ギジェルモ・アモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアモール第二姓(母方の)はマルティネスです。
ギジェルモ・アモール Football pictogram.svg
名前
本名 ギジェルモ・アモール・マルティネス
Guillermo Amor Martínez
ラテン文字 Guillermo AMOR
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1967-12-04) 1967年12月4日(50歳)
出身地 ベニドルム
身長 174cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1988 スペインの旗 FCバルセロナB 49 (10)
1988-1998 スペインの旗 FCバルセロナ 311 (47)
1998-2000 イタリアの旗 フィオレンティーナ 24 (0)
2000-2002 スペインの旗 ビジャレアルCF 64 (1)
2003 スコットランドの旗 リヴィングストンFC 3 (0)
代表歴2
1986 スペインの旗 スペイン U-18 1 (0)
1989-1990 スペインの旗 スペイン U-21 6 (0)
1990-1998 スペインの旗 スペイン 37 (4)
監督歴
2015- オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月2日現在。
2. 2016年5月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ギジェルモ・アモール・マルティネス(Guillermo Amor Martínez, 1967年12月4日 - )は、スペインベニドルム出身の元サッカー選手。元スペイン代表である。ポジションはミッドフィールダー。ボランチやインサイドハーフなど、中盤の様々なポジションをこなした。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ベニドルムに生まれ、FCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)で育った。ヨハン・クライフが率いていた1988-89シーズンにトップチームデビューすると、すぐに重要な役割を果たす選手になり、1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは自身は決勝に出場しなかったが、チームは大会初優勝を果たした。リーガ・エスパニョーラでは1990-91シーズンから4連覇を果たし、FCバルセロナでの最終シーズンとなった1997-98シーズンにもリーグ優勝を果たした。FCバルセロナでは公式戦421試合に出場し、出場試合数は長らくミゲリカルロス・レシャックに次ぐ歴代3位につけていた。2008年8月、シャビがアモールの出場記録を抜いたため、アモールは歴代4位になった。

1998年夏、ルイス・ファン・ハール監督によってアルベルト・フェレールとともに余剰戦力とみなされ、イタリア・セリエAフィオレンティーナに移籍した。フィオレンティーナでは出場機会が乏しく、2000年にはプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのビジャレアルCFに移籍した。2003年1月にスコティッシュ・プレミアリーグリヴィングストンFCと契約し[1]、1月28日のパーティック・シッスルFC戦(3-1)でデビューした[2]スコティッシュ・フットボールリーグ(2部)降格を危うく免れ、2003年夏に現役引退した。

現役引退後はFCバルセロナに戻り、2003年に就任したジョアン・ラポルタ会長の下で4年間の間ユースカテゴリーのコーチを務めた。2007年12月16日の深夜2時20分頃、バレンシア市内を走行中に自動車事故を起こし、集中治療室に入るほどの重傷を負った[3]。1週間後に退院し、後に完全に回復している[4]。契約満了とともにクラブを離れたが[5]、2010年7月、テクニカル・ディレクターとしてFCバルセロナの首脳陣に加わった。

代表[編集]

1990年11月14日、UEFA欧州選手権1992予選チェコスロバキア戦(2-3)でスペイン代表デビューした。12月19日にセビージャで行われた同予選アルバニア戦で代表初得点となる先制点を決め、9-0の大勝の先鞭を着けた。UEFA欧州選手権1996本大会グループリーグではルーマニア戦で84分にネットを揺らし、2-1での勝利と準々決勝進出に貢献した。1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではホームとアウェーのスロバキア戦で1得点ずつを挙げ、本大会にも出場した。1998年9月5日に行われたUEFA欧州選手権2000予選キプロス戦がスペイン代表での最後の試合となった。この試合はスペインが2-3で敗れ、キプロスに金星を許す苦い試合だった。1990年から1998年までに37試合に出場して4得点を挙げた。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スペイン リーグ 国王杯 ヨーロッパ 通算
1988–89 FCバルセロナ ラ・リーガ 27 8 6 3 5 2 38 13
1989–90 33 6 6 1 3 1 42 8
1990–91 34 4 3 1 8 2 45 7
1991–92 36 6 4 1 3 1 43 8
1992–93 33 5 7 0 7 1 47 6
1993–94 37 8 4 1 12 2 53 11
1994–95 34 4 3 1 6 1 43 6
1995–96 28 6 6 2 6 1 40 9
1996–97 26 0 5 0 5 0 36 0
1997–98 23 0 6 0 5 0 34 0
イタリア リーグ イタリア杯 ヨーロッパ 通算
1998–99 フィオレンティーナ セリエA 16 0 ? ? 3 0 ? ?
1999–00 8 0 ? ? 2 0 ? ?
スペイン リーグ 国王杯 ヨーロッパ 通算
2000–01 ビジャレアルCF ラ・リーガ 35 0 0 0 - - 35 0
2001–02 29 1 5 0 - - 34 1
スコットランド リーグ スコットランド杯 ヨーロッパ 通算
2002–03 リヴィングストンFC スコティッシュ・プレミアリーグ 3 0 0 0 0 0 3 0
通算 スペイン 375 48 55 10 60 11 490 69
通算 イタリア 24 0 ? ? 5 0 ? ?
通算 スコットランド 3 0 0 0 0 0 3 0
総通算 402 48

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

FCバルセロナ

脚注[編集]

  1. ^ Livingston complete Amor coupUEFA.com、2003年1月27日
  2. ^ Scotland round-up: Glasgow rivals secure winsUEFA.com、2003年1月29日
  3. ^ L'exfutbolista Amor evoluciona satisfactòriament, tot i que continua a cures intensivesEl Periódico de Catalunya、2007年12月16日(カタルーニャ語)
  4. ^ Amor: "Jamás pensé que pudiera llegar a pasarme esto a mí"Marca、2008年1月10日(スペイン語)
  5. ^ El Barça paga el fracaso de la cantera con AmorLa Vanguardia、2007年6月29日(スペイン語)

関連項目[編集]