、段疾陸眷らは張賓孔萇らの計略に嵌って大敗を喫し、軍を撤退させた。張豺らは段疾陸眷の敗北を知ると、夔安らに投降した。

後に左司馬に任じられた。

330年2月、石勒が趙天王に即位すると、夔安は尚書に任じられた。その後、鎮軍将軍を加えられた。

333年7月、石勒が崩御して石弘が即位すると、政治の実権は石虎が握るようになった。8月、夔安は石虎により領左僕射に任じられた。

334年11月、石虎が石弘を殺害して居摂趙天王を称すと、夔安は侍中太尉尚書令に任じられた。その後、さらに太保に移った。

337年1月、夔安は文武の群臣500人を伴って入宮し、皇帝へ即位するよう石虎へ上奏した。これを受け、石虎はの制度を根拠に大趙天王を称した。夔安らが宮殿に入ろうとした時、庭燎の油が下盤へ零れてしまい、これを浴びた事で7人が亡くなった。石虎はこれに激怒し、責任者の左校令成公段を閶闔門において腰斬に処した。

ある時、武郷県社城からの移民である韓彊は玄玉璽を発見した。その大きさは1方が4寸7分あり、亀紐には金文が施されていた。韓彊は鄴に詣でると、石虎にこれを献上した。これにより韓彊は騎都尉を拝命し、その一門は税を免じられた。これを聞いた夔安は再び群臣と共に「臣らは謹んで案じます。大趙は水徳であり、玄亀というのは水の精であります。また、玉というのは石の宝であります。7分というのは7政を象徴し、4寸というのは4極をなぞらえているのです。これは昊天が命を成したものであり、躊躇してその命に違ってはなりません。そこで、すぐさま史官に吉日を選ばせ、礼儀を備えるべきです。昧死して皇帝の尊号を称する事を申し上げます」と勧めた。石虎は下書して「過ぎたる褒美が繰り返され、猥りに推逼されているように見える。増えるを見るに恥じ入るばかりであり、我の望む所ではない。速やかにその議を止めるように。今、東から告始(始まりを告げる兆し)が作られたというのも、京城の内外の事ではない。慶を表する事はない」と述べた。

339年8月、西晋の荊州刺史庾亮武昌を鎮守するようになると、配下の毛宝・樊峻に邾城へ出鎮させて北伐の拠点としたので、石虎はこれを患った。その為、夔安は大都督に任じられると、石鑑石閔李農張賀度・李菟の5将軍を従え、5万の歩兵で荊州・揚州北辺に、2万の騎兵で邾城に侵攻させた。毛宝は庾亮に救援を要請したが、庾亮は城を固く守って動かなかった。

9月、石閔は沔陰において東晋軍を破り、将軍蔡懐の首級を挙げた。夔安は李農と共に沔南を攻め落とし、石宣配下の将軍朱保は白石において東晋軍を破り鄭豹・談玄・郝荘・随相・蔡熊の5将を討ち取った。張賀度は邾城を攻め落とし、6千人[1]を討ち取った。毛宝・樊峻は包囲を突破して逃走したが、長江において溺死しした。夔安は軍を進めて胡亭へ至ると、江夏へ侵攻し、将軍黄沖・義陽郡太守鄭進を尽く降した。夔安はさらに進んで石城を包囲すると、竟陵郡太守李陽に防衛を破りって城を攻め落とし、5千人余りの首級を挙げた。その後、夔安は軍を撤退させると、漢東で略奪して7千戸余りを手に入れ、幽州・冀州へ移住させた。

340年9月、この世を去った。

参考文献[編集]

  • 晋書』巻104、105、106「石勒載記上下、石季龍載記上」
  • 資治通鑑』「晋紀」巻87 - 巻96
  • 十六国春秋』巻11 - 巻16
  • 『古今姓氏書弁証』

脚注[編集]

  1. ^ 『晋書』には1万人余りとも