キ101 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

キ101は、大日本帝国陸軍が計画した夜間戦闘機。開発は中島飛行機が行った。実機は製作されていない。

概要[編集]

1943年昭和18年)夏、高度10,000 mで700 km/hを発揮できる双発夜間戦闘機という陸軍からの要求を受け、中島にて研究が開始された。仕様は海軍が開発していた夜間戦闘機「電光」に近いが、搭載するエンジンは中島製の「ハ219」となっている。試作初号機の完成は1945年(昭和20年)3月を予定していたが、終戦の日に至るまで未着手のままで終わった[1]

諸元(計画値)[編集]

出典:『日本航空学術史(1910-1945)』 417頁。

  • エンジン :中島 ハ219 空冷星型18気筒(離昇2,450 hp) × 2
  • 最大速度:700 km/h以上(目標値)
  • 常用高度:10,000 m(目標値)
  • 武装[1]
    30〜40mm機関砲 × 1〜2
    20mm機関砲 × 4(うち2門は連装式旋回砲)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本陸軍の試作・計画機 1943〜1945』 62頁。

参考文献[編集]

  • 佐原晃 『日本陸軍の試作・計画機 1943〜1945』 イカロス出版2006年、67頁。ISBN 978-4-87149-801-2。
  • 粟野誠一ほか編 『日本航空学術史(1910-1945)』日本航空学術史編集委員会、1990年、417頁。全国書誌番号:90036751