ギガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギガン (GIGAN) は、テレビアニメ機動戦士ガンダム』後半で展開される予定であったプランを納めた『トミノメモ』に名称のみ存在し、サンライズバンダイのタイアップによる、プラモデルを中心として展開する予定であった企画『MS-X』に登場する、架空の兵器ジオン公国軍が開発した防空用モビルスーツである。(型式番号: MS-12)

目次

ギガン

機体諸元
ギガン
型式番号 MS-12
所属 ジオン公国軍
建造 ペズン工廠
生産形態 試作型
頭頂高 13.9m
全高 16.2m
本体重量 71.1t
ジェネレーター出力 736kW
スラスター総推力 48,000kg
武装 180mm砲(180mm無反動砲)
4連装120mm砲

機体解説

ギガンは、要塞基地の防空用に開発された機体であり、モビルスーツの型式番号を与えられてはいるが、モビルスーツとは言いがたい特異な形状をしており、実質的には単なる移動砲座あるいは車両というべき存在である。このコンセプトは地球連邦軍のRX-75ガンタンクやRB-79ボールに似ている。歩行のための脚を有しておらず、移動は3つの車輪で行なう。この移動ユニットは全高16.2mと言われるギガンの25 - 30%程度を占め、また、宇宙空間では高機動バーニアに換装して使用する予定であったため、プロペラント・タンクと姿勢制御用スラスターも装備していた。

モビルスーツが戦闘に大きな影響を与えると考えられ、高性能な機体開発が求められていた時期にこうした先祖帰り的なモビルスーツの開発がなされたのは、一年戦争末期に劣勢となったジオン公国軍が安価で生産性の高い機体を大量に調達し、数での優位を狙う目的があったとされる。しかし装備が大型の実体弾式の180mm砲1門とマニピュレーターに直接マウントされた120mm砲1門であったためか、制式採用は見送られ、少数がズム・シティに配備されただけにとどまった。高価なモビルスーツであるMS-14ゲルググが量産された結果、地球連邦軍で同様の思想でつくられた廉価版モビルスーツ(モビルポッド)RB-79ボールを大量投入した作戦によりソロモンが陥落したのは皮肉である。

備考

ギガンのデザインは、大河原邦男によるものである。

『トミノメモ』によれば、当機はア・バオア・クーの最終防衛機たる存在で、各々にパイロットが搭乗するのではなく、末梢神経とされる「系」なるものによって操作されており、これによりガンダムは撃墜される予定であった。

OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するYMS-16M ザメルは、ギガンを意識してデザインされたという説がある。しかし、砲撃戦用モビルスーツであるという以外に共通点はほとんど見受けられない。

バリエーション

リックギガン

リックギガン (RICK-GIGAN) は、サンライズとバンダイのタイアップによるによる、プラモデルを中心として展開する予定であった企画『MS-X』に設定上存在し、長谷川裕一漫画機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場する架空の兵器。ネオ・ジオンの試作モビルスーツと考えられる。(型式番号: MS-R12)

機体解説

リックギガンは、ペズン計画と言われたジオン公国軍の新モビルスーツ生産計画によって生み出された試作モビルスーツの一つであるギガンの宇宙用改修型と考えられる。

もともとギガンには、宇宙空間での活動用に高機動バーニアが用意されており、3輪の走行ユニットをそちらに換装することができた。リックギガンは、その高機動バーニアに換装された姿だと思われる。但し、一年戦争から10年経過しているため、細部にわたって改良が施されており、右腕部もガトリング砲状の装備に変更されている。頭部に有している一門の砲がギガンと同一の実体弾式180mm砲かは不明である。

『トミノメモ』によれば、ギガンはア・バオア・クー防空の為に配備された最後の敵であったという、イメージから行けば、通常のギガンよりもこちらのリックギガンの方が近いと思われる(砲台とMSの合いの子というギガンのイメージはジオングに継承された感も有る)。

多関節を有する脚部が無い分、生産性に優れていたと思われるが、劇中では目立った活躍はしていない。もともと長距離戦闘を想定された巨神の後方支援というよりは、護衛であるドガッシャペズン・ドワッジへの援護役ではなかったかと推測される。

劇中の活躍

リックギガンは巨神発動後、随伴機として巨神の援護、後方支援を行なっている。地球連邦から派遣されたアムロ・レイの駆るメガゼータや、シャア・アズナブルが率いるネオ・ジオンの戦力から巨神を守ろうとした。しかし、巨神の一斉攻撃により敵味方の区別無く撃破された。しかし、巨神の一斉射撃後、浮遊している残骸にリックギガンのものと思われるものは見当たらない。

備考

当機は『MS-X』にて設定上存在する、車輪部を高機動バーニアに換装したギガンのことであると思われる。

リックギガンのデザインは、長谷川裕一によるものであると考えられる。但し、ギガンと外見上はほとんど変わらないため、ほぼ高機動バーニアのみのデザインであるといえよう。

アーケードゲーム「機動戦士ガンダム 戦場の絆」REV2.xに当機が登場し、プラモデルにさえなっていないギガンの知名度は大幅にアップした。

関連項目

話題の記事8時更新

今日は何の日(11月20日

もっと見る

「ギガン」のQ&A