ギアスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 ギアスタジアム
アメリカ合衆国の旗 Batter Up
ジャンル スポーツゲーム(野球)
対応機種 ゲームギア
開発元 ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント
発売元 ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)
人数 1-2人(要対戦ケーブル)
メディア ロムカセット
発売日 日本の旗 1991年4月5日
アメリカ合衆国の旗 1991年
テンプレートを表示

ギアスタジアム』(Gear Stadium)は、1991年4月5日日本でナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が発売したゲームギア用ソフト。略称:ギアスタ北アメリカでは『Batter Up』のタイトルで発売された。

本項では、1995年10月20日に発売されたマイナーチェンジ版の『ギアスタジアム平成版』(ギアスタジアムへいせいばん)についても解説する。

概要[編集]

ファミスタシリーズの携帯ゲーム機用ソフトとしては前年の9月に発売されたゲームボーイ版『ファミスタ』に続く第2作となる。また、ナムコは同じセガハードのメガドライブドリームキャストセガサターンは参入のみでソフトは発売されなかった)にもソフトを供給しているが、双方ともファミスタシリーズを発売しなかったので、結果的にセガが発売したハードに対応した唯一のファミスタシリーズ作品となった[1]

ゲームシステムはシリーズ第3作『ファミスタ88』をほぼ踏襲したものとなっているが、携帯ゲーム機の手軽さと電池の消費が激しく長時間のプレイに不適であることを考慮して通常の9イニングと短縮版の5イニングを選択可能になっている。

1人プレイは14チームの中から1チームを選び、総当たり戦で勝ち抜いて行く。コンティニューは英数4文字のパスワード入力方式。

チーム[編集]

「ギアスタリーグ」14チーム。『ファミスタ'88』と同様、日本野球機構(NPB)加盟の12球団をモデルにしたチーム+その他の2球団となっている。カッコ内のモデルとなった球団名は1991年のシーズン終了時のもの。

隠しチーム[編集]

  • A:アクションヒーローズ
1人プレイの総当たり戦で13球団に勝利すると登場する隠しチーム。ごれん(秘密戦隊ゴレンジャー)、ふいぶ(地球戦隊ファイブマン)など特撮ヒーローの名前を冠した選手で構成される。なお、選手データは『ファミスタ'91』のアニメスターズと全く同じものを流用している。

球場[編集]

以下の2種類から選択可能。どちらも人工芝のフィールドで、かわさきの方がやや狭くホームランが出やすい。

ギアスタジアム平成版[編集]

ギアスタジアム平成版
ジャンル スポーツゲーム(野球)
対応機種 ゲームギア
開発元 ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント
発売元 ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)
人数 1-2人(要対戦ケーブル)
メディア ロムカセット
発売日 1995年10月20日
テンプレートを表示

ギアスタジアム平成版』は、1995年10月20日に発売された『ギアスタジアム』のマイナーチェンジ版。ゲームギアのハード末期にナムコが旧作を再発売したのに合わせ、データを更新して発売された。

1992年にNPBの実名使用許諾が受けられるようになったことから前作と異なり、球団名と選手名が実名化されている。また、メジャーリーガーズに代わって『ファミスタ'93』と『ファミスタ'94』に登場していた、NPB所属の外国人選手オールスターチーム・オールアメリカン(略称:A)が加入している。

隠しチームは前作のアクションヒーローズに代わって、NPBの12球団選抜チーム(略称・V)が最終戦で登場する。

ナムコの家庭用ゲームソフトは、1984年から1995年3月31日の『鉄拳』(プレイステーション版)まで「ナムコット」(namcot)というブランド名を原則として使用されているが、4月1日以降から会社名と同じく「ナムコ」(namco)への使用に切り替えられた。そのため、本作はゲーム内の「namcot」のデータだけは書き替えていないことからnamcoブランド移行後の時期でありながら例外的に使用しているが、ナムコ時代でnamcotブランドを使用した最後のゲーム[3]でもあった。

タイトルに「平成」と入っているが、前作及びハードであるゲームギアも平成に入ってから発売されたもの[4]であり、平成以前に発表された作品のリメイクというわけではない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ なお、一般にファミスタシリーズの1作としては扱われないアーケードの野球ゲーム『球界道中記』はメガドライブでも発売されている。
  2. ^ オリックス・ブルーウェーブの略号は一般に「BW」が使用されていたが、ファミスタでは旧ブラボーズ時代からブルーウィンドに球団名が変更されても「B」のまま変わっていない。なお、平成版は球団名が実名化されているが依然として「BW」でなく「B」と表示された。
  3. ^ なお、バンダイナムコエンターテインメント時代の2020年に『ナムコットコレクション』(Nintendo Switch用)が本作から25年ぶりにnamcotのブランドを使用したソフトが発売された。これは、ナムコのファミリーコンピュータ用タイトルを収録したタイトルであることによるものであり、サブレーベルの使用をバンダイナムコゲームス時代に廃止されたことがこのブランドを使用することが可能となったからである。
  4. ^
    • 『ギアスタジアム』…平成3年
    • ゲームギア…平成2年(1990年

関連項目[編集]